不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

無事に期末テスト終了😌F先生〜ありがとうございます😭

月曜日に、息子の期末テストが無事に終了しました。


テスト期間の息子を見て、

3年生になってからは、授業の科目数が少なくなり、テストの負担が減った様に感じました😅


通常授業も、科目数が減ったおかげで、1科目ごとの年間授業時間が増えてくれて、


どの曜日を休んでも、特定科目の危険度が急激に上がらない、去年よりは、だいぶ助かる状況です。


この意味、わかって頂けますか?


普通に休まず登校できるお子さんには、関係ない話しですねー💧


とにかく、授業の科目数が減って、ついでに土曜日の授業もなくなって、、、というか、息子が卒業に必要な最低限の単位しか選択しませんでしたので、、、


全体的に、親子で負担が減りました😅ちょっと楽になりましたー✨



でもこれは、大学受験の事を考えたら、ちっとも良い事ではないのです。


勉強する機会が減っただけなのですから。


息子の同級生は、大学受験真っ只中で、予備校に行ったりして、頑張ってると思うのですよー💦


昔の私なら、息子の大学受験に関して、情報を集めまくって、手出し口出しして、お尻を叩いたと思います。


でもね、、、今ならわかります。そうしてやらせても、18歳の息子は、絶対親の思う様には、勉強しなかったと思います。


そして、私は、息子への不足不満を募らせて、親子関係が破綻したのではないか?と思います。


そうなる前に、息子が、不登校症状を出して、私に注意を促してくれたのではないか?と思っています。



私の今の気持ちは、大学に行きたいなら、行けるところに入れてもらったらいいんじゃないの?です😌


息子には言いませんよ💦そんな事を言われたら、受かった大学に納得できませんから。


でもね、正直、私はそう思ってます。


ウチは、18歳の息子が、社会に出てお金を頂ける様に、育てる事は出来ませんでした。


だから、後4年間。息子が社会に出て行ける様に、準備期間として、大学進学を選ぶのなら、やりたい勉強をしながら、バイトをしたり、何かしたりして、社会性を伸ばして欲しい。


と、願っています。


興味のある事、やったらいいよ。それで、家具職人さんとか、伝統工芸の担い手さんとかに、


なってくれないかなー😆


なんて、夢を話すと、主人が、お前が決めるなって怒ります。


私だって、夢を見たっていいじゃない??

息子に話す訳ではないのだから。。。


なんて言っても、そんな事は、息子本人の問題ですね。


私が口を出す事ではありませんから、、、


お任せします。

また今日も、通販で文房具を取り寄せて、テスト勉強頑張ったから、半分出して、と言われて、


えー💦またー??で、半分出してあげました。


あのさー、こんなに文房具を買って何するの?と聞きましたら、


息子は、勉強、と答えました💦


いや、さっき、ちょっと部屋を覗いたら、すごく綺麗に、デザイン画が描いてありましたよ。

勉強と違うじゃん😅


まーいーや。しーらない😑


そう。そんな事言ってる場合じゃないのです。

本日私は、趣味のスポーツの練習試合で、初のポジションに挑戦です✊️


そう。大事なのはこっちだった。


もう一度、DVDでポジション確認して、やれる事はやって、夜の🍻を楽しみに!!

頑張りまーす😆