不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

そうだった💦学校に転びに行かせてるのでした💦

今日も、いつもの息子の下校時間を過ぎて、だんだん私のストレスが上がって行きました💦


また、課題提出が遅れた事を、教科担当の先生に謝るように、注意されて、息子は意地をはって何も言わず、時間が長くかかって、

明日の登校が危なくなるのではないか?と思いました。


その時の私の思考は、


息子は頑張って学校に行っている。課題だって、提出したのだから、担任先生は考慮してくれないだろうか?

息子に謝らせる事に、そんなに意味があるのだろうか?

もう、勘弁してくれたらいいのに、、、、

もし、これで、息子の動きがは止まったら、担任先生は、どうしてくれるのだろう、、、


などでした。


それで何度か、F先生に、担任先生へ、もう勘弁してやって欲しいと、


お願いしたいと、メールしました💦


F先生からのお返事は、、、


すみませんが言えない=失敗できないという事。

それで回収できずに今まで逃げ回っている。本人が学校に残ることを取るか、意地を張る方を取るかですね。

いまはもう少しで今年度の単位が取れるので、本人も惜しいと思うのでは?

学校としては間違ってないと思いますよ。


との事でした。。。


そうです。ウチは息子に、学校に転びに行かせているのでした💦


子供達が問題行動を起こすまで、主人と私は、


子供達が、転ばないように、失敗しないように、それで泣かないように、手出し、口出しして、過保護、過干渉で育ててきました。


小学校の頃までは、親のコントロールが効いて、息子はいわゆる優等生で、失敗しないから、謝る必要がなかったと思います。


だから、中学になって、親のコントロールが効かなくなって(反抗期)転んだ息子は、立ち上がり方がわからずに、引きこもってしまったのだと思います。



F先生からの、メールを頂いて、

そうだ、担任先生は、息子にとって、1番大事な事をご指導くださっているんだと気がつきました。

考えたら、こんなおバカな息子に、お時間をかけてくださって、、、


本当は、宿題の提出が遅れたら、先生にごめんなさいと謝るなんて、小学生で、できなければいけない事を、


辛抱強くご指導くださっていると気がつきました。


今日、息子は、息子にしては機嫌よく帰って来ました。

久しぶりに、幸せの◯ァミチキ!も出て、帰ってごはんを食べて過ごしてますので、

担任先生が、なんとか教科の先生に、謝って課題を提出させてくださったな、と思いました😌


ごはんの後、息子がお風呂に入った時に、ちょうど担任先生からお電話を頂きました。


それで、心からの感謝をお伝えしましたら、


担任先生も、ご自分のこだわっている部分を

私が感謝している事に、納得してくださいました。


そして、これからも、色々とあるでしょうけれど、

協力して頑張りましょうね!!と、明るいお声でおっしゃって、電話を切りました。


今日の5時過ぎに、F先生からのメールがなければ、担任先生に、感謝の気持ちを伝える事ができたか?


また、その内容が、家庭教育に沿ったものであったか?わかりません。


息子は、失敗して、意地をはって、失敗をこじらせて、転んで、


でも、なんとか自分で、立ち上がりました😊


この経験をする為に、学校に行かせて頂いていると、感謝します😌


それにしても、息子、転びすぎだよ。

君さ〜、結構運動神経は良いのだから、そろそろ転ばないように、自分でこうさ、


石とか、穴とかさ、よけてくれない??

ホント、頼むよ〜😑心臓に悪いから😑