不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

キーマンはお父さん🙋🏻‍♂️

今朝起きて、、、まず、主人のところに行きました。


ねぇ、、〇〇に、木曜日行けって、言わなくていいのかな?課題もやる様に言ってよ、、


主人、、、もう、全部言っただろ。

本人がわかってるから。ほっておけ。


私、、、う〜〜〜😑わかってる、わかってるけどさ〜。


と言う様な会話を、今まで、何回したでしょうか。。。



息子の不登校が、いきなり始まった時、本当に立っているのも辛くて、主人に寄りかかって、やっと動けていました。


主人は、その時から、息子を静観してくれました。


不登校の初期に、主人が静観してくれたから、

その後の、ご指導の父性対応が息子に届きやすかったのだと思います。


お仲間のお話や、お友達のお話を聞くと、、、


不登校だけでなく、子供の問題行動が起こった時、お母さんは、割と早目に事態を理解して、子供への対応を変える努力をするのに、


お父さんが怒ってしまって、子供の反発が起こり、問題行動が大きくなる、、と聞きます。


お父さん、悪気はないんですよね。。。

それに、怒るお父さんって、強い父性として、

悪くないと思います😌


でも、それまでと同じでは、、、お父さんの思いはなかなか子供に届きません。。。


どうしたらいいのかな?


私は、まずは、お母さんが、お父さんに、家庭教育のPCM理論の11項目を使ってみる事をお勧めします😆


アクティブリスニングで、お父さんの言い分をしっかり聞いた上でって、ここが大事ですね。まずは、お父さんの言い分を聞いてね、


アイメッセージで、私はこうして対応してもらいたい、と伝える。


などなど。


お父さんに、指示、命令、提案をしない。。。


お母さんの価値観を押し付けない。


あ〜。あとは

お父さんの不足、不満を言わない!!これでした。

お父さん、ありがとう。お父さんのおかげですって、、、


言えない?言ってみる?


私はクセにしてみました。ありがとね。お父さんのおかげですよって。


などなど。


親が変われば子供も変わる〜、前に

お母さんが変われば、お父さんも変わる〜、で、どうでしょう??


家庭教育の理論を使うと、誰とでも、良い関係になれますよ!!


私は、おばあちゃんとも、子供とも、もちろん主人とも、とても良い関係になれたと思っています。


だから、毎日、息子が学校に行きます!ではありませんが💦


問題が起こった時に、2人で一緒に立ち向かって行けて、有難いと思っています🙏

ウチで言えば、その事をおばあちゃんが、黙って見守ってくれているのも、精神的に大きいです。


子供の前に、他の家族との葛藤があると、疲れが倍増ですものね。。。



私も、おばあちゃん、主人との葛藤の時間が長くて、ケンカばっかりしてたから、、

わかります✊️


おばあちゃんと、仲が悪かった時の同居は、辛かったです〜。同じ家にいて、、相手の動きが気になってしょうがなかったです😱

おばあちゃんの存在が嫌で嫌でしょうがなかったんです。

不思議ですね。

今は、おばあちゃんの存在が全然気になりません。


全部、家庭教育のおかげです😊


騙されたと思って⁉️いや、別に騙しじゃなくて、心理学だから、当たり前ですね。


だから、子供の問題行動がなくなる、のではなくて、問題行動が起こった時に、立ち向かって行きやすくなるって事ですね😅



初めてダイレクトで、先生方がウチに入ってくださった時、U先生に言われたのが、、、


何が正しいかは、各家庭の価値観だけど、子供の前では、お父さんの意見に反対しない様に!

2人の意見を揃える事が、1番大切!


でした。実際に意識してみると、子供の前で、主人の意見に反論してました〜。


やっぱり、まだまだですな🤐

親ができる事、まだまだありますね❗️


頑張りましょう✊️

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。