不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

次から次へと_| ̄|○

やっと軌道に乗った、と、思っていましたら、、、


今朝の声かけの反応が鈍い、、、


2度目の声かけに、

「〇〇の病院に行きたい。。。」でした。


もう、だいぶ前から、外科的処置が必要なところがあるのに、処置が痛いのが怖くて、先送りしていて、


我慢できなくなったのだと思います💧


これは、行かなければいけない病院で、やっと自分から行く気になったのですから、


「それなら学校には私からお休みの連絡をしておくから。でも、月曜日も危ないのは、わかってるのね?」と聞きましたら、わかってる、でしたので、


学校に連絡をして、私は1時までお仕事に行きました。


帰って、病院へ行くと声かけすると、布団をかぶって、怪しい雰囲気💧やっぱり怖くなったのか💧


それで、前回の5月の治療も、まずは化膿止めの飲み薬で炎症を抑えてもらったので、


今日は、飲み薬をもらって、どの様に治療するか、相談して来よう、何か食べてから行こうよ!に、やっと動き出しました。


今日は、パッシブではないな?と判断して、

病院への途中、息子の好きなラーメンを食べました。


もし、今日、外科的処置をするとなると、明日の登校が危なくなるな?でも、早く処置してもらった方が良いし、、などと考えていましたが💦


病院の先生は、息子の様子を見て、今回も、まずは化膿止めの飲み薬で炎症を抑えて、塗り薬で様子を見るように、でした。


でも、このままでは炎症を繰り返すから、30分ほどの手術をした方が良いと思う。

混んでいて、すぐにはできないから、手術をするのは4月になってから、でどうだろう?と言ってくださいました。


息子にどうするか?聞きましたら、お願いすると言って、自分で同意書にサインをしました。


ふ〜。ベストな結果となりました😌


息子は、4月までは手術されないとわかって、安心して、この後、4月まで何回か病院で化膿止めを処方してもらって、炎症を抑えよう、となって、


帰って、機嫌よく過ごしています💧


いや、今日も、休んだのですけどね💧


今日は、必要なお休みですから。必要な病院に行くのに、親が怒っちゃいけませんね💧


って、高校生にもなったら、計画的に、病院くらい行きなさいよ!と思いますが💧


それができないのが、ウチの息子ですよ💧


こんな事くらいで怒ってたら、毎日怒らなきゃいけない、、、って、このフレーズばかりな気がする💧


まーったく、あれやこれや、引っかかる事が多くてね😭ホント、大変😑っす😑