不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

必要なのは「SOSを出す能力」🤔

昨日は午前中、わが町の「なんでも相談室」の

会議がありました。

(ので、趣味のスポーツはお休みしたんです😅

残念💦💦)


事例検討、、。濃い内容でした。

「25年間、引きこもっていた方の親御さんと兄弟が相次いで亡くなり、その方は、どうして良いのか?わからず、ご遺体と数ヶ月一緒に過ごし、ご自分もそのまま餓死してしまおうと思ったが、親族に救出されて、、。」の、その後なんですが、、、。


本日私は、午前、午後とダブルヘッダーでお仕事なので、時間がない💦

こちらのお話は、また後日にして。


昨日は、午後のお仕事の関係で、

「わが町の市議会議員」のお友達とおしゃべりした内容を書きます。


「わが町の、公立小中学校の不登校」は、現在

400名(めっちゃおおよそ、と思われます。実際はもっと多いはず💦)の内、

何かしらの、「セカンドスクール的」な居場所に繋がっているのは、30名程なのだそうです💦


それで、行政の方向としては、

「セカンドスクール的」な居場所を増やす、方向でしか動いていないそうなのです😑


そちらも必要、と思いますが、

「セカンドスクール的」なモノを作っても、「行けない不登校」がたくさんいるよね、と。


大切なのは、「不登校の内容の分析」じゃないか?

まずは「小中学校、一校ずつ」でも良いから、

親御さんから、不登校の内容の、「聞き取り調査」をすべきなのではないか?と話しました。


私達の、「ボランティア仲間」にも、私を含めてたくさん「不登校経験者」がいて、

(自分が苦労したから、他の人の役に立とうと、ボランティアに参加してる人が多い😅)


行政の、

「子供は、学校に行きたくないから、不登校になっているのだから、無理して嫌な学校に来なくて良い。

そのかわりの場所を作れば、そこに来るでしょう?」だけでは、解決できない不登校も多い、とわかっています。


要は、

「不登校」と、全ての子供を一括りにした対応ではダメだと言う事です。


と、言う事で、お互い仕事中にバタバタと情報交換したモノですから、時間がなく〜。


来月、「主要メンバー🤣」で集まって、

「わが町の不登校対策の、意見交換会」という名の、飲み会をする事になりました😆

久しぶりに、目一杯おしゃべりできますよ!

楽しみ〜!!


で、お題の「SOSを出す能力」なんですが、

今日はマジで時間がない💦

この続きは、また明日書きたい!と思います!


それでは、お仕事に行って来まーす!

今日も一日、頑張りましょう♪


皆さまはお休みかな??素敵な休日を❤️

ビビっと来る不登校情報🤔

おはようございます!今日は、10時から、わが町の相談士の会議があるので早起きです😑

1時間程ですので、帰ってから家の事をやって、14時から20時までお仕事。


これ、「わが町」がちっちゃいから、できてるんですよね〜。

仕事も、ボランティアも、趣味のスポーツも、

だいたい車で10分圏内😅

移動に時間と体力を使ったら、予定をこなすのは無理だと思います。

ちっちゃい「わが町」住みやすくて、私は好きです😊


さて。お題の「ビビット来る不登校情報」です。

子供が突然の完全不登校になった時、私は、狂った様に、様々な情報を探しまくりました。

本もたくさん買いました。

「カウンセラー」と呼ばれる方にも、たくさんアクセスしましたし、主人と講演会に行ったり、

勉強会に行ったり、

とにかく、たくさんの情報と向き合いました。


そうして動きながら、だんだん、

「自分にしっくり来る情報」と、「これは、我が家とは合わないな」と思われる情報が、わかる様になったと思います。


例えば、「不登校の第一人者」と言われる、お医者さんの勉強会に参加した時の事。

その場では、「学校に行かず、元気いっぱい遊んでいて、好きな料理や魚釣りに没頭している小学生高学年」のお子さんの親御さんの子育ては、とても褒められて、


「突然不登校になって、引きこもっている中学生」の親であるウチの夫婦はの子育ては、

「叱られ」ました💦


そのお医者さんは、「日本の学校なんか、行く必要なし!」とのお考えでしたので、

勉強会に参加していた、大学生の不登校の親御さんには、「行きたくない大学なんか、辞めさせなさい」でしたし、

高校入学を前に、行きたくないと言っている

お子さんの親御さんにも

「高校なんて、行かなくて良い」で、入学を辞める様に、との事でした。


今なら、そのお医者さんの指導が合っている

「不登校の型」も多いとわかりますが、

その時は、ただ、「我が家は違う(ちょっと、

頭に来た😑)」と思って、離れただけでした。


「発達障害」が、要因の不登校に関しては、

私は勉強不足なので、ぜひ、「発達障害が主な要因の不登校」の情報にアクセスして頂きたいと思います。


なので、ご自分のお子さんの「不登校」を、分析して、

「ビビっと来る、不登校情報」に出会って欲しいと思うのです。


「情報が多すぎて、どうして良いのかわからない」方は、

試した情報によって、ご家族全員が、

「明るい方向」に向かえているか?が、判断基準ではないでしょうか?


僭越ながら😅私も含めて、「情報発信者」は、

その方法が良いと思って(その方法の結果、自分の子供が良い結果になった)

情報を発信している訳ですから、その人にとっては、良い方法なんです。


その方法が、「自分の家庭」に合っているのか?

