不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「高校生の不登校のNG対応6つ!大事なのは親の覚悟と待ち続けないこと」まとめ




疲れた〜😮‍💨

この三連休、フルタイム勤務💦ってか、パートなのに、残業💦今、6連勤中💦


いや、有難いですよ。ここまでやらせて頂いて😅

「やりがい」は、バリバリですが、さすがに疲れた〜😮‍💨と。


ちょっとお昼寝してからお仕事に行こ〜と思ったら、「家庭教育推進協会」から、お題のLINEが来ました!!

スクショを添付しますので、「高校生の不登校」でお悩みの方は、調べて頂いて、

協会のブログを、ぜひ読んで頂きたいです!


我が家も実際にお世話になったS先生の記事でございます😊


S先生〜!(お忙し過ぎて、私のブログなんて読むお暇ないと思いますが🤣)

〇〇(ウチの息子)、なんとか、大学卒業まで、

辿り着いたみたいです〜😭

次にお会いする時に、ご報告したいです〜😭





とか言って。明日は趣味のスポーツの大会なんです😆


そっちの準備もせねば💦それでは、今日も1日、頑張りましょう〜😅

「学校に戻したい」と、思って良いのです😌




本日金曜日は、いつもは午前中の3時間、趣味のスポーツの練習なんです。

が、今週は、月曜火曜と2回趣味のスポーツに勤しみましたので、、、。


今日の練習はお休みしました😆

行こうと思ったら、行けたんです!少し前までの私は、参加してました。

が、この前の「厄落としの指輪」の占いの方に

言われた通り、


「やり過ぎたら、怪我をする」のアドバイスを守ってお休みしました!

6連勤の真っ最中ですしね。無理しない、無理しない。

記事を書いたら、しっかりストレッチして、カラートリートメントして、お仕事に行きまーす!(ちょっと大人になった?いや、年寄りになったんですな〜🤣当たり前じゃ〜🤣)


さて。お題の

「学校に戻したい」と、思って良いのです😌で、ございます。


行政の不登校支援を見ても、不登校に関する

ブログの発信を見ても、思うのは

「不登校への対応は〇〇」と。

一方向を示すのみ、が多いと言う事です💦


前から書いてますが、私の学びから言えば、

「小学1年生、不登校が始まって1週間」のお子さんと、

「中学2年生、不登校が始まって、引きこもってしまって半年経った」お子さんへの対応は、


同じ訳がないのです。いや、同じ「部分」はありますよ💦

でも、具体的な日々の親の対応(声かけ)の内容は、変わって来ると思うのです。


「不登校の対応は〇〇」

〇〇には、「見守りましょう」や、「学校へ行く必要はない」や、「好きな事を応援しましょう」や、たくさんあると思いますが、


その一方向のみが、全ての「不登校児童、生徒」に当てはまるとは思えません💦


なので、

「学校から離れたり、学校に拘らない方が良い不登校」もあると思いますが、


「元の学校に戻った方が良い不登校」も、あると。私は確信しております😌


「学校に戻したい」と思っている親御さん!

私もそう思いました。


もし、息子が、

「この学校は嫌だから、他に行きたい!」と、

言ってくれたら、いくらでも応援しました。


不登校真っ最中の息子が

「寮のある学校に行きたい」と言ったので、たくさんパンフレットを取り寄せましたが、

息子が具体的に動く事はありませんでした💦


ウチの息子は、元の中学に復学させて頂けたから、

「この地域をクリアできた」と思っています。


もし、復学できなかったら、

「家から出る」事も、難しかったと。ウチの息子の場合は思うのです。


「元の学校に戻る」のは、そんな意味もあるのです。


そーゆー感性のお子さんばかりでは無いと思います。

合わない日本の公立学校教育から、解き放たれて、イキイキできるお子さんは、元の学校に拘る必要はありません😌


親が見極めてやるしかない、と思います。

だからこそ、

「ウチの子は、復学支援が合っている」と言う親御さんがいらしても、良いと思います😌


こちら関東。大雨でございます〜💦

それでは、本日も頑張って参りましょ〜!!


って。息子は、卒論提出の後、直しをまた提出して、その後動かず😑

結果を待ってるのか?待つ必要、無いんじゃない?と思いますが、


なんかしら、理屈があるのでしょう😑

ちょっと様子見です😑知らんがね😑

愛の「家族会議」💞




今日のNHKの朝ドラ!観ましたか??


主人公(女性)が、仕事に夢中になって、家庭を顧みず、


その家庭は、主人公が思っていた「問題のない状態」では無くなっていた、、。


そこに気がついた主人公が、

「家族会議」の開催を宣言しました。

主人公は、後に女性初の裁判官になる人で(ん🙄合ってる??)


家庭裁判所の設立の為に、アメリカの進んだ

家庭裁判所を視察に行ったりして、日本の

「子供と家庭」を、民主的な方向に導く学びを

して来ています。


ドラマを観ていて、「家族会議」と言う単語が出て来て、ビビッと来てしまいました〜😆


私の師事する先生方がお使いになる、私の学ぶ

「家庭教育」で使うところの「家族会議」は、

きっと、この辺りがルーツなんだろう、と、

感無量でございました。


話は戻って、朝ドラの家庭の状態、、、。

息子が不登校になった頃の我が家も、似た様な状態だったと思います。


親は、仕事に、ボランティアに、周りとのお付き合いに、精一杯で働いておりました。

だからこそ、子供には、「良い子でいて!」との

暗示をかけていてのだと思います。


子供の本音を聞く事もありませんでした😭

「親は「この生活に、文句ないでしょう?」と、

あぐらをかいていたのだと思います。。。


この後、主人公が反省をして、自分の子供との関係をどの様に築いて行くか?楽しみです。


我が家は、不登校になった息子が身体を張って、我が家の問題点を提起してくれたと思っています。


それから主人と私は、仕事より付き合いより、

「家庭第一」に、意識が変わりましたし、


何より「夫婦連合✊」です。仲良しさん😅って程ではありませんが、

兎にも角にも、何よりも!!


親子でいる限りは、親はしっかりと意見を合わせて子供にあたる、と。

主人とのコミュニケーションを取る関係になりました!!

我が家の場合は、「家族会議」はその上で、です。


もちろん、意見が合わない事もありますけどね😅

でも、「家族会議」に乗せる程の内容の場合は、必ず「我が家の方向性」は、合わせます!!


じゃないと、(難しい😑)子供には、伝わりませんよ😑気合いですな😤


いや、「愛💞」でしょう😆