不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「返報性の原理」だそうです🤔


昨日は、会社の組合主催のボーリング🎳大会でした!

全国の支店が、それぞれ支店の近くのボーリング場で期間内に大会を行って、

支店どうしで点数を競います。ウチの支店の参加者は17名。内女子4名。

1人2ゲームですが、女子は1ゲーム20点ハンデを貰えるので、

私は、合計215点+40点=255点で、総合3位でした〜🤣最年長のおばちゃん頑張った!

若いモンを蹴散らしてやった〜🤣


さて。そんな楽しかった趣味のスポーツの大会、ボーリング大会の合間を縫って、


実は「家族会議」も開催しておりましたよ😑

まったく😑


現在の息子の状況は、大学4年を「おかわり」しておりまして、ですね。

残す数単位を、前期で取り切って、9月に卒業を目指しております。

ってか、卒業してくれなきゃ、困ります😑


免許はスタートさせましたが、こちらはまだ時間の余裕がありますので、とにかく7月の考査までは、「卒論」優先なのですが、

どうしても欲しいモノがあって、お金が必要な息子。


「自分でバイトして買わなきゃいけない」のは、

何度も言って来てますが、7月の考査までは、バイトまで手が回らない。


そこで、主人と相談して、F先生に報告して、

家族会議で、主人から息子に、必要額を渡す事にしました。


突っぱねようか?とも思いましたが、、、。

あんまりモノを欲しがる子では無いし。この欲しいモノが、息子の元気の源になっている、ので、ここは出してあげたい、親こごろ。


「家族会議」では、まずはテーブルの上を片付けて、テレビを消して。

両親の前に息子を呼んで、F先生にチェックして頂いた「シナリオ」を、息子に伝えて行きます。


今回は、

①卒論の進捗を確認して、前期の卒業を目指す事。

②今回は、親がお金を出すけれど、次は必ず自分でバイトして買うこと


どちらも息子は同意して、「ありがとう」でお金を受け取って、クローズドとなりました。


そして主人が内容をF先生に、報告したところ、


「ちょうどいいくらいの対応になっていたと思います!本人も意地を張らずにサービス受けたので返報性の原理で本人が次頑張ってくれると思いたいですね!」と、お返事頂きました😌


「返報性の原理」です。さすが専門家のご指導です!

調べてみたら、興味深い内容でした!ので、ぜひ調べてみて頂きたいです😌


子供に見返りを求めても、その様になる事は稀ですが、それでも諦めないで、子供の稼動率が上がる「手」を考える。

でも、やり過ぎないで。と。ホント、子育て?

いや、「人間を自立させる」ってのは、難しいモンですね〜💦


働く人、全てを尊敬致します😌

我が家の子供達も、「働く人」になっておくれ〜!!

×

非ログインユーザーとして返信する