不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

愛を与えてもらってる、のではなくて😊

先日の、お母さん達との記事を読んで、お友達が、ある幼児教育の方の人生相談の内容を送ってくれました。


それを読んで、気がついたのは、


今の私は、お母さん達から、愛を与えてもらっている、のではなくて、いや、愛も頂いてますと思いますが、


私が、そのままでいいよ、との承認欲求を満たしてもらっているのだな、と、わかりました。


これなら、家庭教育の、考えにもマッチします。


同じく、私も、お母さん達の事を、こうして欲しい、ああして欲しいと思わなくなったので、


そのままのお母さん達で満足、と、承認できたので、楽になったと、いう事ですね?きっと。


あ!主人に関してもそうだと思います。



子供にも、ああしたら?こうしたら?と思わずに、


そのままの子供を、そのまま認める?う〜ん、どんな感覚だろう?


そのままでいいよ、と。


そうして任せれば、子供は、子供なりに成長して行く、と、信じる。


その成長にも、ジャッジを下さない。受け入れるって、事かな?


でも、子供に関しては、、、、


F先生のご指導は、子供は失敗を経験して、その失敗から学ぶのだけれど、


自分で這い上がれない程の穴に落ちた時は、大人が手を貸して、穴から引っ張りあげてやって、動きをつけて、そしてまた、見守る、、、の

繰り返しなんだと思います。


今の子供の状態が、失敗なのか?這い上がれない程の穴なのか?


見極めるのが、なかなか素人にはできない💦


親は、これは必要な失敗💦とは、なかなか思えず、すぐに手を出したくなってしまいます💦


また、反対に、

息子が完全不登校の半年は、、、これは、ウチの場合は、絶対に息子が自分で這い上がることができる穴ではありませんでした。


それを、長い時間、見守ってしまったな、と、

思うのです。


承認欲求ですね。

子供達に、その原理を言葉で教える事はできないから、


根気強く、子供達に、笑顔を届けましょう、と思いますよ😊