不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

でもね、叱り方が大切だと思います😌

昨日の先輩お母様とのお話しで、、、


いじめや、学校や学習進度が合わないなど、明らかな問題がある場合は、


学校を変わって、よい方向に進めると思います😌


今は、色々な教育機関がありますから、どこで学んでも、まったく問題ないと思います。


ただ、、、

これと言って大きな問題が無いのに、学校を休みがちになるのが、、、


対応が難しいのだと思います。



学校を休んだら、ペナルティー、と言いましたが、


学校を休んだらいけない、とか、なんで休むんだ、とか、こんな事ではまともな大人にならない、とか💧


その様な言葉は、子供に届かないと、、、、、

何度も経験しました💧



昨日、F先生にお電話させて頂いて、

今回の息子の休みの、分析をしてもらい、今後の学校の日程を確認頂いて、


この後の、リカバリーポイントを人工的に作る日にちを設定して、


昨晩の主人の父性対応となりました。

昨晩の、主人の言葉出しは、ゼロでした。


これから、息子の日々の様子を報告して、確認しながら、来月の始業式を目指したいと思います😌



先日の、登校を促す言葉に、担任先生からは、課題の提出も求められましたが、


それは、ウチでは息子に言う事は出来ません。


課題は、息子の責任の範疇です。親が口を出す事は出来ません。


担任先生から言われた通り、

課題をやって、学校に行きなさいよ!と、伝えたら、、普通は、その様に言うと思うのですが、


動く確率が下がると思います。



と、叱ると言っても、叱り方が大変重要と感じています。


ホントに、専門家に相談して欲しいと思いますよ💦

そんな、1人や2人の子供の不登校だけでは、経験値が足りません💦


専門家に聞かなきゃわかりませんよ💦

私は💧💧💧