不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

塾代が高いか?安いか?

先日、会社の同僚3人で仕事の合間におしゃべりしました。

30代、40代、そして私が50代😅

それぞれ子供は年相応の、幼稚園小学生ママ、中学生ママ、大学生ママとなります。


40代の中学生ママの同僚が、

「〇〇さん!聞いてくださいよー💦息子の塾💦どーしましょー??」でしたので、

どうした?どうした?で、事情を聞きましたら、


40代ママの中学1年の息子君は、理数系が苦手らしく、定期テストの数学と理科が平均点を下回り始めたようなのです。


その40代同僚ママは、これはマズイ💦という事で、色々情報収集して、


息子君の成績では、集団授業の塾では、ついて行けないと、いろんな人に言われて?

個別塾に入れる事にしたが、思っていた塾代の予算より、一万円高いから悩んでいる、との事でした。


私は、思わず「鼻で笑って」しまって、、、😆

その息子君が、自分から塾に行きたいと言ったのか?聞きました。


その息子君は、親が思うほど、困っていないようで、親が塾を促したら

「えーー💦塾ーー??」との反応だったようです。


それで私は、

「あのね、塾代とか習い事の教育費ってのはね、

子供が頑張って楽しそうにやってたら、親はなんとでもするものなのよ。

まーーね。私の経験から言って、親が前もって、こうしたら成績が上がるなんて思って行かせても、子供は親が思ったようにはやらないんだよね。

やりもしない塾代は、いくらだって高いと感じるんだよーー😅」と言いましたら、


同僚のお二方は、

「確かにーー😆」で、大笑いでした!


その息子君は、とても真面目な性格で、部活も楽しんでいるし、友達関係も親子関係も良好😊

私も会った事がありますが、挨拶もできて、反抗期もたいして無いそうなのです。


それを踏まえて、私は、

「あの息子君なら、受験が近づいて来たら、自分から塾に行きたいって言うと思うから、それからでも充分だと思うよー😊」と言いました。


それにしても男子ってのは、どうしてこう、幼いのかねー?なんて話になって、


その30代、40代の同僚のお子さんは、どちらも第一子が男子で、次が女子なので、

妹たちは、お兄ちゃんがいつも叱られてるのを見て、

「私はお兄ちゃんのようにはならない。私はちゃんとやる!!」と言って、しっかりしているそうなのです😅


だから私は、

「小さい頃、遊びに行った時の事、思い出してみてよ。A地点から、B地点まて移動するのに、

女子はスンナリ歩いて行ったでしょ?

