不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

不登校の子供のお母さん😌

私は、


復学支援機関『不登校自立支援センター』のF先生のご指導を受ける様になって、


親の会や、『家庭教育推進協会』や『ペアレンツキャンプ』のセミナーに参加させて頂いて、


たくさんの不登校の子供のお母様やお父様とお会いして来ました。


その感想は、、、


本当〜に皆様、子供思いの、普通の?いやいや、普通より?ずっと優しい、素晴らしい親御さんばかりです😌


こんな事言っちゃなんですが、、、


私は、子供たちが幼稚園の時から、ずっとPTAの役員をしたり、今もお仕事柄、たくさんの保護者の方を見ていますが、


あら?あら?と思う親御さん、、、いらっしゃいますよ💦ね、います!います!


でも、ここまで、不登校の子供の親御さんで、その様な、あらあら?タイプの方には、お会いした事がありません。。。


あ、、私がそうか?すみません💦

ホント、私くらいです💦反省💦


だから、子供が不登校になるのは、親御さんの責任ではなく、本人の気質と環境及び環境変化が大きいと思うのです。


私は、専門家ではないので、ただの私の経験や、伺った体験談からの推察ですが、


子供がそんな気質を持っている、その気質で、学校に行けない、行かない、行きたくない?

などの行動に出ているのだと思うのです💦



昨日、思うところがあって、同じF先生からのご指導を受けているお母様の、mixiでの日記を初めから読ませて頂きました。


私の大好きなお母様。本当に頑張り屋さんで、明るくて😊笑いのセンスも大好きです。


その息子君も、まず、お名前からして、ウチの子供達とのご縁を感じるし、、、


日記を読むと、明るくて、優しくて、とても優秀なお子さんです。


それで、改めて、F先生のご指導は、『完全オーダーメイド』で、家庭や子供によって、全然違うのだな〜と、実感しました😌


ウチへのご指導と、全然違います。


ベースになる家庭教育の原則は同じでも、実践は各家庭で、こんなに違うんだ〜と、思いました。


ウチだけでも、上の子と息子への対応のご指示か違いますので、そりゃそうです💦


つくづく、、、主人と私だけで対応していたら?まだ息子は、暗い部屋の中で、うずくまっていただろう、と思いました💧


学校に行かせる、、、いや、自分で学校へ向かう様に、子供が稼働する様に働きかける事、、、


1日や2日でできる流れではありません。


その家庭と子供に合った働きかけをご指導頂いて、時間をかけて、親が、努力して、

そうして、何度裏切られても諦めない✊️

強い気持ちで、先生について行くだけなんだと、


そのお母様の日記で、思いを新たにしました😭


頑張りましょう😭いつか、笑い話になる日まで😭

みんな、ついてます✊️みんな、一緒です✊️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。