不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

期末テスト✊️

もうすぐ、期末テストの時期ですね。


ウチの息子は、中学2年3学期と中学3年1学期が、完全不登校でしたので、、、


中学3年2学期に、先生方に復学させて頂いてから、初めての定期テストが、中学3年2学期の中間テストでした。


復学予定日の9月1日は、行けず、その夜、もう一度大きなダイレクトを長い時間かけて頂いて

、その後、9月1日の夜は、爆睡してました。


何日か前から、9月1日の復学日を思って眠れなかったと思います。。。


翌日の、9月2日は、憑き物が落ちた様に?すんなり登校しました。。。


8ヶ月ぶりに登校した学校は、学力テストの日でしたので、クラスメイトもそちらに集中して、良かったと思います。


息子は、2時間目の確か国語?を、保健室で受けたそうですが、担任の先生が連絡してくださいましたので、F先生に報告し、


すぐに教室に戻してもらって!!で、3時間目からは教室に戻してもらいました。


F先生のご指導は、初めに高いハードルを越えさせて、後は楽に感じる様に、との事だと思います。


復学させて頂いてからの息子は、だんだん、だんだん元気になって行きました🙂

すぐに、もう安心!ではありませんでしたが、

何日か後には、自分は受験生だから、と言って、高校進学の意思を示しました🙂

主人と、嬉しくて、影で泣きました😭


もし、先生方にお願いできなければ、、、

息子は、まだまだ暗い部屋でうずくまっていたと思います😭


その後の中間テストは、確か学年で半分くらいだったと思います。

もう、十分!と思いました。

が、大げさに褒めてはいけないのです。。。


学校に通って、勉強するのは、普通の事ですから。。。

特別な事では無いのです。


大げさに褒めたら、自分は特別な事をやっている、親の為にやってやっている、となってしまいます。


だから、影では、有り難くて先生に手を合わせて、泣いてましたが、


子供たちの前では、普通〜にしてました😅

まぁ、嬉しいのがダダ漏れで、バレているのですが、、、


でも、言葉には出しませんよ!

当たり前の事です。


定期テストの成績表に、親からのコメント欄がありました。

息子が嬉しそうに持って来た、中間の成績表。


思わず、よく頑張ったね!!と言いました。


先生に伺ったら、努力の過程は褒めても良いそうなので、それは良かったと思います。


その時、コメント欄に、なんて書いたら良いか?の質問に、先生が教えて下さった、


「本人なりに、頑張りました」


と言う言葉が、私にとって、とても大事な言葉になりました。


そうです。本人なりで良いのです。

他の人と比べる事なく、自分が納得できたらそれで良いのです。

大してやらなかった、でも、本人が良ければ、それで良いのです😊


本人なりにね!


この頃、本当に、本人なりにやってますよ😊


言いませんがね、


頑張れ!頑張れ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。