不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

夏休みの宿題、の考察😌

安定、お家生活の息子です💧

長期休暇、恒例の靴のホコリも溜まってます💧


外を歩けば、息子と同じくらいの、日焼けした男子を目にして、、、


いいわねーと、思いますが、、、


ちゃんと終業式に出席して入った夏休み✨

どう過ごそうが、本人の問題ですから、、、


なるべく気にしないように、

私は、私の予定で過ごしております😅



昨日は、ご近所にお住まいの、先輩お母様と、少し前からご一緒するようになった、お仲間お母様と、ランチをして来ました✨


まー。喋っても、喋っても、喋り足りません😅


実際に、子供が不登校を経験した当事者は、

現世では出会う機会は少ないです。


その上に、不登校に対する考え方も、各家庭で、本当にそれぞれ違いますから、

数少ない不登校当事者とお話ししても、なかなか、、、難しいと感じました。


その点、昨日のメンバーは、

「家庭教育」と言う、共通認識がありますから、、、


旦那様の事、子供の事、ママ友の事、、、


家庭教育に照らし合わせて、あーでもない、こーでもないと😆


楽しくお喋りした次第です。喋り過ぎて、声が枯れちゃいましたよ💦


そこで、子供の夏休みの宿題の話が出ました。

そろそろ夏休み終盤戦、子供の宿題が気になる頃ですね。


ウチは、、、

上の子が、宿題などで苦労した事がない上に、とても要領が良くて、


パパッと2、3日でやっつけている様に見える自由研究が、毎年表彰されたりしてましたので、そのくらいの物を息子にも作らせないといけない、との思いから、


息子の夏休みの工作や宿題に、思い切り手出し、口出しをして、それなりの作品や研究を提出させていました💧


今、思い出すと、夏休み明けの授業参観の作品展示で、私自身が恥ずかしい思いをしたくなかったからだと、、、思うのです。

家庭教育に照らし合わせて、とても反省しています💧


その、作品展示で、完全に子供だけで作ったと思われる、

その時の私から見たら、あらー?こんなでいい訳??と思った作品、、、


今ならわかりますが、そんな作品こそ、意識してか?どうか?わかりませんが、

親が手出し、口出し、しないで、子供に任せた素晴らしい作品だったとわかりました😌



夏休みの宿題、、、


図画や図工作品、自由研究の完成度。

そして、テキストやプリントにしても、わからないところを飛ばしてやるか?

100%埋めるか?その上に、繰り返し練習させてしっかり理解するまで、やらせるか?


どの程度の出来上がりを子供に求めるかで、

かける時間もだいぶ違うと思います。


あ、思い出すと、時間もそうですが、、、


親の、注意したり叱ったりの、手出し口出しの程度もだいぶ変わって来ると思います。


私の様に、子供の不登校を経験して、家庭教育を学んでから、思うのは、、、


義務教育中の宿題こそ、なるべく子供に任せて、

自分でやったのだから、このくらいできてたらいいや、

忘れたら、忘れたで、先生から注意してもらったらちょうどいいや、


と、親子で思える練習?をしておけば良かったなーと。思った次第です😌


とか言って。

現在高校3年生の息子に、宿題があるのか??


今の私は、それこそ課題の分離で、聞く事すらできませんが、、、。


無事に夏休みを迎えさせて頂けた事を、F先生はじめ、諸先生方、先輩お母様方に感謝して、、、


息子の学校関係のお出かけに行って来ます💦

暑そー💦やだー💦


いやいや、感謝💦感謝💦

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。