不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

秋の夜長に考える🤔

皆さま、こんばんは!BBです。

朝晩は、だいぶ季節を感じる様になって来ましたねー。いかがお過ごしですか?


私は、しばらくブログをお休みさせて頂いて、

時間と気持ちの余裕ができたので、お肌のお手入れに勤しんでおります😅


若い頃は勧められても、めんどくさーいが先にたったのですが、よる年波には勝てず、、、。


やっぱり人間って、本当に必要にならないと動かないのですねー。

必要性を実感したからか、毎朝、洗顔の為の泡だてやら、ローション数回付けやら、週に二回の泥パックやら、せっせと、気持ちよく行っております。


だーれも気が付いてくれませんが、自分的には

ちょいとお肌が、いい感じになったみたいな?気がしなくもない😆


頑張って続けますよー✨


さてと。

ここしばらくは、このブログのコメント欄や、

私の所属するmixi「不登校〜復学を目指す親の会」からアクセスくださった方と、個別にお話しさせて頂いておりました。


メールしたり、お電話でお話ししたり、直接お会いしたりして、


改めて不登校への対応の奥深さを感じました。


この頃わかって来た事は、義務教育期間中の不登校は、もちろん難しいけれど、


高校以降の不登校の辛さ、難しさ、です。


そもそも高校以降は、学校の規定を満たさなければ、学校に所属する権利もなくなってしまうのですから、義務教育期間とは違います。

「不登校」とも言えなくなってしまうのです。


動きの止まってしまった子供を動かす難しさ💧

私も、よくよくわかります💧


そんな、こんな、また書いていこうかな?と。

思いつつ。です。


ふじ子さん!コメントありがとうございます!

頂いたアドレスに、お返事させて頂きますね😌

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。