不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

それなら、なぜ学校へ行くのか??

と、なりますよね。

記事を続けて書いてみますね😊


勉強は適当で良いなら、なぜウチが学校にこだわるのか?と思われるでしょう。


それは、ウチの夫婦はここまでの学びで、


「学校へは、嫌な思いをする為に行く」と理解したからです。


言葉が正しいか?不安ですので、先生方、先輩お母様方から、訂正を入れて頂けましたら、直します😌よろしくお願いいたします😌


学校へ行けば、本人にとって嫌な思い、理不尽な思いをします。

不登校になる様なタイプでしたら、不登校にならないお子さんよりも、ひっかかる事も多いと思います。


ウチの息子は、ほとんどの他のお子さんが問題ない校則に、思い切りひっかかります💦💦💦

その問題で、どれだけの日にちを休んだか?

休んだ日にちを聞いたら、腰が抜けますよ。

いや、マジで😭


学習面だったり、人間関係だったり、ひっかかる部分はそれぞれですし、たいがい複合要因となりますが、、、


その問題を、完全解決✨

ではなくて、本人なりに、、、本人の程度で

乗り越えて行くのが、社会に出る為の、大切な

学びとなると思うのです。


以前、F先生から言われたのは、、

趣味の集まりとかでなく、ランダムに集まった、クラスメイトの中で、なんとかかんとか?して、居場所を作る事が社会に出る練習になる、でした。


嫌な事、理不尽な事を、正面突破で立派に乗り越える、


もしくは、そこを避けて、向き合わずに済ませてしまう、


のではなく、休んでしまったりを入れながら、

なんとか乗り越えて行く、次もなんとか乗り越えて行く、、、

そうして、本人なりの乗り越え方が、わかって、少しずつだけど、強くなり、生きて行く自信が付いてくる、のが社会に出る為の練習になる


のだと思うのです。



家にいては、嫌な思いは経験できません。


嫌な思いを乗り越える練習は、学生の間にするのが良いと思います。


先輩お母様から、

学生の間の失敗は、必ずリカバリーできるから、大いに失敗させて、それを乗り越える練習をさせましょう!!


と伺って、本当に、目からウロコでした。

失敗しない様に、と、前もってやらせるのが、良い母親だと思ってましたから😆


でもね、それだけじゃないですよ。

ウチの息子ですが、普通に学校に行けてる時は、元気があります😆


帰りに、誰かと遊んだりもしてませんが、


学校自体が、楽しいのだと思います。

何にも言いませんが、、私はわかります。


不登校の初期に、、つまづいてしまった子供に寄り添って、登校を無理強いしないで欲しいと思いますが、、


ずっとそれでいいか?

私は、違う、と思いました。


私は、息子は学校へ行きたい気持ちがある!と思いました。

しばらく黙って休ませるのが、どれだけの期間を取れば良いのか?は、それぞれのお子さんによって違うと思います、、、



息子ですが、高校になってからの大コケを乗り越えてちょっとだけ、強くなった気がします。

ちょっとだけです。それも、気がするだけ😅


でも、親も、ちょっとだけ、意味がわかって来た気がします。

こちらも、もちろん、気がするだけですが😌


でも、次にコケても、、、

諦めません✊️主人と一緒に、頑張ります✊️


そうです!この大コケを乗り越えるので、

お父さんの立場が、息子の中で大きくなったのだけは確かです!!


F先生に、そうして頂きました😆


息子に、1番大切な物を頂きました✨✨✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。