不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

私のー😭痛恨の大ミスー😭

息子の学校の年間予定表からの情報を読み間違えて、


私、痛恨の大ミスをやらかしてしまいましたー。

そこからの息子の、ブーたれ_| ̄|○です💧

私も_| ̄|○💧


先程お電話で、私のミスをF先生に謝って、これから日程に気をつけるように、とのご注意を頂きました。


昨年までの2年間、この時期はちょーど、進級ができるかどうかの、混乱期で、、、

って、今年もそうなんですが、、、

状況把握ができていませんでしたー😩


ウチの息子が、休む事を選択してしまう日は、朝の決まった時間の声かけをしても、動かず、寝た状態の表現なのですが、


今朝は、布団をかぶって、くるっと後ろを向きました。

こーれは、私への文句と感じました。


今日の休みは、お母さんのせいだからねー💢

と。F先生のお見立てです。私もそうだと思いました。


がー💦どっちにしても同じ事。


今朝も私は、いつもの決まりの、3回の時間の声かけをして、、、後は黙って離れました。


ここで、今日は危ない日でしょ!と言いたいのは山々ですが、


なぜ行かないのか?強く責めたら、体調不良を引っ張りだすだけです😓

体調が悪いと聞いてしまったら、真っ当な、病欠となってしまいます。


理由を聞かなければ、今日の休みは、自分で休むと選択した、サボりです💧

自分でサボったと認識しなければ、反省に繋がらないと思っています。


だいたい、本当に体調が悪かったら、体調悪いって(学校を休めるから、嬉しそうに😓)言ってきますから。。。



ところで、学校との交渉です。


ウチの場合、息子の入学式の後、息子のここまでのいきさつを、担任先生にお話ししておきました。


その時、家庭教育のメソッドを実践しているので、子供の主体性を尊重します(問題所有を明確にします)とお話ししましたら、とても良い事です、と、言ってくださいました。


がー。息子の大崩れが始まってからは、


なぜ息子が休むのか?理由を聞いてください。学校を休んではいけない、とか、課題をしっかり出すように、など親御さんからもしっかり言ってください、と。


担任先生からご指導を頂きました。


何度も、そのように直接的に言っても、

このタイプは動かない、と説明しても、、、

学校の先生は、、正論をおっしゃいますね。

それはそうですね。


もし、はじめに復学支援の先生から、家庭教育の指導を受けている、と、お話ししなければ、


もしかしたら、担任先生には、息子の休みを病気として認識してもらえたかもしれません。そちらの方が良かったのでは?とも、思いましたが、、、


私の考えは、、、

そうしたら、息子は、病気という真っ当な理由で、もっと休んだのではないかな?と思うのです。


息子の休みは、担任先生にも、サボりと認識して頂いてます。

ですので、担任先生から息子へのご指導も、その理由によるものです。


あくまでもウチの場合ですが、それで良かったのだろうと、思っています。


このタイプのお子さんの、お母様方と情報交換しますと、


高校生にもなると、クラスメイトの皆さんも、こんなタイプも、別に気にしないでくださるようです。

クラスメイトの皆さんが、大人になる訳ですね。


先日の面談で、担任先生から、

「〇〇君、結構、周りと仲良くやってますよ!女子ともおしゃべりしてますから」と伺って、とても有難いと思いました😌


ってか、毎年毎年、面談の内容が、留年までのカウントダウンばかりで、、

肝心の進学の事まで、話が進んだ事がありません💧


もう、ホントーに後がない日数ですが、、、。

主人と私は、F先生のご指導を信じて。


あわてず、騒がず、落ち着いて。

次の登校を目指したいと思います😌


3年目です。とても嫌ですが、ちょっと慣れました。今朝の息子の休みを受けて、ストレスでお腹壊しちゃいましたが、、、


諦めませんよー😑ここから、ここから。

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。