ですよね🤔


「ビビット来る」のは、大切だと思います。自分の「感性」を信じるしかないですモノね😊


なんと言われても、私は

「息子は、学校に戻る」のが、息子の幸せだと思いましたし、その道を付けてくださる指導者を

探して、探して、巡り合う事ができて、


今は、家族関係が改善されて、みんな仲良く暮らしています😌

息子は学校に行って、も😅優等生君になった訳ではありませんが、

「自分なりに動いています!!」

私は、それで充分と思える自分にして頂いた、

F先生を信じて良かった、と思って😌


今日も記事を1本書きました〜!それでは

今日も頑張って参りましょ〜!!

8050問題にも有効だった「家庭教育」

昨日の、わが町の「なんでも相談室」のボランティア。

毎回違う相談士さんとコンビを組むので、おしゃべりがとても楽しいです😊

あれこれおしゃべりしていましたら、昨日は

「来所」の相談がありました。


お年は、80代前半の旦那様と70代後半の奥様。

相談内容は50代前半の息子さんの、「自立」について、でした。


まさに、「8050問題」


来所なさった時は、ご夫婦でとても「難しいお顔」をなさってました💦

まずは、相談内容をよーく伺います。


「50代前半の息子は、働いているが、非正規雇用なので、給料が安い。

が、家で3人で暮らしていると、甘い考えで、

実際に生活費がいくらかかるのか?もわかっていないし、ご飯や洗濯も親にしてもらっている。

これでは、将来が心配なので、アパートを借りて独立させたいが、なかなか言う事を聞かない。

どうしたら、家を出て独立するか?また、相当なアパートなどを教えて欲しい。」との内容でした。


わかります。現在、80代の親御さんの年代の方なら、その様な価値観をお持ちだと思います。

そこで私は、子供の不登校の相談と同じで、

もっと踏み込んでお話を伺いました。


「まず、息子さんの事を伺いますね。息子さん、どんな性格の方ですか?」に、ご両親は、

え?と言うお顔をなさってから、お父様が、


「ダメなヤツなんですよ。性格が弱くて。前の仕事も、神経を病んで辞めてしまった。

今の仕事は、4年ほどだけど、中学の時から、

友達もいないし、今も友達もいなくて、イジメられてると思う」との事でした。


ふむふむ🤔そこで私が、


「ご家族構成は?息子さんにはご兄弟はいらっしゃいますか?」に、やはりお父様が、


「下に妹がいて、こちらは嫁いでます。孫もいるし。妹は普通に独立できたのに、息子が情け無くて、周りの親戚からも、早く独立させろ、結婚させろと言われるんですわ」との事でした。


なんとなく、見えて来たぞ🤔そこで私が、


「お母様から見て、息子さんは、どんな方ですか?女親から見たら、息子って優しいですよね?」に、お母様は、お父様の顔色を伺いながら、


「この人(お父様)の身体がきかないから、重いモノを持ってくれたり、料理を手伝ってくれたり、助かってます」に、横からお父様が

「男が料理なんか、手伝うもんじゃない💢」でした😅


結構聞き取ったし、わかったぞ、と。私は、

「傾聴」だけができない人間なので🤣ここからは、喋らせて頂きますよ、と。


「お父様。「8050問題」ってご存知ですか?

そーゆーお宅では50代のお子さんが、仕事ができずに家に引きこもっていて、本当〜にご苦労なさっているんですよ。

とても多くの相談を受けますが、50代でお仕事ができないお宅は、本当に大変です💦

まずは、お仕事なさって年金と税金を納めていらっしゃる息子さんを、褒めて欲しいです。

息子さん、立派ですよ!!」


「息子さん、年配のご両親が心配で同居してくれてるのではないですか?お優しいですよね?

同居して欲しくても、出て行ってしまって

寄りつかないって相談も、良く受けますよ!」


「妹さんだって、息子さんが両親と同居してくれてるから、安心して離れて暮らせていると思います。息子さんのおかげですね!」などと、お話しました。


途中から、ご両親のお顔がだんだん明るくなって来て、息子さんを褒めると喜んでくださって


「まーね。少ない給料から、たまに外食に連れてってくれるしね。」

「孫が来ると、一緒にバカやって、遊んでやってるよ」などと、お話くださいました。


そこで私は、

「一足飛びに、独立を目指すより、まずは同居の状態から、実際の生活費を教えて差し上げたりして、収入アップをアドバイスなさったらどうでしょう?」

「人間は、孤独が1番の毒だと言います。ひとり暮らしをさせて、せっかく継続できている息子さんのお仕事がダメになってしまったら、立て直しが大変だと思います。」とお伝えしました😌


息子さんが家にいくら入れてくれてるのか?聞きましたら、

「5万円」との事。立派じゃないですか😆


お父様が

「周りから色々言われて、早く家から出さなきゃ、と思ったけど、今はそんな時代じゃないね。

まぁ、息子と仲良くやりますよ。

でも家には、後2枚(2万円)入れてもらう!」とおっしゃいましたので、そこは、相談士2人とお母様と揃って、


「後、1万円アップでお願いします!!」で、全員で笑ってしまいました😊


最後に私から、

「お父様、このお話のキーマンはお父様です!

息子さんには、男親のお父様が、「お前を認めてるぞ!」と思って接して頂くのが、とても大切ですから、

息子さんの良いところを、たくさん認めて、

どうぞ、ご家族仲良くお過ごしください。」に、ご両親はご機嫌で帰って行かれました。


帰りぎわに、市役所の担当者さんに報告したところ、やっぱり

「息子さん、働いているんでよね?もー、それで100テン満点ですよねー!!」と。

私と、同じ回答でしたので、良かった〜😊と思った次第です。


個人情報の観点から、性別や年代はデフォルトしてますが、

そんな感じの相談でした〜。私の学ぶ「家庭教育」が生きました!!