不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

消しゴムのカスがありました🙂

今朝起きて、リビングに降りましたら、

息子が起きていたらしく、


少し笑顔で、おなかすいた〜でした。


ここしばらくは、朝食べる事が無かったので、

珍しい、笑顔も久しぶり、と思いながら、作っていると、上の子も起きて来て、


〇〇、昨日徹夜したでしょ?でした。


そうなの?とか言いながら、テーブルを拭きましたら、、、


テーブルに、消しゴムのカスがありました🙂

ふと、横を見ると、宿題らしい問題集も、動いてました🙂


やっと宿題を始めたらしいです😅


良かった〜と、思いましたが、、、


食事の後は、またゲームで、その後は宿題を置いたまま、部屋に入っています。。。


まずは、宿題が息子の意識にあったとわかって、良かったと言うところです💦


実は、、、

夏期講習を休んでしまった10日間、学校の担任先生から電話がありませんでした。


もし、夏期講習が、重要でしたら、途中でお電話等があったと思います。


最終日の昨日、担任先生からお電話を頂いて、息子の状態を報告しましたが、夏期講習を休んでしまったペナルティーなどのお話はありませんでした。


F先生からも、やはり学校も夏期講習は重く捉えてないか、、とのメールを頂きました💦


もし、主人と私だけで判断していたら、夏期講習も、学校のお休みと同じ対応をしてしまうところでした💦


全部、ちゃんとなんて、、、

やりませんよ💧いいんです💧


わかって来ましたから😐


お仲間のお母様方からも、夏期講習なんて行った事ない、とか、良く休んだ、とか聞きました。


そんなもんだ、と思います😓


だから、夏期講習を休んでも、ウチの対応は、

親は普段通り、で、注意もなしでした。


朝の声かけは、10日間しました。

前半で主人から、夏期講習に関しては、自分の判断で、と伝えてありましたから、

前半休んでしまってから持ち直すまで、だいぶ日にちがかかりましたが、


後半は、夏期講習の日程中から、リビングに降りて来れました。

それが昨晩の宿題への取り組みに繋がったのだと思います。


F先生からも、前半の声かけが、効いて来る頃、、とのメールを頂きました。

まさに、この事だと思います😌

私はFマジック!!だと思うのですよ✨



それで、息子が全く動かなかったからだと思いますが、F先生のご指示で、今日、担任先生から、息子にお電話を頂く様にお願いしていました。


が、息子はなんとか自分で動きだしました。


主人と私の考えでは、なんとか動きだしたので、担任先生からのご注意は、登校してから学校で受けた方が良いのでは?です。


今、F先生からのお返事を待っています。


主人からも、先生からのお返事を待とう、とのメールがありました。


うん。落ち着いてね🙂

息子に必要な対応をして、後は信じて見守る、だよね。


それでどうするかは、、本人の問題だからね。

どうなるかは、わからないのよね。


そして起こった事柄に、また対応だよね。


これで終わりじゃない✊️

ここから、ここから✊️


上の子も、大学の課題提出があるらしく、今日は家です。


めんどくさいとか、やる気がでないとか、体調が悪いとか、

ブーブー文句を言いに来て、終いには、


日本では欲しい薬が、病院の診察を受けないと買えない上に、高額だ。


日本の制度が間違ってる💢と来ましたよ💧


そんな事言われても💧


そうだよね〜。私もそう思うよ〜。

とか言いながら、出た出たアピール!と思いながら、


離れました😅ブーブー言わずにやりなさい!ってね、思ったけど、黙りました。


触らぬ神に祟りなし、、、

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。