不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

コーケーましたー_| ̄|○(再投稿です)

息子、しばらくぶりに、休みましたー💧

パッシブに入っていますー💧


主人は、いやーな気分になった、、、との事ですが、


私は😑もう、こんなの想定内です😑


ここまで、本当にたくさんの日数を、F先生のご指導を頂いて、主人の父性対応で乗り越えて来ました。


その上に、先日の、家庭教育推進協会のセミナー✨

こちらで、F先生の講義を聞いて、父性対応の理論を教えて頂きましたからね✊️


本日は、その理論を理解した上での、初めての実践です😌


なのでご参考に、F先生の講義に沿った、

息子が休んでしまった時の、ウチの対応を書いてみますね。


まず、子供は失敗するのが前提、との理解。

はーい🙋‍♀️私は出来てますから、息子が休んでも、そんなに頭に来ませーん。

しいて言ったら、でたー😑って、感じでしょうか??

上の子も、息子も、それから私も、主人も、その他の家族、お知り合いの方々も、

失敗しますよ。人間だもの😅


頭に来たって始まらない。皆んな頑張ってるんだから、お互いね。これくらいでいいやーと思って、過ごすようになったら、とても楽になりました。


そしてここから、叱り方の手順となりますが、


「準備段階」

その問題は、叱る問題か?本人の問題として見守るか?を、夫婦で話し合います。

学校を休んだ事を叱るか?叱らないか?

夫婦で、子供が学校を休んだ事を、どのように捉えるか?

これが正解!は無いと思うので、夫婦で話し合って、方向を決める事が大事だと思いました。


ウチは、今の状況では、学校を休んだ時だけ、父性対応を発動して叱ります。


勉強や、生活態度や、なんやかんや、、、他の事は、夫婦揃って、子供達に何も言いません。ほとんどの事は、本人の問題と認識してます。ホントは、こーしたらいいのに、あーしたらいいのにと思うところは、たくさんありますが💦

たまにかける言葉は、

「あなたに任せてるからねー」と。頑張ってます✊️


ちなみに私は、子供達から頼まれた事は、だいたい受け入れています。

私は、子供は、家庭の経済事情は、肌でわかってるかな?と思うのです。

あれが食べたい、これが欲しいと、結構、妥当な線をついてくるな、と思います😅

私の性格なんですが、子供からねだられると、喜んで買ってあげちゃうのです。

甘くて、F先生に、ご注意受けたりしていますが💦

F先生は、そんな私の性格も織り込み済みで、ご指導くださっているのです😆


なので、問題の大小の確認としましては、

登校の問題が叱るべき大きな問題。他はほとんど叱るべき問題ではない、と言う感じで過ごしています。


①セットアップ

場所取りです。本来は子供を呼んで、親の前に座らせて、話を聞かせるのが良いと思いますが、


来ない場合のリスクを考えて、ウチの場合は、

主人が帰ってすぐに、息子の部屋に直行します。


学校を休んだ事は、大きい問題と、本人に認識させる為にも、

主人は着替えなどもせず、玄関から、息子の部屋に直行です。


休んでしまった日は、パッシブで、1日家を冷やしてますので、息子は自室で、寝ていることが多いです。


主人が息子の部屋に入ると、息子は、起きて、ベットに腰掛けますので、ここで、


②レセプターの確認

子供の状態の確認、となります。


主人が部屋に入った時、息子が話を聞く態度となれば、息子に聞く耳ができていると、判断できます。

講義では、子供の目を見て確認、との事でした。ゲームをしている状態の子供に、話しても、子供には伝わらないですね。


前回の父性対応では、主人が部屋に入っても、息子が、布団から出て来ませんでした💦

それで、主人の話を聞く状態にする為に、


主人、身体を張って頑張りましたー💦私も、一緒に頑張りましたー💦


大人の話を、子供に強制する事はできません。


息子が主人の話を聞いて、自分で納得する為に、この、理論に沿って、何度も何度も父性対応を繰り返して、やっと息子に、聞く耳ができた=主人の話を聞く習慣ができたと思うのです。



そして、本来は

③聴く

④質問

⑤リクエスト


と続くのですが、ウチの息子は、全然喋りませんので💦ウチの父性対応は、


②レセプターの確認

が、取れましたら、F先生との打ち合わせで作ったシナリオの言葉を、主人が息子に伝えて、


⑥承認

主人が、息子に、大丈夫だな?(お前ならできるな?)それなら、ごはんまだだろ?降りて食べなさい。


で、息子がリビングに降りて、夕飯を食べて、その日のお休みはリセット、との基本の流れになります。


この後、休んだ事をなじるなど、過去の事も言いませんし、明日は行きなさいなど、未来の事も一切言いません。


主人が、息子の部屋で、話してくれて、息子が受け取って、

その言葉を飲み込んだ=納得したから、降りて来て、

夕飯を食べる=リセット、と理解して、


後は、息子を信じて、通常運転です。

私は、パッシブを解除して、淡々と温かいごはんを出してやる、感じです。


そこまでしても、翌日休む事も、もちろんあります😭


でも、朝は時間の声かけのみ。

それで起きなくても、

「昨日、行くって言ったじゃない!!」などの、問題所有を違える発言はしない。


「どうして起きないの?」などの、容易に理由を聞いて、体調不良をひっぱり出さない。


休むのなら、自分で休む事を決めたんだと、

休んでしまった1日を、自分で葛藤できるように、


夜までは、お家を冷やして、パッシブして過ごして、また、夜の父性対応の①からスタートです。


主人が息子に話す言葉のシナリオは、息子の休みの内容や、日数によって変わって来ます。


基本、太く短く。

F先生にご指導頂きながら、主人が、自分で話す言葉で、必要な内容のみでシナリオを作ります。


なんと言っても、F先生のご指導は、関西弁なので、そのまま息子に言えないのですー😅

こう、ね。ニュアンスが難しい💦

シナリオを作って、F先生にご確認頂いて、家に帰るまで練習して、、、


と、言うことで、今晩もまた父性対応です。


先輩お母様方から、

「裏切られても、裏切られても、懲りずに。」と、ずっと教えて頂いて来ています。


裏切られても、裏切られても、ですね😌


諦めません💦

頑張ります💦

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。