不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

学力に合った学校🤔

ウチの子供たちは、学区の公立中学に行きました。

主人も卒業した学校です。


主人も私も、県立普通科高校の出身です。

ここも、私の地元も、私たちの時代は、公立残念で私立という感じでした。


時代は変わって、この地域も、少ないとは言え、中学受験して抜けるお子さんもいますし、

ここは都内も通えるので、高校も、公立より偏差値の高く表示される私立もあります。


ウチの上の子供も、公立を受けずに、私立高校に進学しました。


ウチは、普通のサラリーマン家庭なので、上の子供には、私立に進学するなら、予備校は無理よ、と言っておきました。


それで、上の子供は、学校の勉強だけで、大学受験を終わらせたので、周りの公立高校に行って、予備校セットのお話を聞くと、費用的には

そんなに変わらないか?少ないくらいだったかな?と思います。


息子は、、、

高校を選ぶ時、何と言っても休みの日数が120日でしたので、初めから公立は諦めました。


上の子供の様子を見て、私立高校の手厚さを実感していましたので、私立高校を5校ほど、主人と3人で回りました。


私立高校は、それぞれ学校のカラーがありますから、お休みの日数で、全くダメな学校と、要項には30日と書いてあるけれど、検討しますよ、と言ってくださる学校とありました。


確か?私立高校は、中学3年二学期の成績で、推薦などを検討してくれる学校が多かったです。


息子は、定期テストは、それなりに頑張る人なので、中学3年二学期の成績は、、、


中学の先生方も、それまで完全不登校だった子供が、初めは真っ青い顔をして、それでも初めから教室復帰をして、休まず登校するのですから、、、きっと情状酌量してくださって、、


オール普通で揃えて頂けました😭有り難くて泣きました😭あ、英語だけはさすがにひとつ下でしたが、、、


それで、推薦Bなどになんとか滑り込める学校が、それなりにありました。


そこで、、、その中で、、、

まずは大学付属の学校を考えました。一般受験では、大変な大学も、高校からなら、、高校の定期テストさえしたら、、そのまま上がれる!との思いでした。


息子もそのつもりになりましたが、過去問をやりだしたら、とても難しくて、諦めました。


私としては、単願なら、合格点が低くても受かるし、難しいのは、特待のレベルチェックの為だから、、行けるなら行かせてしまいたい。。。


と、思いましたが、本人が無理、でしたので、

それならしょうがない、でした。


それで、4校目の学校説明会で、今の学校に決めたのですが、決め手は、息子がこの学校の過去問を見て、これなら解ける!と思ったからです。


説明会で、学校の特色などをビデオで見て、本当に普通の共学高校で、主人と私は、本人がここが良いのなら、と納得しました😊



その、自分の学力に合った学校に行ったのが良かったのかもしれません。


上の子供の学校は、高校2年生までに、全てのカリキュラムを終わらせて、残り1年は、大学受験の問題対策をします。

授業のレベルは高いし、進みは早いしでした。


今、息子が、それでも勉強に取り組めてるのは、なんとか授業がわかるからだと思います。

ついて行けるレベルの学校を選んで良かったと思いました。


まぁ、とにかく、学校、受験に対する考え方も、リスク回避となって来ます😅


普通のお子さんなら、乗せて乗せての時期だと思うのですが、、、


ウチの場合は、リスク回避です🙂それで良いと思える様になって来ました😊


前の私なら、大学受験を調べまくって、この教科なら、この塾、この通信教育、いや、家庭教師??と、用意しまくって、やらせて、、、、


少しでも、上の学校へ!と動いたと思います。


今は、とにかく、自分の意思で、自分の足で、学校に通う事✊️が、最大の目標となりました。


上を見たらきりがないです。

自分がやり切れるものを、自分で選んで、やって欲しいと思います😌

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。