不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

そりゃ、不安ですよ💧

終業式を残すのみとなった息子ですが、もう、安定のお家おこもり生活💧続行中です。


お昼くらいに起きて、お腹すいた〜で、お昼を食べて、夜は皆んなで食べて、夜中に何か作って食べて、、、


の、繰り返し💧です。

リビングでゲームをしているか?珍しく綺麗にしたからか?この頃は部屋にいる事が増えました。


とにかく、な〜んにも喋りませんし、どこにも行きません💧



高校1年の夏休みに、初めてこの生活を経験した時、私は、不安で不安で、


毎日、F先生に、このままで良いのか?このままで大丈夫なのか?

なんとかならないか?なんでもいいから、何かして動かす事は出来ないのか?


ずーっと、相談メールを入れました。


そこまで、復学させて頂いてちょうど1年。

高校に入ってからは、不安要素はありながらも、息子としては順調でしたので、どうかこのまま🙏高校生活を送ってと、切望していたのです。



が、、、その高校1年の夏休み上がりから、息子はコケ始め、、、


私は、初めて五月雨登校を経験し、継続登校の難しさを知りました😭


でも、今考えると、復学させて頂けたのは、ものすごい奇跡ですし、そのまま順調に継続登校できれは、それが幸せなのですが、、、


ウチには、この七転八倒の、苦難の継続登校の経験も、必要な事だったと、、、


過去形で言ったら、F先生に、

「何を言ってるの!まさに最中でしょう!」と叱られますが、、


必要な事と、覚悟して、過ごしている次第です💧


なんと言っても、休むたびに、主人が根気強く父性対応を続けてくれて、


息子には、お父さんの言う事を聞かなければいけない、と、こう、身体に染み込んでくれたのではないか?と思うのです。


でも、その為に、主人は主人で、日々の生活を努力してくれています。


父親からの指示は、絶対に守らせなければいけない。と、言う事は、やらせ切れない事は、言ってはいけない。と、ご指導頂いてから、


息子の生活について、色々気になる事があっても、一切何も言わずに過ごしてくれています。


私は、、、そりゃ不安ですよ。

勉強でも、運動でも、バイトでも、何でもいいから、元気に動いて欲しい、と、思ってしまいます。

今、動けなければ、将来が大丈夫なのか💧とかね。



もうすぐ、4月14日(土)に、FHE関東親の会✨が開催されます😆


F先生のご指導を卒業なさった先輩お母様方、今まさに最中のお母様方が集まって、

それぞれのお話を伺いながら、私のこの不安を、いつも聞いて頂いてます😌


こうして頂く、先を歩かれる先輩方からのアドバイスが、どれだけ私の精神安定剤になっているか、、、


本当にありがたいと思っています😆


それから、同期?同時期に支援が始まったお母様方とは、何となく、同士✊️って感じで、

もう、子供の不登校どうこうじゃない、一生のお友達となってくれました😊


ちなみに、お二人とも、支援は卒業してらっしゃいます💦ね、順調なお子さんも、たくさんいらっしゃるのですよ💦


今回は、F先生はいらっしゃるのか?お忙しいので、きっと直前までわかりませんが、


去年の夏の、家庭教育推進協会のセミナーでお会いしてから、お顔を拝見していませんので、


お会いできるといいな〜と、思いながら、伺いたいと思います😊


今回も、素敵なお店をセッティングして頂きました。

本当にありがたい事です!


とにかく、息子の様子をF先生にご報告して、先の事は考えない!


4月の親の会を楽しみに😆日々を過ごして行きたいと思います😌