不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

ふー💦もー💦あっちもこっちも大変なんですけど😑

今、上の子に頼まれて、スマホの機種変更の予約を取る為に、ショップに並んでおります。BBです。多混みです💦


で、週末の予約を取ったら、受験のご用で、息子の高校に向かいますよ!!


って。本当は、息子が自分で行かなければいけないのですよ😑当たり前なんですが、その当たり前を、やりたくない息子😑


ここまで私は、

「甘やかして来た」気持ちではなく、その時、その時、息子を動かすのに精一杯で、対応して来たつもりなのですが、


そのもともとの私の子育て感覚が、「大甘」なんですね💧

それでここまで来てしまった息子は、やってもらって当たり前💧に、なってしまいました💧


F先生から、その都度ご指摘を受けて、修正して頂いてなければ、、、。


ホント。この受験だって、

「どうか、大学に行ってください状態💦」になってしまったと思います。

ってか、わが家は十分その状態なのだそうです💧


それでも、F先生のご指導で、なんとか軌道修正しながら、頑張って進んでおりますです😌

この受験が、息子のモノとなりますように。

諦めないで、頑張ります✊️

まだまだ、出願やら、なんやら。本人にやらせなきゃいけない事が、いっぱいです💦


F先生は、本人の受験への取り組みの状態を見れば、その子が大学に通う状態が読めるそうなんですよ💦

すごくないですか???って。今の息子は、

「大学に通い続ける気がしない」

そうですよーーー_| ̄|○ショック🤯


でーーも、諦めない💦そんな事、もうね。

わかっておりますよーー💦

それでも諦めないで、一歩ずつ、進んで行きましょう!皆様!!



さて。火曜日に、わが町の子供の為のボランティアのメンバーの、

「初会議」からの「初ランチ会」がありました。

自己紹介や、このボランティアの内容のお勉強などの会議の最後に、毎回みんなで


「事例検証」をする、そうなのです。


今回は、私と同じく今期からスタートのメンバーさんから、とてもハードな内容の事例が上がりました。


ある、小学◯年生のお子さん。

家庭環境がとても複雑で、学校に行けていないそうなのです。


私たちのお役で、そのお宅と、どのように接して行くのか?の、ディスカッションでした。


その新任メンバーさんは、

「そのお子さんがかわいそうで仕方ない。

なんとか助けてあげたい!」でしたが、ベテランメンバーさんのお話では、


「その気持ちはとても良くわかるし、このお役を受けてくださる方は、皆さん、そう思ってくださっているのです。

でも、私たちのお役は、問題を解決する事ではなくて、見守って、親ごさんの相談に乗れるところまでを目指します。

そして、その問題を、どの行政機関に相談したらよいか?親ごさんと一緒に考える事なんですね。」

「このように解決したら良い!は、押しつけになってしまいます。

そもそも、そんな合理的に動ける親ごさんなら、今のような状況にはなっていないと思うので、まずはその親ごさんと、顔見知りになって、おしゃべりできる関係を目指しましょう!」との事でした😌


メンバーさんには、行政機関で、福祉を担当していた方もいらっしゃって、

その事例なら、どこそこの、何科に話が上がっているはずだから、そちらの担当者に確認を取りましょう!との事でした😌


私は、すごく勉強になるなーと。聞かせて頂いてから、僭越ですが!と手を挙げました。


「私は、不登校について、専門家の先生から勉強させて頂いているのですが、

不登校は、それぞれの子供によって、原因は様々だとわかりました。

家庭の経済状況が悪い場合、給食があるのですから、学校へ向かう子供が多いと思います。

なので、この事例のお子さんは、家庭環境の問題と、不登校の問題は、分けて考えた方が良いと思いました。

「学校へ行くように」促す事を、「登校刺激」と言うのですが、不登校の時期や、お子さんの状態によっては、登校刺激がマイナスに働く事もあるかと思います。

ですので、このお子さんに、どのように働きかけをするのが、1番良いのか?簡単にはわからないと思いますので、まずは、お子さんのお顔を見て、挨拶ができるのを目標に、

そのお子さんの親ごさんや、学校の先生から情報を集めるところから、始められたら良いのではないでしょうか?」

「皆様も感じていらっしゃると思いますが、

昨今は、この事例のように家庭環境や、いじめなどの理由が、はっきりしている不登校ではなくて、なぜ?このお宅のこのお子さんが?と思われる不登校も、多いのですよ。

私は、不登校の専門家からの学びの中から、

親は悪気ないのですが、子供の為と思って、先回りした過保護の子育てから、子供の失敗経験が育たずに、いざ失敗した時に、動き辛くなってしまったのが、理由のはっきりしない不登校の原因だと、理解しました。

その過保護過干渉の子育てを改善する具体的なメソッドがありますから、だんだんご紹介させてください!

私もまだまだ学びの最中ですので、ご一緒に

よろしくお願い致します。」などと、お話しました。


ホント。こーゆー場で、「不登校」のお話を出すと、皆さま、メチャ食いついてくださるのです😅

それだけ「不登校」が身近に、なっているのだろうなーと。なんとかしたい!と思ってくださっている方が多いのだと思った次第でございます。


そんなで、はじめの固かった雰囲気が、活発なディスカッションで、ワイワイ盛り上がって、


ランチ会のお店に移動する時のおしゃべりで、私の趣味のスポーツ関係の共通のお知り合いが、たくさんいる事がわかったりして🤣


ランチは、とても楽しかったです🤣

次は「飲み会だー!!」と、盛り上がりました。


でー。その私の学ぶ「家庭教育」の、第一人者の先生が、わが町のお役所に講義にお越しくださるそうなんです🤣


本来は、一般傍聴はできないらしいのですが、「家庭教育」の重要性が、浸透して来たらしく、、、

一般市民も、先生の講義が聞けるように、してくださいましたーー!!


わーい🙌わーい🙌

先輩、お仲間お母様と、申し込みましたよ!


その、ボランティアのメンバーさんも来てくださるそうですので✨


私の学ぶ「家庭教育」の草の根広報活動😅

◯⚪︎◯さん!!

ご一緒に、頑張りますよ!!

よろしくお願い致します😌

非ログインユーザーとして返信する