不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

やっと五分五分😐

F先生〜ありがとうございます。

2学期になってからの登校が、やっと五分五分になりました😌


ウチの息子は、、、


登校が安定している時は、元気があります。

やっぱり学校は、楽しいのだと思います。


ま、何も言わないので、息子の様子から感じるしかないのですが💧



それならさ、休まず行けばいいのにさ、

まったく💧



ところで、ウチの息子は本当に何も話しません💦

そして、親も、ほとんど話しかけません💦



私から話しかけるのは、おはよう!とかの挨拶と、ごはんですよ、とか、息子の好きなおやつを食べる〜?とか、もちろん、用事があれば言いますが、


基本そのくらいです。


F先生も、先輩お母様方も、そんなものだとおっしゃいますので、

こんなものだ、で、2年がたち、だいぶ慣れて、息子と居ても黙っているのが、やっと辛くなくなりました😌


以前は、沈黙が辛くて、、、

何か会話がしたくて、余計な事を話しかけて、

子供上位にしていました💦



家庭教育の原則に、

「メシテイ(指示、命令、提案)を避ける」と

あります。


親が、メシテイの会話を多用する事で、子供が自分で考える力や、先回りによって、失敗の経験を奪ってしまうからと理解しています。


指示や命令は、わかりやすくて、


〇〇しなさい!〇〇してはいけません!などの、強い口調の内容は、抑える事ができますが、


問題は『提案』です。


ウチは、上の子は、普通に話しかけてくる子ですから、


自然と、それならこうしたら?とか、これがいいんじゃない?とか、


気をつけてみると、会話が提案ばかりになってしまいます。


母親って、そんな生き物なんでしょうね。


意識した会話をしないと、提案という緩やかな命令で、結局子供をコントロールしてしまいます。


その提案の先に、


あなたの人生なんだから、このままじゃダメなんじゃないの、とか、あなたの為に言うのよ、とか


子供に良かれと言うフリをして、脅して、動かそうとしてしまうのだと思います。


なので、メシテイを排除しようと思うと、本当にお口🤐になって、子供によっては、会話なし、となってしまうのですね。



沈黙の空間って、慣れるまで辛いですが、、


慣れたら、会話は無くても、同じ空間にいるのは、相手を求めているって、、


なんとなく感じる様になりました😊


また、夕方息子が帰って来ても、何も言いませんので、何があったか?なかったか?


全然わかりませんが、、


親が、余計な事を聞かずにいたら、学校の問題が本人のものになるのだと思います。


大丈夫か?聞きたいんですけどね😅


聞きませんよ〜。本人の問題、本人の問題。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。