不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「提案」こそね。気をつけないと、と、思って過ごしています😌

子供に、「指示、命令」したらいけないって。

不登校を学んだら、わかります、ね💧


私の様に、おこりぼ母さんだったりしたら、


声を荒げて、子供を怒った事が悪かったと、すぐに反省できます。


それで間違えるのが、、、

優しく言ったら、子供に、伝わると。


次に向かうのが、「提案」です。


それまで、あーしろ!こーしろ!と、怒りモード💢で、子供に強制したのが悪かった。


穏やかに、話せば、子供は親の言うことをを理解して、同意してくれるって、、。思いますよね。


それ、間違いなんだと、何度も経験しました😩


「提案」って、なんて言ったらいいのかな?

命令に、お化粧したものだと思います。


親からの「提案」で、不登校と言う、非常事態が解決できたら、

こんなに苦しむ人は、、、、多くないと思うのです😓


「提案」の形で「これから、こうしようよ」と、優しく言えば、子供は、促されるままに、うん、と頷いて、受け入れたように見えて、


親は、前進した!と思って喜んでしまいますが、


その「提案」した内容は、すぐに子供ができなくなって、私はショックを受けました😓


親が、指示した事を、やらなくて済む。。

誤学習を重ねる事が、問題だと。F先生から、学んでわかりました😌


親が(特に父親が)指示した事は、絶対にやらせる!!


だから、やらせ切れない事は、言ってはいけないのです。


この心意気?ってか、重要性を、わかって頂けたら、もう💧


何時に寝ようが?起きようが?勉強するとか?しないとか?


マジ、大した事ではないですよー💦と。思いました。


そして、親が言ってやらせた事は、たいがい、本人の物には、なっていないと思うのです。


朝だって、、、

自分にとって、必要になれば、起きると思います。

自分で必要を感じるためにも、本人に任せる

時間も必要かな?


また、次の記事で、書いてみたいと思います。

自発的に動くのが、大切なんだと思います。



家庭教育PCM理論の

●メシテイを極力さける

ですね。


ご自分の、お家での会話をメモして頂きますと、

親からの言葉出しは、「指示、命令、提案」が、多いと、わかって頂けると思います。


私は、復学支援の受け始めに、息子に、膝掛けを使う?と聞いた(提案した)と報告しましたら、、

その時、ウチにお越し頂いていた復学支援の先生方から、いっせいにご注意を受けました💦


暑いの、寒いの、そんな事まで、子供の感性に

親が介入するのか?と。



だからね。ホントに「メシテイ=指示、命令、提案」しないように気をつけてます。


でも、お家の雰囲気は、以前よりずっと良いですよ✨


「提案」は、命令と同じだと思います。

言われた子供は、自分で責任を持ちませんね。


親に言われているうちは、問題所有が、本人の物にならないと思いました😌

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。