不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

今、息子が学校で学んでいるのは、自分の実力を納得する、と言う事なのかな?と思います。

色んな原因があったのですが、


ウチの息子が不登校になったのは、小学校の時は優等生だった息子が、学年が上がって、その実力を保てなくなったのを、自分で認められなかったからだと思うのです。


本来は、家族が、どんな子供でも変わらず愛していると伝えて、自己肯定感?でいいかな?

を育てていれば、


あるがままの自分を受け入れる事が出来るのでしょうが、、、


きっとその頃の私が、優等生でなければ許さなかったのだと思います😓本当に反省しています😓


そうして、息子の、暗黒思春期が始まって、、


息子は、親と話さない、と言う反抗を始めました。

この行動が、1番自分の意思が通ると、学習してしまったのだと思います。


あ💧うるさい親の、子供の典型ですね。


でも、、、上の子はそんな事はないので、私も反省しますが、多分に本人の気質もあるとは思いますよ💦


主人と私は、息子の不登校に、復学支援機関への依頼を選択しました。


私が依頼したのは、FHE(不登校自立支援センター)です。


そうして、FHEのF先生はじめ、諸先生方のご尽力を頂いて、息子は元の公立中学に復学させて頂く事ができました😌


もし、あのまま家族だけでいたら、肩より伸びてしまった髪の毛の息子を、学校?いや、社会に戻す事は、ウチは無理であっただろうと思います。


だから、ウチの場合は、復学支援機関に依頼して、家族全員を助けて頂けたと、心から感謝しています😌


そうして、息子が学校に戻って、何を学んでいるのかな?と考えた時、


私は、息子が学校で学んでいるのは、自分の実力を納得する、と言う事なのかな?と思うのです。


自分の実力を客観的に感じる事は、社会にでなければ、人と比べなければできない事だと思います。


そうして、自分ってのは、だいたいこのくらいの実力で、まーこんなもんだな、と😅


その実力で、自分なりに生きて行くと、納得するために、学校に行くのかなーと、思いました。


息子、、、誰も自分の事を知らない高校へ行きましたので、


もう、今の実力のままで、クラスメイトの皆様とお付き合い頂いている訳です。

有難い事です😭


どんだけコケたか?わかりませんが、

だんだん、まー自分なんてこんなもんだと、わかってくれたら良いなーと思うのです。


それでも、いいの。

そんなもんでも、大丈夫😅生きていけるのよ。


だから、自分で考えて、自分の力で進みなさいよ、とのメッセージを伝えるには、親は黙ると。


思って、長い時間を、黙って見守って来たのかなー?


なんてさっき体操服を洗いながら思いました😌

体操服を、お洗濯するのもあと1回かな?


とか言って、上の子も高校ジャージをパジャマに使ってますからね。学校ジャージは高いから!まだまだ使って頂きますよー😆