不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

劣等生の親ざます〜😅

会社から帰って、お昼を食べたら、爆睡してしまいました💦


今日息子は、学校で、進路関係の行事があるらしいので、


また、帰りは遅いと思われます。

もしくは、その行事をブッチして帰って来るか?


いずれにしても、校則違反は改善していませんので、担任先生からのご注意は必至です💦


でも昨晩、F先生は、息子は動きが付いている時の方が、改善するから、とおっしゃいました。


いつも、そうでした💦


もし、電話でのご指導を頂かなくて、主人と私だけでシナリオを考えたら、


昨晩の主人の対応は、校則違反を改善して、明日登校する様に、と、なったと思います💧


それでは、息子は動かなかっただろうな、と思います💦


普通、親ってなんでもしっかりやらせたいですものね。


学校の先生も、しっかり学校生活を送る様に、求めます。それがお仕事ですし、息子の担任先生は、それが生徒の為になると、信じてご指導くださいます。


息子が休む理由になった、今回の担任先生との面談の内容を伺いましたら、


担任先生は息子に、学校の規則をしっかり守って、学校を休まず、課題を決まりで出しなさいと、ご指導くださったそうです💦

そりゃそうです😓


その返事を求めても、息子は、無言だったそうですが、、、


〇〇君は、卒業したいのでしょう?との問いかけにだけは、


しっかり「はい。」と答えたそうです。


担任先生と一緒に、苦笑いしてしまいました😑


って事は、1年生の夏休み明けに、F先生のコーチングで答えた通り、息子は、卒業まで、ギリギリで過ごすつもりなワケですね😭


でも、それが息子の価値観なんです💦

その部分は、親が説教をして変える事はできません。


でも、それを担任先生にご理解くださいって、言えませんから、学校と息子の間に立って、


親ができる事は、何度も呼び出されて、怒られて、頭を下げる、と。


劣等生の親ざます〜〜〜😑


ウチの子供達、、、息子が不登校になるまでは、2人共いわゆる優等生でした。


小さい時から、あまり手がかからず、本当に育てやすい子供達だったと思います。


今日、会社の上司の女性と作業しながらおしゃべりしましたが、そのお宅の3人のお子さん達は、まぁやんちゃで、小学校の時から、あれこれあって、学校に呼び出されたり、ケンカしたお相手のお宅に菓子折りを持って謝りに行ったり、、、と、現在進行形です。


ウチは、、、ホントに、そんな経験が無いのですよ💧


だからね、今の、劣等生息子の親ってポジションは初体験で、って、もう3年近くになりますが、


主人と、なぜか?まったくも〜!また学校!とか言いながら、そんなに嫌ではないのです😅


なぜかな?息子が、学校の規則を破ったり、課題を出さなかったり、、、って、失敗が、

息子の経験になるって、わかったからだと思います。


ウチは、親から学校生活の送り方については、何1つ言いませんから、息子が自分の判断で、過ごしています。


その結果の失敗です。


不登校になるまで、この失敗をさせたくなくて、手出し口出しして、子供達を優等生にしていたのだと思います。


だから、今の息子は、、、自分で決めて動いているのだから、、、この失敗経験が必要とわかったから、


嫌じゃないのだと思います😆


今朝、おばあちゃんが、息子が校則違反を改善しないで登校したのを見て、


「これだけ怒られても、貫き通すってのは、根性があるわよ。」と、笑ってました😊


おばあちゃん、わかってくれてありがとう!


〇〇は、一生懸命??失敗して、立ち上がってって、練習してるからね😊


失敗しない様にって、守ったりしないよ!!


大人3人で、ほっておこう!いや、見守りましょう😌


そして、先ほどの上司のお子さん方。たくさん親子で失敗して、ものすごく逞しくなって来ました😆


このお宅は、親子で話し合える関係ですから無敵です。

強くなりましたよ〜✊️成績は、、、まぁ簡単には上がりませんがね。


それだけが、生きていくのに必要な価値観ではない!と。


お母さんが割り切って、3人共、良い子に育っています✊️


ウチも見習いますよ〜!!

これから、これから!!