不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

思春期鬱😓

思い返すに、息子は、中学に入る頃から、無表情で何も話さなくなりました。


小学生の高学年までは、、、


周りのお友達より落ち着いた感じで、騒ぐタイプではありませんでしたが、スポーツが得意、


勉強も、できる方だと思ってました。

お友達もたくさんいて、息子と遊ぶ順番を待っている、と、お母さん達から言われました。



本人も、高校に入学してすぐの頃、自分は、小学生くらいが、人生のピークで、全部の運を使い切った?などと、言ってました。


私が思うには、中学に入って、周りのお友達が成長して、勉強、運動、共に、親や周りや、何より自分が納得できる結果を出すのが大変になって来て、


落ち込んで行ったのではないか?と思います。


それが、思春期鬱、、正確にはわかりませんが、、となって、


不登校という症状となって、動けなくなってしまったのか?と思うのです。


中学2年の1月から、復学支援の先生方が入ってくださった中学3年7月末までの7ヶ月間で、息子の髪の毛は、肩より伸びてました💧

真っ白で、やせ細ってしまって💧

人ともほとんど話さなかったので、先生方が初めてコーチングしてくださった日は、、、


YES NOも言えなくなっていたそうです。


その時、もし、病院に連れて行っていたら、、

間違いなく、思春期鬱、、などの診断が出たと思います。。。


それから、あのダイレクトから、もうすぐ2年になります。


この頃息子が、それなりですが勉強しています🙂

昨晩、家族で夕飯を食べながら、なんとなく将来の話しになりました。


息子、、まだ、進路が決まっていない、という事が、やっとわかって来た様です😆

職人になりたい、と言いましたので、


私は心から賛成しました😆

それで、それなら、専門学校もいいんじゃないの?と言いましたら、


そこは本気モードで、嫌だよ。大学に入ってからだって、何になりたいかは、変わっていくでしょ?でした。


主人も、高校2年の時は、技術系の専門学校に行きたかった、でも、センスがなくて?普通の大学に行った〜などと話して、、、


家族で、ま、これから考えて、自分で調べなさいよ、応援するから、、となりました🙂


私は、、、

息子が、やっと将来の事を、少し考え出したのがわかって、嬉しかったです。

でも、、大騒ぎしない。先回り、干渉しない。

です。。見守ります🙂



息子の問題行動が始まって、将来が不安で、

こんな事で、この子はどうなるんだろう?と

本当に辛かったです。

いや、過去形ではありません!!

今、まさに、その渦中の状況です💧



でも、先生は、、、

大丈夫だよ、とはおっしゃいませんが、いつも、


こんなもんじゃない?この年頃の子は皆んなそうだよ、普通でしょ、という感じで受け止めてくださいます。


だから、親も、そうか、皆んなそんなものか?と思うのに慣れて、


それで、将来の否定や人格否定をしないでいれるのだと思います。


先生は、たっくさんの、ややこしい系思春期

男子女子を見ていらして、、、


そのややこしい時期は一時期だと、伝えてくださってるのかな?と思うのです。。。



親ができる事は、家庭教育の実践ですね😌


子供の調子が良くなると、嬉しくなって、私がはしゃいで、余計な口出しが多くなってしまいます!、


反省して、、今日も1日頑張ります✊️

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。