不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

思春期は、別人になるのが当たり前😵

なんですって。と、言うより、思春期の子供が、本来のその子に近いそうです。


その姿で生きて行く時間の方が長いって、、


そっか〜😐


ウチの息子、、、小学校の高学年になるまでは、元気で、スポーツが大好きで、お友達がたくさんの、キラキラしたタイプだったと思います。


この前、息子の同級生の女の子とおしゃべりして、小学4年生の息子がそんな子だった、と教えてくれましたので、


あながち間違っていないと思います。


その後、小学校の高学年になって、本当に私の反省なのですが、

身体が小さい事から、スポーツより勉強へ、誘導してしまって、、、


その頃から、息子の反抗期?が始まったと思います。


親から言われた事を、拒否する様になって、

ウチの息子は、暴言ではなく、親と話さない形の反抗が始まりました。


それまでは、親の言う事を素直に聞いて、そんなに手がかかるタイプではなかったので、

親は、まだ何も気がつかず、それまでより強く叱って、力で動かしていました。


中学に入ってからは、もっと明らかに様子が変わって来ました。

元気でキラキラ〜なんて形容詞はまったくなくなり、

親が、こうさせたい、と思うイメージから、どんどん離れて行きました。


色んな問題行動も起こしました。


それで、親は力で押さえつける事はもうできない、と、気がついて、


今度は、反対の、甘い対応に変えてしまったのです💦 息子の言うなりになってしまいました💦


後に、先生方に伺ったのは、息子の不登校は、それまでの親が強く叱った事ではなく、

息子の言うなりになってしまった、甘い対応が原因だったそうです。


もちろん、それだけが原因ではありませんが、私はとても納得しました。


その後、息子は、いきなり完全不登校になってしまったのですが、


主人と私は、息子の様子を見て、これはふざけたり、怠けたりで、学校に行かない訳ではない💧と、それだけはわかりました。


だから、息子を責めたりせず、、、、、


甘い対応でしたが、家庭を温めて、息子を持ち上げて過ごしていました。


今、思い出すと、、、

小学校の高学年から始まった思春期反抗期?から、不登校になるまでは、


息子は、完全に主人と私を、信じてなかったと思うのです。拒否してました。


でも、完全不登校の7ヶ月間を、息子を責めたりせず、穏やかに過ごした事で、、、


ホントにうっすらですが、息子が、まずは私を頼ってくれるようになりました。


そして、F先生はじめ諸先生方からの復学支援のご指導を頂いて、学校に復学した息子は、


だんだんと、親を信用してくれるようになったのでは?と思うのです。


何が変わったかと言えば、親が、家庭教育を学んで、息子を尊重する、具体的な方法を学べた事だと思います。


息子を尊重する。息子の価値観を認めて、息子の人生を息子に返す。


でも、まだ子供ですから。丸投げではなく、

必要な教えは、しっかり伝える、イメージです。


今の息子は、元気な子供時代から考えられないくらい、


まぁ、親から見たら、

あーしたらいいのに、こーしたらいいのに、やればできるのに、なぜやらない?


と、思うところが満載ですが、


これが息子の、本来の姿に近いのだと、不足不満を言いませんよ💦

言わないように、努力しますよ💦

自分がよければそれでいいです💦


それにしても、昨日もF先生に、

「ほんと子どもですね(-_-メ)」って、言われてる息子、、、


やる事をやらずに、今日も時間で登校しました😌


やる事をやらずに、帰ってくると、読んでます💦


F先生〜💦