不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

「寄り添う」と「甘やかす」を間違えないように気をつけたいです😌





今日も暖かい関東です!

朝一でお友達から、娘ちゃんの公立高校合格💮のお知らせがありましたので、お祝いとウチのオカメ桜🌸の写真を送りました😊


そのお友達ってば、私より20才近く若いのです🤣

家計が苦しいから、どーしても「公立高校」じゃないとムリ😓と。

そーゆーお宅のお子様はね、ちゃんと感じて、そのように動いてくれる、訳ですよ。

合格して、本当に良かった😊


そのお話に通じるモノもあるのかな?と思いますが、昨日の記事の続きです😌


我が家の場合ですが、息子が中学2年で

「突然の完全不登校」になった時は、主人と私は、息子がふざけたり、怠けたりで学校に行けなくなった、とは思えませんでした。


だから、叱ったり、反対に慰めたりせずに、ひたすら黙って、普通に過ごして見守りました。

まだ、F先生に繋がる前でしたので、どうして良いのかわからないなりに、その時は、

「フラットに過ごす」事が正解?かはわかりませんでしたが、マイナスは取らないだろう、と。感じたのだと思います。


フラットに過ごしながら、子供達にはわからない様に、裏で必死に、情報をかき集めて、

F先生の「不登校自立支援センター」に、繋がる事ができました😌


そうして、中学へ復学させて頂いて、全日制の私立高校へ進学させて頂いた訳ですが、


順調にスタートしたと思われる高校1年の夏休み明けに、

息子は再度の「不登校状態」に突入しました😓


私は、この時以降の息子の不登校、行き渋りに関しては、多分に

「怠け」の要素が多いと思っています😑


一度不登校を経験してしまうと、本人の表層意識のいかんに関わらず、何かあると、

「休む」と言う行動を選択しやすくなってしまうのだと思います。


高校、予備校の息子の「休み」について。

どれだけF先生ご指導の、「パッシブ対応」を重ねて来たか?数える事もできませんよ😑


「ふざけんなー😡」と。布団をひっぺがしてやろうと思った朝。


「あんたの欲しかった〇〇を買ってやるから。とりあえず今日だけは行ってください😭」と

思ってしまった、マジで出席日数がギリギリの朝。


たくさんの辛い朝を過ごしましたが、基本は、

「泣いて床に寝転んで、お菓子を欲しがる子供」への対応と同じ『パッシブ対応』です。


『朝息子が起きなかったら、親は黙って息子と距離を取って、本人に葛藤と反省を促す』でした。


でもこのパッシブ対応は、簡単そうに思えるかもしれませんが、揺るぎなく、毎回実行するのは、本当に大変な事なのでございますよ😓

私の感想は、

「素人の親だけで、やり切れるモンじゃない💦」です。


ちなみに私は、F先生のご指導を受けるまでは、

「1番やった事がない対応😓」だったと思っています。


もし、F先生のご指導を受けていなければ、

私の性格から言って


「なぜ?朝起きないのか?」

責めるなり、心配するなり、どちらにしてもしつこく迫って、息子の

「体調が悪い。頭が痛い。気持ち悪い。」を引っ張り出してしまったと思いますし、


「嫌な校則検査の時間はサボっても良いから💦留年にならないように、この教科だけは行きなさい💦」などと、交換条件を出して、

「誤学習」を強化してしまっただろうな、と思っています。


そうして、「パッシブ対応」で、本人の葛藤と反省を促してから、時間をおいて、


F先生のご指導にのっとって、

このややこしい「暗黒思春期反抗期」の👽にも届く言葉で、その時の息子に伝えるべき事のみを、伝わる言葉で届けて来ました。


主旨としては、

「義務教育の中学を卒業したら、働くか?学校に行くか?」です。

ホントに根気良く、何度も何度も対応を続けて来た訳です。


私がお伝えしたい事は、そのお子さんの行動は、

「寄り添うべき事柄」なのか?


「それは違う🙅‍♂️🙅‍♀️と。子供に伝える事柄」なのか?

間違ったら、いけないなーと言う事なのです。


親が子供の「問題行動」に寄り添っていては、いつまでたっても、

子供は同じ「問題行動」を繰り返してしまうのではないかな?と思いました😓


子供が嬉しい時。辛い時。悲しい時。

親だけは寄り添ってやりたい、と思います。


でも、やっぱり

「違うモノは違う」と。「ダメなモノはダメ」と。伝える事も、親にしかできないのではないかな?と思いました😌

その線引きが難しい上に、


「ダメなモノはダメ🙅‍♂️🙅‍♀️」による、

『消去バースト😓』を乗り越える、苦労が次に発生する訳です。


(『消去バースト』に関しては、また難しいので、私が説明できる自信はなく😑

ぜひ、家庭教育推進協会のS先生の最新記事を読んで頂きたい!と思いました。)


ホント。まだまだ親が学んで、頑張れる事はたくさんあると思います!

諦めないで、頑張りましょう😅


本日はお休みでしたので、なんか長々と書いてしまいましたー😅

でも、朝から用事をたくさん終わらせて、ホームセンターで「ペチュニア」の苗一個98円をいくつか買って、


どんな植え方が有効なのか?実験を始めましたよ!!

こんもり✨育てて、ご報告したいでーす!



×

非ログインユーザーとして返信する