不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

ホント〜に、久しぶりに、息子とおしゃべりしました😊

昨日、やれやれ行ったと思っていましたら、

担任の先生から、規則の届けを出さずに、午後から早退しました💢


とのお電話、、、💧


いや、用事はあったのですが、早退せずとも間に合うのに💧


でも、息子は先生に、早退しますと口頭で伝えたそうなので💧


もう、ここまで来たら、早退くらいは想定内💧担任先生、それくらい許してよ💦と思いながら、しっかり注意します、で、お電話を切りました。


帰って来た息子は、案の定、自分的には先生に言って来てるから、悪びれた様子もなく、


その後のミッションに差し障る方がマイナスと、早退するなら、生徒手帳を出さなきゃダメだよ〜くらいで、軽く流しました。


息子は、家で一息ついて、機嫌よく外出して、用事を2つ済ませました😌

これでもうひと🏔越える算段がつきました。

良かった😊


それで、前から約束していた息子の欲しがっていた誕生日プレゼントを買いに行きましたが、


その道中で、この数年なかったほど、あれこれとおしゃべりできました😊


なんて事ない話です。どんな車が好きだとか、どんな音楽を聞いてるとか。


でも、、、なんて事ない話ができて、私は幸せでした😊


息子が、小学校の高学年の頃から、思春期になって、無表情になって、無口になって、、、

皆んなそんなものだと思ってました。

もっと早くに息子の不調に気がついて、親が気を使ってやれば良かった、とか、思いますが、、、


それならそれで。家庭教育を学んでいなかったら、子供上位にして、不登校でなくても、他の形で、歪みが出ていたと思います💧


もう、過去を悔やんでも、時間は戻りません。

できる事は、今、ここから、ですね😊



きっとまた、コケて部屋にこもる時もあると思いますが、


昨日の様に、おしゃべりできる時だってあるのです。


頑張って家庭教育を実践していたら、思春期や反抗期だって、だんだん落ち着いて、家族が笑って暮らせる日が来るって、信じます😌


昨日、息子が笑って、

「誕生日がだいぶ過ぎてしまったよ。祝う気あるの?」


と言いましたので、私は、

「もちろん!たくさんあるわよ!」と言いましたが、心の中で、


いやいや、誕生日の時期は、あなたがコケててお祝いできないんじゃない😑

と思いましたが、黙ってました。

やっと、昨日、お祝いできるタイミングになりましたよ。毎年、毎年💧


プレゼントはちょっと奮発してあげました。

お父さんにお礼を言いなさいね!!と言いました😆



今日私は、午前中お仕事をして、今、息子の学校に向かっています。


第一回目の役員会の後、急いで、家庭教育推進協会の懇親会に向かいます😆

参加人数が多くなって、会場が変わったそうですね!!S先生から、ご連絡頂きました。


どなたがいらしてるかな?今日は、お時間大丈夫ですよ!!!楽しみです〜!!!


よろしくお願いいたします😌