不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

大学受験の勉強を始める時期🧐

昨日は、上の子の同級生ママ3人で、ランチ✨に行きました。


年に2回か3回は、集まるメンバーです。


幼稚園からのお付き合いで、パパさん同士も仲良しさん。

ウチの息子の1つ下の(優秀な😆)弟がいたり、ご近所に息子と同級生のいとこがいたり、我が家の親戚が、そのお二方の大型マンションに住んで居たりと、


話題は尽きませんよー😅


いつも5時間くらいは喋りまくる💦ので、ドリンクバーがあって、時間制限がないレストランが必須、、、


いつもダイエットの話をしながら、何度もサラダバーを往復して、

「こんなで痩せる訳ないじゃんねーー😅」とか言いながら、


昨日は、焼きたてパンを持って来てくれるレストランでしたので、

もう、どんだけパンを食べるんだ🍞🥐🥖ってくらい、頂きました。


しばらくパンは、結構です😅


それでも昨日は、(さすがに)子供達の大学受験の話がメインでした。


それぞれの上の子は、推薦進学がお一人、後の2人は一般入試で苦しみました💧

特に、お一人は、後期の後期までもつれ込んだので、大学受験についての苦労を、色々教えてくれました😅


ついでにそのママ友は、某大学の職員さんと言う、、、。


入試はもちろんですが、大学生活についても

レクチャーしてくれましたよ。


お二方の息子君は、それぞれ地元の県立トップ校と、その3つ?くらい下の県立中堅校です。


話を聞いたら、そのお2人の違いは、

トップ校の弟くんは、高校1年の始めから、周りのお友達と一緒に、当たり前のようにその高校御用達の塾に通い、


中堅校の息子君は、2年生の後半まで、周りのお友達と遊びまくって、周りの誰も塾に行かなかったそうなんです。


それで、その弟君が、上の子の大学受験の苦労をハタ💦と思い出したらしく、ついこの前、ようやくヤバイと気がついて、予備校の単科に通い出したら、


周りのお友達も、その子が行くなら(マジヤバイとやっと気がついて💦)と、揃ってその予備校に通い出したそうなのです。


そのママ友の上のお子さんは、トップ校と、弟君の高校の間の、県立2番手高校でしたので、3人を比較して、


「いつから受験勉強を始めるか?が、違うのよー💦受験勉強を始める時期は、周りの友達と一緒なんだから。

上の子は2年の初めから、みんな一緒に塾に行き出したからね。

どうせ男子なんて、家に帰って来ちゃったら、何にもしないんだから、どこかでやって来てくれないとー💦」でした。


私は、

「そんな、高校在学中に勉強を始めるだけで立派だよ💦

〇〇(息子)なんて、在学中はそれどころじゃなくて、ほーらやっぱり、スタートは高校卒業してからじゃない💦」に、


まぁまぁまぁ😆とにかく、卒業できてよかった、よかった😅と、

色んな事情をわかっているので、とても喜んでくれました。


その大学職員のママ友が、

「あのね。特に理系は推薦で入っても、大学の勉強について行けなくて苦労する子が多いのよ。

だからかな?この頃、理系の指定校推薦が少ない気がするよ。」との事でした。


その弟君2人は、もちろんで、理系一般受験を頑張るそうです✊️


私は、感覚的に、息子は文系一般受験が精一杯だろうな?と思いました😌


息子が飛べる?いや、チャレンジする気持ちが継続できるハードルを、親が用意はできませんが、


息子が自分で設定したハードルを、親は全面的に認めて応援してやりたいと思います😌


そんなでね。

先週私は、宣言通り、4日間休肝日にできましたよー😅


息子も、5日間、予備校に行きました😊


さて。今週も始まりますね!

我が家のペースで、ぼちぼち頑張りたいと思います。