不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「状況が悪くなる前」からの準備が大切✊️





思い返しますに、ウチの👽息子の、

中学2年、3学期の2日目からスタートした

「突然の完全不登校」は、半年近くの引きこもりを経て、


復学支援機関「FHE不登校自立支援センター」のF先生をはじめ、諸先生方のご尽力で、中学3年の2学期2日目から、復学させて頂きました。


その後、ですよ。復学させて頂いた息子は、

学校に戻る事で、だんだん元気を取り戻して行きました😊

「体調を悪くして、しばらく学校を休んでしまった」とのポーズは、崩す事はしませんでしたが、


中学に戻ったからこそ‼️の。

「高校受験の波」に、乗せてもらう事ができて、その後は、自分で決めた私立の全日制高校へと進学し、、。

高校1年の1学期終了までの1年間は、ほぼ皆勤で、問題なく、学校に通学する事ができました。


この時点なら、納得できる大学の、

「指定校推薦」も、充分取れる成績でした。


が😓主人と私は、予感がしていたのか?

F先生のご指導を「卒業」する気持ちにはならず、支援を継続して頂いてました。


果たして😑

息子は、高校1年の夏休みを、どこにも出かけずに、ずっと家にこもってゲームをして過ごしました💦


が、何かアドバイスをする訳にも行かず

(この時、スポーツやらバイトやらを提案しても、乗って来る事は無かったと思います💦)


夏休み明けの息子は、提出物やら何やらを

キチンとやっていなかった?上に、始業式で

校則違反を注意されたりして、


高校1年、2学期の2日目から、またまた

「大崩れの決壊」状態に突入してしまいました😓


そのまま、休みが、2日、3日と重なって行って、、、。

もう、後2日ほどの休みで、

「大学の指定校推薦の規定」から、外れてしまう😭と、泣きながらF先生に報告しましたら、


F先生からは、

「そんな悠長な事(指定校推薦の規定)を、

言ってる場合ではない」と😓

「こうなったら、高校卒業を迎える事も、難しい」との事でした😓


その緊急事態の対応に、諸先生方に、中学時代の楔を使って、息子に動きをつけて頂いてから、

主人と私の「七転八倒💦」の対応が始まったのでした。


毎学年、毎学年、留年直前まで休んでしまう息子に、本当に、何回

「F先生の遠隔操作の父性対応」を入れたか?わかりません😓


息子が学校を休んでしまった日は、主人の帰りを駅まで車で迎えに行って、

そこからF先生にお電話させて頂いて、息子への対応の主旨を伺い、


息子への対応の「シナリオ」を作って、家に帰って「家族会議」を繰り返しました。


時には優しく、時には強く。


「暗黒思春期反抗期👽」の生態を(日本トップレベルで🤣)理解なさっているF先生のご指導があったからこそ、


👽息子が、

毎回、主人からの言葉をゴクンと「飲み込んで」納得できたのです😌


F先生の、親への電話カウンセリングでは、今でもそうですが、

「大人なら、普通はこう思うだろう。」と言う希望的観測の部分の「間違い」=「こう考えて欲しい」や、「さすがにこう考えるだろう」の訂正から入る事が多いです💦


F先生は、その時の息子の状況、状態を客観的に判断してくださって、

👽息子が、主人からの言葉を受け入れる事ができる、

その時実際に取れる「小さな一歩」をご指導くださるのです。


これね。親としては、

「もう中学生なんだから。もう高校生なんだから。もう大学生なんだから。

当たり前で、これくらいの事、やるべきでしょう?」と。抽象的な事を言っても、👽には(そんな抽象的な日本語は🤣)通じないって事なんだと思います。


そんなF先生直伝の、「家族会議」を重ねる事で、「小さな一歩」の積み重ねが、我が家の「大きな道筋」となって、今があるのだと、私は心からF先生に感謝している次第です😌


と。話は逸れましたが、私の学ぶ「家庭教育」「家族療法」は、実を結ぶまでに、

『時間』がかかるモノだと思うのです。


だから少しでも早く、出会って欲しい!と思いますし、


お題に関わる事ですが、状況が怪しくなって来たら、にっちもさっきも行かなくなる前に、専門家の先生とのパイプを作っておく

(お宅の状況を把握してもらっておく)のは、有効に働くのではないかな?と思いました😌


昨日は、お仕事がお休みで、午前中はボランティアの会議に行って、

そのまま、息子の大学の学費の納入やら、何やらで、あっちこっち回って、

いつものお昼寝が出来ずに、夜寝落ちしてしまったので、

またまたこんな時間に起きてしまいました😅


またまた、と言えば、コロナの影響で、またまたしばらく体育館が借りられない💦と、キャプテンからメールが入ってました😑


おばあちゃんの所に、お役所から、

『ワクチン接種のクーポン』が届きましたが、電話で問い合わせたところ、5月の末に、また電話するように、指示されたようで😓

接種の目処なんて、立ってないようなんですよ。


諸々、お上に言いたい事は有りますが、しょうがないですね😑

ストレス溜めても、身体にも家族関係にも良くないですからね!


私は、仕事に行って、ジョギングして、筋トレして、猫とお花に癒されて、家族で晩酌して、過ごします♪


皆様✨こんな時期は、気分が良い事やって過ごしましょう!



