不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

じわじわと効く😆家庭教育✨

遠方に住む、お友達から嬉しいご報告のメールが来ました😊

そのお友達は、才能豊かで、色んな事を大切に生活する、とても素敵な女性です✨


彼女とは、2人とも子供ができる前に、同じ会社で働いていて、

たまたま、同じ学年の子供を産みました。


その会社の同僚が、同時期に子供を産むメンバーが多くて、

子供達の幼少期は、そのメンバーで集まって、楽しく子育てしたのです😊


その子供達も、成人式を迎える年となり、それぞれの進路で頑張っています。


遠方に住むお友達とは、年賀状だったり、メールだったり、こちらに来た時には、ランチをしたりしてご縁が繋がっています。


そんなやり取りの中で、彼女も年頃のお子さんの子育てに悩む事もあって、


私は、自分が勉強する家庭教育の考え方をお伝えして、主人と私がバイブルにしている

ペアレンツキャンプの、M先生の、

「ころばぬ先の家庭教育〜中学生編」を紹介しました。


彼女はすぐに購入してくれて、ご自分の子育てに取り入れてくれたそうなんです。


そちらのお子様方は、私からしたら、ホントに羨ましい、ちゃんと育ったお子様なのですが、


そこはほら。年頃なりの、あれこれがあったと思います。

私も、何度か😅お話を聞きました。


でも、そんな諸々の問題を、家庭教育の考えを取り入れて、

過保護過干渉を控えて、子供の失敗経験を見守って、、、


何より、親の価値観を押し付けない、、、

もう大きくなった子供達の、進路をご本人達にお任せする姿勢を、ご夫婦連合で過ごしていらっしゃいました。


前にも書いたと思いますが、家庭教育の導入は、


大きな問題のないご家庭が取り入れたら、もっと大きな成果✨が出ると思うのですよ。

まさに、その実践をしてくれたお友達なのです。


家庭教育の実践は、本を読んで、実践して、

すぐに成果が出るものではないと、実感しています。


ウチの息子は、中学2年の終わりに、大きな問題行動を起こして、

主人と私に、反省を促してくれました。


問題行動と言うのは、息子が問題だったのではなくて、親の問題ある子育てを、具現化してくれた?うまく言えませんが、そんな風に思います。


でも、そのおかげで、

「家庭教育」の、具体的なメソッドに出会う事ができました。


私だって、過保護過干渉が良くない事だと、

それくらいの知識はありましたよ。


でも、F先生のご指導を受けて、親が、普通ーに子供にして来た、いわゆる

「アドバイス」みたいなものも、過保護過干渉の範疇だったんだーと。


まだまだ、ですよ。私の物覚えが悪いのですが💦ホント、まだまだ。


つい先日の、息子の大学受験の前の日に、

「センター試験が時間的にも、内容的にも、1番大変だったからね。この後の各大学での直接受験は、もう少し楽だから」なんて言おうとして、


やっぱりご注意を受けました💦


これくらい、言って励まして?やりたいとか?思いませんか??


でも、そんな事の積み重ねが、大きな問題に

じわじわと繋がって行くと、、、

言う事なんですね。


家庭教育の実践は、時間がかかる💦と思います。

でも、何もやらなくても、時間はじわじわと過ぎて行くのも、知っています。


もし、お子さんが小さいうちに、問題と思われる行動が起きて、辛い思いをなさっている方がいらしたら、


「ピンチこそチャンス✊️」と思って欲しいなーと思います。


自分の子育てを見直すチャンス✨の上に、

じわじわと、良い方向に向かう時間がたくさんあるのです😊


と、思って、家庭教育の実践を頑張っているBBなのでした😌