不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

F先生のご指導を信じる✊️

中学3年の時に、F先生に、復学支援をお受け頂いて、奇跡の再登校を果たした息子は、


その後1年間は、休む事なく、中学を卒業し、

高校の1年生の1学期を過ごしました。


が、高校1年生の夏休みを、家にこもって過ごして、、、


夏休み明けから大きく崩れて、家の場合はそこから初めて五月雨登校を経験しました。


復学支援の先生方は、復学させるより、その後の継続登校が難しいとおっしゃいますが、


まさにその状況となりました。


そこから初めて、休んでしまう息子への対応が始まったのですが、


なんでも初めての経験で、F先生のご指導に


え?ホントに大丈夫なのですか?とおもう事が多かったです。


例えば、パッシブが続いたりすると、息子の

メンタルが大丈夫なのか?とか、


ここは、課題をやらせて行かないと、またコケるのでは?と思っても、その部分の親からの声かけ無し!とのご指導だったり、、、


F先生は、お忙しくて、ひとつひとつのご指導の意味を、詳しくご説明くださる事は少ないですが、


(いや、誤解があったらいけません。ウチの様に難しいケースの場合、ホントに大変な場面では、お電話を受けてくださって、しっかりご説明くださいます。ただ、自主休業の様な場合は、基本対応ですので、自分でやりなさいって事だと思います。

が!初めのうちは、それがわからず、休んでしまうと怖くて怖くて。。。

とにかく、先生、先生でした💦)


ウチの様に、何年もご指導頂くと、ホントに、F先生のご指導は、何手も先の可能性を読まれてのご指示で、


本人の意思で、動く事に繋がっているんだ!と、理解できる様になりました😌


この連休残りも、また、また、またのパッシブで、黙る連休となりましたが、


主人と私は、一点の曇りもなく😅

F先生のご指導を信じますよ✊️


このウチのこの息子への、親の対応として、

最善を選択できていると、思えるからです。


黙るのは、何もしないのではなく、


黙って、自分で考えさせていると、大きな対応をしているのです。


ついでに、今回は、もうひとつ💧息子にペナルティーも与えてますから💧


このタイミングで繰り出すか?と思いましたが、F先生のご指導です。


息子、反省しなさいよ😑これがね、あなたの

為なんだからね😑


お父さんとお母さんは、楽しくない連休だけどね💧そんなのもう、慣れましたわよ💧


君の葛藤に付き合うから。って、本人はそんな事まで考えてないと思うけどさ。


あなたは楽しくないと思うけど、こっちだって辛いのよ〜💧💧💧


それで、もし、F先生のご指導を受けていて、なかなか連絡をもらえない、と思っていらっしゃる親御さんがいらしたら、


ウチもそう思ってました💦


でも、何度も先輩お母様から

「F先生を信じて、とにかく子供の状況を報告して、ご指示を待つ様に」とアドバイスを

頂き、自分もその様に過ごして来て、


本当にF先生は、私の報告を見てくださっていて、必要な時には、必ず動いてくださるのがわかりました😌


どこにそんなお時間があるのか?わかりませんが、、、F先生、、寝てますか??


返事がないのは、基本対応でという事だと思います。

🔰さんは、なんでもかんでも、怖いと思いますが、、、


わかります😌私も、怖くて怖くて、ずーっと先輩お母様方に、聞いてもらいましたから😭


一緒に頑張りましょうね😌