いつからだって、やり直せるはず😌





こちら関東の昼間は暑くて💦夏のようです。

が、朝晩はそれなりに冷え込みます。

寒暖差が激しいからか?目に付くところに植えてあるシマトネリコが、元気ないのです💦


なので、植木屋さんに一度見てもらって、剪定してもらおう!と思いつきました。

困った事が起こったら、早いうちに、専門家に見てもらって、傾向と対策をつけてもらうって、大事だと思います✊️


何事も、

「いつからだって、やり直せる!」と思いますが、そのスタートは、少しでも早い方が、

拗らせないで、対策が立てやすい、と思うのです😌


先週の日曜日は、このブログにコメントをくださった方が、わが町まで来てくださいましたので、


近所にお住まいの先輩お母様もお誘いして、

3人で、個室のあるレストランで、ランチをして来ました。

(本当は、ちょいとオシャレな、伝説のカフェにお連れしたかったのですが、

先週の日曜日は、開店時間だったのに、もう人がたくさんでしたーー💦

🧘‍♀️さん!また次の機会に、行きましょー)


その方のお子さんは、復学支援で復学したけれど、

「復学したからこその問題」が発生した、との事で、

「これからの対策」などなどを、おしゃべりしに来てくださったのです。


先輩お母様も、私も。「復学したからこその問題」ってヤツは、散々経験していますからね😑


「不登校症状」に陥るような子供は、それなりの理由があるのですから、


「復学」したら、はい!もう大丈夫🙆‍♀️とは、簡単には行かない、事例も多いのです。


それでもね。やっぱり、

『その学年に復学できたからこそ、得られるモノ』は、とても大きいと思うのですよ😌

その価値をわかってくださる方が、復学支援機関への依頼に結び付くのだろうな、と思いました。


ウチもそうです。地元の中学の卒業式。。。

中学3年で復学した息子は、最後まで、

「体調が悪くて、しばらく学校に来れなかった」を、崩しませんでしたので、

卒業式に出ても、周りのお子さんと写真などを撮ったりする事もなく、とっとと帰って来てしまいましたが、私は、息子の性格から言って、

「卒業式に出席できた」から、地元をクリアできたのては無いかな?と思っています。


わが町に来てくださった方のお話で、嬉しかったのは、


「学校に復学したからこそ、今の問題が発生

したのだけれど、

だからこそ、次の課題が明らかになったのだと考えて、その解決の為に、頑張ります!」との主旨の事を、おっしゃってくださった事です😊


そして、復学支援機関の先生が、頑張る方向として、そのお宅には、

「家庭教育推進協会」への道筋をちゃんとつけてくださってましたので、


先輩お母様と私は、とても安心したのでした😊


家庭教育推進協会の、S先生、A先生も、良く、


「どんな問題が起こっても、皆さんは、一度(ウチの場合は、中学、高校、予備校と3回も‼️ですけどね😅)

不登校を乗り越えた経験を持っていらっしゃるのですから、頑張れますよ!!」

と、おっしゃいます😌


だいたいね。一筋縄じゃ行かない方々なんですよ😑

専門家の先生方のお力を借りて、諦めないで、頑張りましょう✊️


日陰に植えてあった「ウエストリンギア」

なかなか大きく育って来ましたので、もっと目立つ場所に救出しよう!と思って、素焼きのポットに植え替えましたら、


日向に移ったからか?早速白い小さなお花が咲いて、とても良い感じ✨

私のベランダガーデンの、手前に置いて楽しんでいましたが、、。

気がついたら、先端がクタっとしてしまうのです。

「木」だから、水やりは頻繁でなくても大丈夫かな?と思ってましたが、

ポットの大きさか?土の種類か?保水力が、

足りてないと思います。


そこで、溢れるくらい水やりをしましたら、

すぐにシャキッと、復活してくれました😅


「見た感じ」のポットとの相性はとても良いので、こまめに水やり致します😊


なんでもかんでも。少しでも早く、スタートして欲しいですが、素人考えで、拗らせないでくださいね💦


専門家の指導を受けるまでは、

「フラット」にして欲しいです。

一度、子供に認めてしまったら、取り消すのはなかなか難しくなると思います💦


どんな方向に進めるのか?ちゃんと道筋を立てた上で、進んで頂きたいな、と思いました。


写真の「黒いポット」同じのを2つ買いましたので、

今季は、ひっくり返して重ねて、高さを出してみましたーー🤣


え?病気なの?お子さん、病気なの?



『病気』って?病気の反対語は健康ですね😓


私。暗記してます。暗記したのは、1970年代の公立中学の、保健体育の授業です。『健康』の定義は、このように教わりました。


『健康とは、身体的、精神的、社会的に、完全に良好な状態にある事であって、単に、病気でないとか、虚弱でない、という事ではない。」


これ、覚えてます。


ってか?今聞くと、めっちゃ、問題ですね😓ここに、私達年代の子育ての問題の、原点があると思いました😓


何が問題か?それは、

『完全な』身体的、精神的、社会的な良好が、


『健康』なんだと。教育されてしまった事だと、思うのですよ😑


だーから。あれもやらせなきゃ💦これもやらせなきゃ💦

それも、『完全に』やらせなきゃ、、、。

って、なっちゃったんじゃないですかね💦


検証せねば。


ちなーみに、1970年代の公立中学で暗記したのは、他には音楽の授業の、

「サンタルチア」とか😊

(私。新婚旅行で、イタリアに行って、ゴンドラセレナーデで、本場のサンタルチアを聞くはずが、、、。

主人と新婚旅行中に喧嘩して、ベニスのゴンドラに乗ってない私🤣)


『病気』って、何なのか?考えないといけないな、と思いました。


虫歯とか、骨折とかは

「病院に行かなきゃ治らない」ですよ。