不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

おばあちゃん💣炸裂、、、

今朝、学校に欠席の連絡をして、おばあちゃんにも、今日は息子が家にいると報告しました。


今朝はおばあちゃんが、、、


息子は全然進歩していない、約束した事は守る様に言って聞かせなければいけない。


こんな事では、まともな大人になれない。


親が甘いのが悪い。本当にダメだと親が毅然として言えば、子供はわかるはず。


などの、世間の常識💣、、、でした。


ウチのおばあちゃん、息子が休むと、不安になって、時々💣が出て来ます💧



少し時間を置いて、話しを聞きに行きました。


おばあちゃんは、あなた方は、F先生、F先生って、自分の考えがないの?

親がフラフラしてるから、〇〇がちっとも良くならないじゃないの😠でした。


私は、、、


おばあちゃん、の話しを聞いて、


おばあちゃん、F先生はね、宗教じゃないんだからね。

家庭教育って言う、行動心理学の先生で、〇〇さん(主人)と私は、その学問を学んでいるんだよ。


本を読んだだけでは、実践できないから、F先生に、実際の行動を習ってるの。


〇〇(上の子)だって、F先生の指導がなかったら、今、納得して、この大学に行けたか?わからないよ。バイトして、だいぶ大人になったでしょ?でも、少し前までどうなるか?わからなかったじゃない。


〇〇(息子)だって、おばあちゃんから見たら、おばあちゃんが満足する様に暮らしてないかもしれないけど


本人なりに、自分で考えて頑張ってる、やってると、私たちは認めてるんだ。


〇〇さん(主人)、F先生のおかげで、本当に良いお父さんになってくれたと思うよ。


こんな年になって、改めて旦那さんの事、信じてついて行けるなんて、私はありがたいと思ってるよ。


などと話しました。


おばあちゃんは、早くに旦那様を亡くして、苦労したと思うけど、自分だけで何でも決める事ができて、楽だった部分もあると思うよ。

夫婦でいると、2人の意見を合わせなければいけない、苦労もあるし、そんなお友達が周りにたくさんいるでしょ?


F先生のおかげで、夫婦仲も良くしてもらって、〇〇(息子)の事は、どうなったとしても、2人で話し合って決めてるから。


納得してやってるから、大丈夫だからね!と言いました。


おばあちゃんは、途中から、そうよね、と言う感じになって、


お客さんが来たので、明るい笑顔に変わって、それならまた後で、と、なりました。


たまに💣が出るんです。


そりゃそうだと思いますよ。気持ちを揺さぶられるのは、良くわかります。


私だって、F先生のアドバイスがなかったら、揺れまくってたと思います。


いつもは黙っていてくれるし、そうは言っても、子供たちには、何も言わずにいてくれてます。


たまの吐き出しくらい、、、

いや、私だって、カッチーンと来ますけどね、


F先生に報告して(すみません💦こんな事まで報告して、聞いてもらう、できてない私😭)

主人にも愚痴って、


ついでに、ブログにも書いて、今日は午後からお仕事なので、ちょっと寝たら、


お〜。なんか、怒りっぽい感情がなくなった〜😆

気がする〜。