不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「家族の問題」を解決するのが先だと、私は思いました😌



忙しいです😑

金曜日は、趣味のスポーツを3時間して、目一杯動いて、家の事して、夜はお仕事のお仲間と

飲み会でした!

15年も一緒に働いているメンバーなので、話は尽きず〜。飲み過ぎました😆


土曜日は二日酔いをおして、朝からお仕事に行って〜。

お昼に帰ってから、ボランティアで訪問の依頼があったので、年配の方のお宅に伺い、お話を聞いて差し上げて〜。

お昼寝してから、メインのお仕事に行きました。


それが、午前の同僚と入れ替わる時、

「午前中はヒマでヒマで、電話もならなかった」そうなのに、

午後の私の時間は、息つく暇もない忙しさ😑


なんか?私は呼び寄せるのか?と思いながら、

社員さんに、バシバシ指示を出して(私はパートなんですけどね😅事務所をひとりで任されてるので!)あっと言う間に、お仕事終わりました〜。

でも、忙しいの、楽しいですよね😅


そして帰って、主人が下準備してくれたハンバーグを焼いて、家族で食べて、


疲れちゃって、休んじゃおうかな?と思いましたが、

「動き出したら、できるハズ。全部じゃなくても、ちょっとだけ、手をつけよう!」と、

ここまで学んだ、「やる気スイッチ発動」を当てはめて、ストレッチをやって寝ました。


それもこれも、土日は主人が家事をやってくれるから、できているのです😊


さて。お題の、

「家族の問題」を解決するのが先だと、私は思いました😌です。


息子が突然の完全不登校になった時。私は、何より

「家族の関係を改善するのが先だ!!」と直感しました。

我が家の場合は、それ程酷い状況だったのです。


家を新築して、おばあちゃんとの同居が始まったばかりで、

外から見える「新築の綺麗なお家」とは裏腹に、家の中は、緊張感がある状態でした💦


夫婦2人でも大変なのに、義理のお母さんとの三つ巴の争い😑

「嫌な相手」が近くに居ると、とても気になりますよね💦

その状態が日々となっていて、私自身も相当なストレスでした。

が、それはおばあちゃんや主人も一緒で、全員がストレスフルな生活だったのです。


だから、息子が不登校になった時、、、、、。

とにかく、息子はそっとしておいて、


「大人3人」で、ずーーっと話し合いました。

おばあちゃんからも、自身が戦争によって、親がいない寂しさがある、と。

泣きながらの告白がありました。こんな年齢になっても、まだ、「母親」を求めるのか、と。

私は、とても驚きました。


そんな時間を、息子の不登校によって、初めて持ったのです。


と、書いていたら、こんな時間だ!!

今日はメインのお仕事がフルタイム勤務なんです〜😅

続きはまた、次に書くとして、とりあえず、お仕事に行って来まーす♪

今日こそ「不登校の子供を責めないけれど、甘やかさない🤔」です。

先程、お掃除してましたら、ウチのニャンコ😼の「ひげ」を見つけました!

猫のひげって、縁起が良いそうです😊

今日は良い事あるかしら?って、今日はやらなきゃいけない事が結構あるので

(あれやって、これやって、仕事の前に、明日の飲み会のお店に寄って、奥のお席を確保せねば😆ここに書いて、忘れない様にする)

頑張って動きます。


さて。昨日の記事を読み返したら、お題が間違ってました😑すんません😑


私は、記事を書くのは、だいたい15分?くらいかな?

