不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

行きました〜😌でも、課題はやらず💧

昨晩、私は、もうすぐ大会ですので、スポーツの練習に行かせてもらって、


帰りに主人を迎えて、F先生にお電話させて頂きました。


昨晩の対応は、おいおい、わかってるよな?的な感じで、とのご指導で、主人がセリフを作って、息子に対応してくれました😌


息子はいつものごとく、わかりました、と答えて、、、


主人と私は、早目に自室に切り上げてあげましたら、


その後降りて、用意したおかずとサラダの他に、自分でワカメスープと果物を足して食べてました😅

やっと食事のバランスを考えるられる様になったらしいです💦


引きこもってる時は、お肉とごはんしか食べませんでしたので。。。


そして、今朝は、時間で登校しました😌

F先生、ありがとうございます😌


でも、問題の課題はやってませんでした💦



その後、おばあちゃんに、報告しましたら、


おばあちゃんが、

課題とか、やって行くように、親が言わなければいけないんじゃないの?これから、大学に行っても、課題提出とか必ずあるのに、こんなではダメなんじゃないの?

〝ちゃんとやらないなら、行っても意味がないでしょう〟と言いました💦


私は、

おばあちゃん、気持ちはわかるよ💦

でもね、小学生じゃないんだから、宿題を親が把握して、やらせる様な事は、やりたくても出来ないのよ。

問題の課題は、教科とは関係ない課題なの。〇〇(息子)は、〇〇なりに、これは出さなくても良いとか?遅れても良いとか?考えていると思うんだ。


もちろん、全部ちゃんとやった方がいいに決まってるけど、〇〇が、このくらい、と考えて行動しているのなら、それを見守るしかないのよ。


ちゃんとやらなければ、自分の評価が下がるでしょう?でも、その評価を受け入れる練習をしていると思うんだ。


自分はこのくらいの人間だって。


前は、〇〇の評価を上げたくて、親が口出しして勉強や運動をやらせて来たけど、それって、その高い評価じゃないと親は認めないって事で、その高い評価を得られなくなって〇〇は、動けなくなったと思うんだ。


だからね、ウチの場合は、親から言うのは、学校へ行きなさいって事だけで、どんな程度で勉強なり、生活なりするのかは、〇〇に任せるしかないと思うの。


と、言いましたら、おばあちゃんは、


だって、任せたって、何度同じ様な事をしてもわからないじゃない。でしたので、


私は、

昨日、F先生とお話させてもらったけど、〇〇(上の子)だって、高校3年生の時は、結構なものだった。〇〇(息子)はもうちょっとかかるよ〜って言われた〜😅


で、そりゃそうだ、で、笑ってしまいました。


おばあちゃんは、私をもう少し楽にしてあげたい、こんな事ばっかりで辛いでしょう?と言いましたので、


私は、

F先生のところを卒業したお子さんたちが、みんなご自分なりに進んでいるのを見てるから。自分だけなら辛いけど、大丈夫だよ!!と言いました。


おばあちゃんは、最後はいつもの、

あなた方がいいならそれでいいのよ😌で、


私は、心配かけてごめんね🙇‍♀️〇〇(主人)さんと2人で頑張るからね!で、お仕事に行きました😌


いやいや。

思いますよ。普通くらいに、必要な事をやってちょうだいよ!ともちろん思いますが、


息子がやらないって決めて、怒られるなりなんなり、それが経験ですよね。


とにかく、それでいちいち休むんじゃな〜い💢って、昨日F先生もおっしゃってました〜💦ホントです〜💦


息子に言えないけど😑


さて、また🕳が、、、いくつか出てきたような気がしますが、、、


懲りずに、1日1日、過ごします😌

頑張りま〜す😅