不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

ガチャ😱いや、UFOキャッチャーらしい😵

昨日はお休みでしたので、家の事をひと通りやって、コーヒーを飲みながらのんびりしていましたら、


お知り合いから、

「息子が、公立高校の後期受験に落ちてしまって、家で息子と揉み合いになって負傷した」とのメールが入りました😥


私は、そのお子さんの事も良く知っているので、

「ちょっと待って、落ち着いて!」と。

「気持ちはわかるけど、お母さんがトリガー(引き金)になって、子供の反発からの抵抗が、家庭内暴力に進んでしまったら大変だから、

とにかく、〇〇君と距離を取っておいてください!!」とお返事しました。


それで、これから受験できる公立高校の事やら、何やらを色々調べて、

お知り合いの、これからの対策の相談に乗りました。


そして、こちらの方向に進んだ方が、息子君に合っているかもしれない✊️と言う進路をひとつ確保して、でも、まだ諦めないで、進んで行きましょう、となりました。


「高校中退」の現実を、たーくさん見て来て、自分でもギリギリを経験して来た私としては、普通の親御さんとは、視点が違いますよ😅


大丈夫💦👽息子には、👽息子なりの、

合った道もある、と。慰め合いました😑


その後、そのお子さんの進路の為の検索をしまくって、高校に確認の電話をしたりしてバタバタと。午前中が終わり、お昼を食べて、一息つきしましたら、ふと。


「いや。ウチの👽息子の受験も、まだ間に合う学校があるんじゃないの??」

なんて思いたって、


取り寄せていた、大学の資料をもう一度見直しましたら、なんと昨日が、


「私の好きな大学✨」の、センター後期の出願の締め切りでした。


この大学は、息子の希望する学部がなかったのですが、

予備校の先生は、志望校に入れるようにご指導くださっていて、調査書を頂いてあったのです。


が、初めに頂いた調査書は、受験が始まってから、受験校の見直しをして、ほとんど宛名書きを変えてもらいましたので、

昨日の出願締め切りには間に合わないし💦

なんて思って、一応確認しましたら、、、。


なーーんと!唯一✨宛名書きを変えてもらわずに、そのままの状態で残ってきましたー🤣

無意識に?私が、好きな大学だから、変更せずに残しておいたみたいです。


それで息子に、その大学も出願してみるか?確認しましたら、

「お願いします!」でしたので、またまた急いで、息子にネット出願をさせてから、

支払いと、調査書の送付に郵便局に行って来ました。


ここまで来たら、学部は、去年の倍率を見て、可能性のありそうなところに申し込みました。


その申し込んだ学部は、

私が昔から、息子に合っている😊と思って、息子に進ませたい、と願っていた学部でした。


でも、息子は興味なく?と言うか、自分で決めた学部で、受験を進めて来ましたので、私からその分野も、勧めた事もありませんでした。


なんの巡り合わせか?この土壇場で。私の好きな大学の、私が勧めたかった学部に、

なぜか?出願する事ができました😌


もちろん、とても無謀な出願だと思うのですが、出さなければ可能性もない訳ですからね💦

お星様に、お願いしたいと思いました😅


今朝、主人に、前の出願と、この出願なんて、もう。

「ガチャをやってるみたいな感じだよ💦」と話しましたら、主人が、


「ガチャは、何かしら出てくるから、それを言うなら、UFOキャッチャーじゃない?」と、言いましたーー😅


パパ!うまーい😵なんも取れないなら、UFOキャッチャーだわー💧なんて話しながら。


いや。このピンチがきっと、チャンスに変わる時が来る✊️と。

なんの根拠もありませんが、2人で慰めあって、笑ってしまいました😊


さて。入学手続きを取った学校から、入学式の案内や、春休みの間の過ごし方などの、ご指導の手紙が届きました。


この後の流れは、9日の発表の後から、スタートさせたいと思っています!


息子の受容体を確認しながら。

4月のスタートに向けて、ひとつずつ、積み上げて行きたいと思います😊

非ログインユーザーとして返信する