不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

F先生、、、凄すぎる✨と、目から鱗✨

昨晩、主人を駅で迎えて、F先生にお電話させて頂きました。


もう、この文章は、何度目なんだか?息子が休むと、必ずこの文章です💧


それで、ここまでの息子の動きから、今回の休みの分析と、昨晩の主人の、息子への対応をご指導頂きました😌



その後、、、電話を変わってもらって、私が少しF先生とお話しさせて頂きました。


息子の大学受験についてです。


ウチは、上の子が、文系学部を、必須の英国と、社会ではなく数学を選択受験して、すべての合格を頂きました。


上の子の感想では、文系学部を数学受験するのは、約3割しかいないし、社会に比べて、数学の試験問題の方が、難易度は低いと思う、でした。

それで、ウチでは、文系学部を数学受験するのが有利!との話しが、何度か出ています。


息子も、自分的には数学が得意なのです。


それでだと思いますが、高校3年に上がった頃、自分も文系学部を、数学受験する、と言いました。


が、その頃、密かに私が調べましたら、息子が受けるであろう偏差値帯の希望の文系学部には、数学受験はありませんでした。


それで、とっさに息子に、大学によっては、文系学部の受験科目に数学はないよ。と言いました。


が、その後、息子の希望学部が変わったらしく、改めて調べましたら、、、


私が想定していた偏差値帯よりも、上の偏差値帯の大学の希望学部では、数学受験ができる事がわかりました💦


それで、その事、、、頑張って、上の偏差値帯の大学を目指すのなら、文系学部を数学受験できるよ、と息子に言っておきたいと、F先生に伺いましたら、


それを言ったら、学校を休むよ、と、教えて頂きました〜💧


びっくりしました💧


なぜか?息子は、文系選択ですから、3年では数学の授業がありません。

それでもし、数学選択で受験すると決めたら、ウチの息子のようなヤツは、

それなら家で自分で勉強するわ、となるそうです。


ですよね〜💧


その上に、そうは言っても、自分でやるワケがないと💧

結局、学校も休み、家でも勉強せずとなるそうです。


もう、納得です😑親の、息子を逆転させたい感満載の考えなんて、やっぱり浅はかだと、実感した次第です。


F先生から、偏差値どうこうではなくて、私立大学でも、文系学部を数学受験できるらしいよ、自分で調べなさいね、くらいは、状態が良い時に、言っておいて、


との事ですので、それはまた、時期を見て、言っておこうと思います。


ホント、先輩お母様から何度も伺ってます。

目標は卒業です。


息子のやる気を引き出したい、との気持ちでしたが、上の偏差値の大学に入れたいとの、欲がなかった訳ではないと思います😭


本末転倒してしまうところでした〜💧


その後、息子の希望学部の話しになって、そんな学部より、普通の学部に行け!!と、F先生が笑っておっしゃって、私もホントです〜と答えましたが、


それもこれも、まだまだ先の話しですし、息子が自分で決める事ですし、


結局、高校受験の時と同じです。親は黙って、静観です😌


今の息子の高校ですが、大変なところもたくさんありますが、この学校の特徴があるから、持っているのかもしれません。


ご縁です。行ったところで、どうなるか?

どうなっても、また、その事柄に対応して行くしかないな〜って。


心穏やかです。前より。これくらいの大学に行かせなくては!と思っていた昔より、全然、心穏やかです😌


今朝、息子は、またまた怪しい雰囲気満載でしたが、


主人に出勤せずに、息子の部屋の前をドスドスと歩く感じでプレッシャーをかけてもらって、

って、これは?プレッシャーになってるか?ですが、、、


時間で登校しました😌


ホント、1日、1日。大学受験どころではないです。またここに戻って来ました。


F先生!ありがとうございます😌