どこかから降りて来る事を書いているので、

誤字脱字だらけで申し訳ないです💦が、これしか時間が無いのです。

昨日も書いているウチに、方向がちょっと変わって来たので途中でお題を変えました😅


昨日の続き?っぽく、今日のお題を書いてみたいと思います。


私もそうなのですが、「落ち込んでいる不登校の子供」を見ると、親は断腸の思いですね。

自分のこれまでの子育てを反省して、なんとか元気になってもらいたい、と。思います。

わかります。子供を愛するその思いは、大切です。


でも、その思いからの言葉がけや行動が、

「甘え」を引っ張り出してしまっている、もあるのではないかな?と思うのです。


子供の辛そうな状態を見て、叱って学校に促すのは、ほぼ違うと思いますが、反対に、


「学校に行かなくて良い」と、ジャッジしてしまう。

「〇〇を買ってあげるから、学校に行こう、または勉強しよう」など、交換条件を出す。

などなど。


子供を思っての言葉がけや行動によって、状況が良くない方向に進む場合も多いと思います。


これは、私がF先生から良くご指導頂く事ですが、

「何かの言葉がけや働きかけによって、事態が好転するほうが、まれ。難しい局面では、黙って離れて、マイナスを取らない。」です。


情報収集して、ご両親揃っていたら、お二人で向かう方向を揃えて、

それから行動にうつして頂いた方が良いと思います。


両親の片方が

「学校に行かなくて良い」と伝えて、片方は、

「学校くらい、行かなくてはダメだ!!」では、

子供は混乱して、なかなか稼働率を上げるのが難しいと思います。


どの様な方向に舵を切るにしても、ご両親の意見を揃えて頂きたいな、とお願いして、

本日の記事を締め括らせていただきますね😌


ホント。大変なのは、旦那とのコミュニケーションだったりしますよね😑

と、お母さんが読んでる前提で。お母さん、

大変ですよ。良く頑張ってますよ💦


でも、もういっちょ頑張って、旦那様を立てて、「家のリーダー」になってもらうと、

子供の不登校解決にも、有効ですからね😊

不登校には、父親と母親の役割分担が必要🤔

ただいま、白髪染めのカラートリートメントをしながら記事を書いております。

私は、髪の毛のカラーと相性がとても悪く、もう何年も「自然派カラートリートメント」のお世話になっております。


年に3回ほど縮毛矯正をかけて、あとはこまめにカットしてます😊


髪の毛のカットが、5900円。カラートリートメントが、ひと月3000円。シャンプーも、美容プロガーさんお勧めの自然派で、ひと月2000円くらい。縮毛矯正が、年間60000円なので、ひと月5000円として、

トータルおよそ、ひと月15900円😅

って、初めて計算してみた〜💦こんな、中学生みたいな髪型に結構かかってますな〜💦

安いのか?高いのか?わかりませんが、なんてったって

「髪は、お顔の額縁です」から😆気をつけてるおかげで、髪の毛は結構褒められたりしますので、こりゃ頑張って働くしかありませんな😑


さて。お題の

「不登校の子供を責めないけれど、甘やかさない🤔」です。


子供が不登校になって、ご苦労なさっている親御さん。

お母さんに多いかもしれませんが、自分ひとりが「悪者」みたいに言われて、

本来なら1番協力すべき伴侶から、責任を押し付けられたりしてませんか?


それは、間違っていますからね💦


「両親どちらか一方だけの責任」では無いと思います。よく聞く

「子育ては、母親の責任だ!」は、違いますよね😑


かと言って、昨今流行りの

「両親揃っての、母親化」も。問題が無いお宅なら良いと思いますが、

何か?子供に問題行動が起こった場合、父親の、諌める立場が弱くなるかな?と思うます。


つい先日。相談された、中学生の行き渋りのお宅がそうでした。

友達的な優しいお父さんと、優しいお母さん、との事でしたので、


M先生の「転ばぬ先の家庭教育〜」の本を読んでもらう様に促して、

「家族のあるべき構造」の説明をしました。


そのお宅は、早速アドバイスを実践してくださり、

「お父さんには、厳しい場面も必要」とご理解くださいました。


その上で

「家族会議法」を取り入れたところ、お子さんは、お父さんからのお話を聞き入れて、

行き渋りが解消されたそうなのです😊


休んでしまう時は、しっかり「パッシブ」

親は「自分で休むと決めたのね。でも、休んではいけないのに、休んだのだから、今日はゲームはできませんよ。」と。

家族会議で説明してあるから、子供は反省して、次の日は登校する、と。

ペースがついて来ている、との事でした😊


父親と母親の役割分担は、逆でも良いそうです。

社会的な事柄を教えて、厳しく導く父親役と、

寄り添い気味の母親役。


その上で、親と子供は境界線を作って、

「子供は子供の領域」で、過ごさせる様に、との事です。

親が、子供におもねる事が無い様に、気をつけたいですね!!


と、書いてたら、ちょうど時間となりました!

それでは、カラートリートメントを流して。

お化粧して、今日もお仕事に行って参ります😅


会社まで自転車で5分。こちら関東、今日は暑そうですよー!!