不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

おっと😆久しぶりの、ランキング1桁✨

ウチの主人が、私のブログのランキングを気にしています。

「10位以内の方が、検索しやすいから、頑張れ👍」だそうです。


パパ!久しぶりに、1桁ですよ😆

皆さま、応援ありがとうございます😌


さて。昨日の続きです。

そんな風に、めちゃくちゃ「綱渡り」で、高校時代を送った息子です。


でも、初めの大崩れの時に、F先生、U先生、S先生、A先生に、息子に対応して頂きまして、


その時のダイレクトで、息子は

「高校は卒業したい。でも、必要最低限の出席で卒業する。」と言ったらしいのです💧


その「意思?価値観?」を尊重?したから、

卒業まで辿り着く事ができた、訳ですね。


(ぜーんぜん関係ない、内輪話ですみません💦いつか書きたいと思っていたのですが、


U先生って、ペコパのシュウペイちゃんに似てると思いませんかー🤣

私、ペコパが大好きで、シュウペイちゃんを見るたびに、主人と

「U先生だー😆」と、話しています。

うっ💦また、怒られて削除かなー??)


さて。息子はそのような、「綱渡りの高校時代」でしたので、本来、高校で受けなければいけない


「キャリア教育」などの、進路を決めるご指導などを、受け取る余裕はありませんでした。


普通の「高校生」の年頃なら、そろそろ自分の特性や能力と、将来のビジョンと兼ね合わせて、進路を決める能力がついているのだと思いますが、

ウチの息子は、そこまでの社会性など、まったく育っていなかった訳ですよ💦


息子の高校時代の目標は、とにもかくにも

「高校卒業✊️」でした。


なので、「高校卒業」が確定できた、高校3年の2学期末に、初めて


「あなたは、高校を卒業したら働くのですよね?」と持って行けて、


それに対して、

「どうか大学に行かせてください😌」が取れた訳です。


それまで親が求めて来たのは、

「あなたは、自分で高校を卒業したいと言ったのだから、休まずに行きなさい。」と言う事だけでした。


なので、高校3年間。親から「勉強しなさい!」は、1度も言った事がありません。

「勉強する、しない」は本人の価値観です。


この感覚?いや、キチンと理論だったメソッドがあると思うのですが、私は実践しか理解できていませんが、


F先生のご指導は、そう言うモノなんですよ。


そうして、F先生のご指導で、息子は本当に本当に価値のある

「全日制高校の卒業」を取れた上に、


「大学進学の意思」と、「大学受験の経験」を、現役でさせて頂く事ができました😌


ホント。現役の大学受験なんて、あなた。

以前にも書きましたが、「綱渡りの高校生活」と、並行でしたので、受験勉強なんて程遠いモノでした。


相変わらず、校則検査に引っかかり、卒業資格となる作文に引っかかり💧なんとか進んでいましたので、


「センター試験が、マークシートの書き方の練習。受験本番が学校訪問。」状態でしたよー😭それも、出願した受験の、半分しか行けませんでした。


でも、、、。現役の時、そこまで練習させて頂いたから、


今年の受験は、

「自分で受験校を決めて、ネット出願して、

調査書を高校に取りに行って、

出願した受験に行って、結果を自分で確認して」と。進める事ができたのだと思います😌


だいたい、ウチの息子が、

「学校訪問」なんて、気の利いた事、やーる訳ないのです。

でも、進学する大学には、去年と今年で、何度も通いましたからね🤣


大学受験だけではないのです。

これまでも。これからも。

ウチの👽息子には、周りの同級生の方々より、


「1年〜2年くらい時間がかかる💦」と、覚悟して見守るくらいでちょうどかな?と。

それで済んだら良いですけどね!!と、思っておりますよ。


いや。息子には言いませんよ!!

でも、ここまでF先生に進ませて頂きましたおかげ様で、そんな気持ちも、持てる様になりました😌との記事でした。

非ログインユーザーとして返信する