不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

それではパート②😊

今日は、お掃除デー💦なんです。決めているんです。


が、動きたくない💧

主人と上の子は出かけて、息子はまだ起きて来ません。私ものんびりしま〜す😆



で、続きです。


ダイレクトアプローチを頂いて、復学支援のご指導が始まって、


でも、全てが初めての経験で、毎日巻き起こる出来事に、


ハラハラしながら、過ごす、心臓が痛い準備期間の夏休みでした。


前もって、mixiで、経験者の皆様の体験談を読んだり、先輩お母様方に質問させて頂いても、


実際に、予期せず起こる子供たちの問題行動のひとつひとつに、


ビビりながら、必死に対応していました。


それまで私は、子供たちに気を使い、持ち上げて、子供上位の対応をしていましたが、


ご指導後は、同じ黙るにしても、冷ます対応となります。


怒ったり、否定したりの言葉は出しませんが、


結局私は、提案をなくす事がなかなかできませんでした。いや、今でもできてないのです💦


なんとか息子を元気にしたくて、持ち上げて、子供上位にしてしまうのです。


よく、先輩お母様方から、

「黙るのは、黙ると言う対応をしているのですよ」

「自力登校なら、時間をかけて、子供の元気を取り戻して行くけれど、復学支援を受けるのなら、元気にする対応=暖める対応は、控えるように」


などのアドバイス頂きました。


F先生からも、私の性格から、

「あいさつ以外は、干渉!!」とのご指導となりました💦


本当に大変なひと月でした。


息子は、復学が決まって、ホッとして喜んだ気持ちと、ここまで休んでしまって、復学するのが嫌な気持ちと、


もちろん両方あったと思います。


それで、まず、なんとか髪の毛を切りましたが、、、


部屋の物をむちゃくちゃにして、暴れ、ハンガーストライキをしました。


まだ、対応に慣れずに、ビビる私に、F先生から


「喉が渇いたら、水を飲むから。ほっといて💢」


トイレから出て、フラついて、バタンと音を出して倒れたらしい息子に、駆け寄って起こしたとの報告に、


今なら、息子のアピールとわかるのですが、、、


「抱き起こした時、もし、〇〇(息子)が、あなた(私)を振り払って、あなたが怪我でもしたら、取り返しがつかない。何かあったら、距離を取る様に💢」


などと、ご注意を受けました。


そういえば、F先生のブログに、、、


以前、必ず対応を習っているはず、とのお言葉がありました。


ついこの前も


「何か嫌な予感がしたら触らず、は鉄則」と

ご指導頂いたばかりです。


そうだ。日曜日に、息子がイスを蹴り飛ばした時、どうした?と寄ってしまったのも、間違いだ〜💦


無視して部屋から出なかった主人が正解でした〜💦


と、その夏休みの話に戻って、準備期間は、訪問のS先生、A先生に、何度もお越し頂いて、復学準備を進めて頂きました。


担任先生に、家庭訪問して頂いたり、本人が教室まで歩いて行って、席やロッカーを確認したり、、、


そして迎えた8月31日の夜、


先生方がお集まりくださって、翌日の復学日に向けてのコーチングをかけてくださいました。


が、その深夜、、、


息子が私の部屋に来て、やっぱり行きたくない、と泣きました。


私は心臓が潰れる思いでしたが、息子を私のベットに座らせて、離れてすぐにF先生にお電話しました。


F先生からは、想定内、との感じのお返事で、


お父さんから、そんな、全部嫌だ、は通らないぞ!と言ってもらって、との事でした。


F先生のすごいところ、パート②がここから始まります。


ってゆーか、ここまでの事も、これからの事も、全部すごいんですよ😅

全部、全部、親だけでは、絶対にできない事、判断が間違っている事ばっかりなんです。


でも、まぁ、あえて言わせて頂くのなら、なんですが、


ここから、F先生が、我が家のお父さんを作り直してくださっているのです😌


泣いて、明日行きたくない、と言う息子に、F先生のご指導で、主人が、


「〇〇、そんなに、全部嫌だ、は通らないぞ。明日、お兄さんたちは何時に来るんだ?

お父さんも、一緒にいてやるから、それまで寝なさい」

と言って、息子を部屋に返しました。



息子が不登校になった理由や原因は、色々あると思います。


息子の性格、、内的要因も大きいと思います。


でも、親が直せるのは、家庭内の事だけだと思うのです。


そして、ウチの場合は、父性対応が機能するために、主人が、あるべき姿のお父さんになる事が、1番大切な事なのだと思います。


家族の構造を整える、、

お父さんがあるべき姿となるためには、お母さんがお父さんを立てて、お父さんの意見が家の意見としなければいけません。


そういえば、、、

いつだったか?息子の前で、主人の意見に反対した時、、、

そんなにキツイ言い方ではなくて、それ違うよ〜くらいでしたが、


F先生から、強くご注意を受けました。そのひとつで、全てひっくり返される事もある💢とのご注意でした。


だから、父性対応が、子供達に届くためには、夫婦揃って形を作る事が、とても大切なのだ、と、


ご指導頂いて来ています。


なので、F先生のすごいところのパート②は、我が家に、あるべき姿のお父さんを作ってくださった事です。


今の主人は、私にとって、理想のお父さんだと思います。


上の子も、、、結構、そう思っているのではないかな?


息子は、、、

主人が苦手です😅日曜日とか、主人がいると、うま〜く、主人と会わない様に過ごしてます。


が、、、ごはんも一緒に食べますし、おこずかいとかもらうと、ニコッとしてますし、


今はこれで良いのだろうと思います。


だから、休んでしまった時の、父性対応が入るのだと思います。



あ〜💦まだまだ、本当に書きたいところに行き着かない。


でも、もう、書くのが疲れました😅


今晩は、練習試合なんです😊この頃、強いチームも相手にしてくれる様になってきて、


今日の試合も、とても楽しみです✊️


さて、今日はあったかいし、さすがに動かなければ〜😆


ウチの息子は、F先生お初の、復学日を1日遅らせた問題児です💦


9月1日と、2日と、その後のお話は、また今度書きますね!!、


とりあえず、動かねば💦