不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

渋谷、暑かったっす💦💦💦

疲れました〜💦


渋谷は暑いわ、上の子の買い物熱は熱いわ、

呼び込みのお姉さん達の掛け声は熱いわ💦


お姉さん達の掛け声、真似できる様になりましたよ😆


「今から3時まで、時間限定30%オフで〜す!」いやいや、ずっとやってるでしょ😅


と、言う事で、早々に別行動にしました。


以前にも書いたのですが、上の子と私は、洋服の趣味が全然違います。

一緒に買い物をすると、どうしても私の趣味に誘導してしまうので、なるべく口出ししない様に気をつけています😊


今日のお買い物は、自分のバイト代から出すと言うので、お金を半分手伝ってあげました。

高校時代は、どこへ行くにも制服でしたので、今は設備投資?です。ある程度私服が揃ったら、後は自分でやってね、と言ってます。



復学支援のご指導を受け始めた頃のお話ですが、、寒いだろうと思って、息子に膝掛けをかけてあげたら、先生から、結構強く?注意されました。


その時私は、優しいお母さん?じゃないけど、それくらい、いいのでは?と思いました。


が、家庭教育を学んでわかった事は、、、


暑い寒いなどの身体的な感覚は、各自違うのだから、それこそ親が干渉したら、自分で感じる力がなくなってしまう、、と言う事なのだと思います。


これまで、色々な事、結構厳しくご注意受けて来ました。

だいたい、良かれと思っていた私の働きかけが、過干渉から子供上位にしてしまう問題行為でした。。。



その反省を踏まえて、子供との距離を取らなければと思っています。


親と子供は別人格です。


何を考えてるか?それは、、、もう、高校生にもなったら、親は全部知らなくていいのでは?


いや、あえて、知らない方がいいのでは?と思っています。


親に話す事の全部が、本心なのかはわかりません。

なんと言うか?潜在意識で、親に喜んでもらいたくて、自分の意見を親の価値観にすり合わせてしまうかもしれません。


だから、、あまり、子供の全部を聞かなくていいんじゃないかな??聞かない方がいいんじゃないかな??


ウチの息子が、あまりに話さなくて、F先生に伺ったら、、


(高校に入学してすぐの二泊三日の合宿から帰って来て、どうだった?と聞きましたら、楽しかった〜と答えました。)


楽しかったって感想を親に言えたら、充分本音で話してるよ、と言って頂きました😌


だから、、そのくらいでいいのかな?と思ってます。


何を考えて、どんな趣味で、将来どうしたいのか??

本人達の、大事な気持ち。。。


でも、まだまだわかりませんよね。

変わって行くかもしれないし。


なるべく、本当に自分で決める事が出来る様に、、、


やっぱり黙って、見守るしかないかな???


で、上の子が買った洋服は、、、

また、同じパターンで、、、他の色や形にしたら良かったのに💦

と、思いましたので、余計に一緒にいなくて良かったです😅


自分の好きにしたら良いのです。


その後、渋谷はね、駅から少し離れた方が落ち着いて、美味しいお店があるよ!


で、少し歩いて入ったお店が、良い雰囲気で、安くて美味しくて、、

年配のご夫婦がたくさんランチしてましたので、、、


正解✨で、嬉しかったです。


こうゆう、まだ子供の知らない情報は、教えてあげてもいいんですよね😆

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。