不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

やっぱりの_| ̄|○

朝、いつもの時間で起きてリビングに行くと、息子の夕飯がそのままでした💧


これは、、、、、、行かないわね😑


と、思いつつも、いつもの通りの時間で動いて、いつもの時間に声かけしました。


が、やっぱりの_| ̄|○でした。


それで、担任の先生にお電話して、お休みの連絡と、状況を伺いました。


昨日、冬休みの課題の提出にあたって、ある担当教科の先生から、

提出が遅れるなら、その事を報告するなり謝るなりしなさい、と、ご注意を受けたそうです💦


当たり前です💦


冬休みの課題は全部出したそうです。担任先生に、今日のお休みをお伝えしましたら、昨日、注意を受けた事が原因ですね、やっぱり、、、と言う感じでした💦


本当にすみません💦とお詫びしました。


この内容を、F先生にご報告しましたら、

なるほど、せっかく課題を提出したのに、説教されてムカついたのですね、


との事。ですね。本人、せっかくやったのに〜で、ブーたれてるわけですね。


それで、今晩の主人の対応は、キツくせず、

明日は行くように、声かけしてもらう事になりました。


F先生から、

まあ課題遅れてもだしたのは価値ありますからね。との、コメントも頂きました。


まったく、、、せっかくやったのだから、なにも休まなくても、、、おバカ💧


と思いますが、ちょっと息子がかわいそうになってしまって、


思わず、お仕事の前に、お昼を作ってやります、と、F先生にメールしましたら、


かわいそうだけど緩めると明日行く動機がよわまるかもよ


とのお返事でした。

そうなんです。私、すぐに甘くなってしまうのです。


こうやって、対応を間違えて行くんだな〜と思います💦


もし、F先生のご指導を受けてなかったら、


「担任の先生に聞いたけど、冬休みの宿題を、全部出したそうじゃないの!頑張ったじゃない。偉かったよ。

でも、提出が遅れるなら、前もって先生にお伝えしないといけないし、

それくらい注意されたからって、休んでしまったら、ダメよ。

もう、これ以上休んだら、留年になってしまうわよ。」とか、


たくさん言葉出しをして、自分がちゃんと伝えたと満足して、息子には、一切伝わらず、

反対に、反発のみを生んでいただろうと思うのです。


まず、これを言ってしまった時点で、担任の先生から事情を聞いたとわかってしまいます。

息子としては、親に口を出されたくないはずです💦


考えなしで、そんな間違いばかりして来ました💧


主人からも、

本当にありがたいね。F先生のアドバイス。


との返事をもらいました。ね。私たちだけだったら、

間違えた対応をたくさんしてしまう、と思うよね。


よし。今日も崩さず、1日パッシブして、夜は主人から対応です。


今日1日は、息子は休んでしまった事と、向き合って、反省?するか?


今日の場合は、葛藤だろうな。

せっかくやったのに、チッ😠でも、、、休んだら、自分が損だな、、、


と、自分で気がついて頂きたいと思いますよ💦