男子は、行ったり来たり、なんならA地点より戻ってしまったり、よそ見して、電柱にぶつかって泣いたり、、、あの時のまんまだから。

私の経験では、男子は後から伸びるから、

まーね。30歳くらいになったら、あー、男の人には敵わないって思うんだよ。」と言いましたら、


同僚のお2人は、🤣でしたが、40代ママは、

「いやー。30歳までなんか待てません!やっぱり個別塾に連れて行きますー!!」でした。


私は、心で

「わかる!わかる!親も色々やってみないとわからないからね。私もそうだった。散々失敗したからね。」と、思いながら、


「そーか。そーか。」と聞いておきました😊


これから、塾代やらなんやら、湯水のようにかかるんだから。その一万円なんて、ね🤣


まー。私なんて学費にしても、教育費にしても、払える事に、ただ、ただ感謝ですよ😌


さて、金曜日に自習の時間に遅刻して行った息子は、夕方ご機嫌さんで帰って来ました。


「土曜日は、行っても行かなくてもいいみたいだから、明日、起きてから考える。」で、、、


昨日の土曜日は、もちのロンで行きゃーしませんでした💦

どっちでもいいなら、行きなさいよ!とは思いますが、、、。

いや、構わん💦それは本人の問題の範疇だわね、と思って、私はお仕事に行って、趣味のスポーツに行って、、、


大汗かいて、大笑いして、帰って主人と🥂して寝ました。


さてと。こちら関東は気持ちの良い日曜日です。

来週は、息子の高校生活最後の最後の1週間です。

まーた、最後の最後まで💧波乱含みの展開予想ですが、、、


なんか主人と、それもこれも、なんかあるのが普通だからね、と。

笑って話しておりますよ。


何があっても、それで終わりじゃないからね、と😅

「やり直すチャンス💫」って、巡って来ると信じましょう😌

これから浪人生活を始める息子が、突然の完全不登校に突入した、中学2年の今頃、、、


完全不登校が始まってひと月半が経って、私の辛さは増すばかりでした。


とにかく、後悔の気持ちが大きくて、苦しくて苦しくて、、、


そのストレスで下血して、検査で、病気が見つかって、5月に手術をしたのでした。


術後。痛い患部をかばって、自宅のベッドに寝ていましたら、その頃、不安定だった上の子と息子が、それぞれの自室にこもっていて、、、


私は、どうしてこうなってしまったのか?と、本当に、血の涙を流すくらいの辛さだったのです。


その時、息子の事で、大きく後悔した事は、息子が好きだったスポーツを、勉強にシフトさせてしまった事でしたが、


それよりも、1番思い出す光景が、、、


その、勉強にシフトする為に入れた塾を、中学になって変えようと、私が息子に言った時、


「この塾を続けたい」と、泣きそうになりながら言った息子の様子でした。


その塾は、地元の優秀な子が集まる塾として有名で、独自の教育方針の元、

定期テストの勉強などではなく、もっと高度な勉強を求められました。


息子は、小学校時代からこちらの塾でお世話になっていたのですが、

中学に入ってしばらくしたら、私が思ったほどの成績ではなくて、、、


もっと、学校の勉強に即した塾に変わった方が良い、、、

この成績なら、まずは学校の定期テストの勉強をしてくれる塾の方が必要だと思ったのです。


でも、後から考えたら、その塾の先生は、息子が小学校の時からみてくれていましたし、

仲間もいたのだと思います。


だから、息子は続けたい、と言ったのに、、


こんな成績なら、定期テストの勉強をするべきでしょう?と、怒りの感情で伝えました💧

もちろん、息子と話し合いましたが、中学に入ってからの息子は、

暗黒思春期、反抗期が始まっていて、、、、、


それならやめる😠で、

その後、妥当と思われる塾へ入れましたが、宿題などもせずに、その塾は辞めさせられて💧


しばらくして見つけた塾は、、、

だんだん良い兆しが見えたか?と思われましたが、通塾している時期に、不登校に突入してしまいました💧


その後、復学させて頂き、高校受験を迎えましたが、F先生のご指導で、ウチの息子の場合は、受験のための塾は、余裕なしで導入できず、


同じく、高校時代も、それどころの騒ぎではない状態で、塾や予備校の検討すら?した事がありませんでした💦


そして、卒業の確定を頂けた後、やーっと大学受験、との単語を出せて、

ほんのひと月半くらい?自己流で受験勉強をして、玉砕した息子です😅


だから、主人と私は、息子が、

「受験勉強をちゃんとやり直したいから、予備校へ行かせてください」と言った時、、、、


そんなそぶりは見せませんでしたが、内心とても嬉しかったのです😌


そうだよね。あんたはちゃんとやりたいって思うよね?って。


それで、私は。大手を振って😅予備校をさがす事が出来ました。

いや、上の子には、自分でさがさせないと!と怒られましたが、、、。


まぁまぁ。自分だけで教室長の面談を聞いて、自分でここでおねがいします、と言いましたからね。

自分で予備校を決めた、と言うことにしてください😌


今の私の気持ちは、

「もう間違えない。息子が自分でやりたいと言ったのだから、その気持ちを尊重するだけ。

どれだけやるかは、本人の問題だから。

やろーがやるまいが、なるべく見ない!!

見守ろう。家の雰囲気で、応援してやろう。」


ですーー😅って。


早速、自分で行く初日の今日、自習時間に遅れて行った?らしいっす💧


知らん😑遅刻を連絡しておいてって、私に振って来るんじゃなーい💦

まーったくもぉ💦と、思いました。


高校じゃないんだからーー💦

昨晩は、「ライト家族会議💡 」

昨日は、息子のあれこれに付き合って、歩きまわって疲れましたが、、、


夜は、趣味のスポーツの練習に行きました。


久しぶりに、男子が練習をつけに来てくれたので、

わーい🙌わーい🙌で、捕まえて、しごいてもらいましたよー!!

「100本ノック🤣」いや、ノックじゃないけど、そんな感じ。


昨日の関東地方は暖かかったので、大汗をかいて、大笑いして、帰って来ました。


が、、、昨日は、息子に、

「夜、お父さんが帰って来たら、予備校の事、ちゃんと報告するのよ。」と言っておいたので、


スポーツから帰って、主人の帰りを待って、息子をリビングに呼んで、いつもの家族会議の形を取りました。


でも、昨日は、そんなに硬い感じにはせず、


息子から、

「予備校は、〇〇に決めましたので、よろしくおねがいします」と、主人に報告させて、


主人から、浪人するならの条件を、もう一度1つずつ確認して、念押しをして、

「お前ならできるから。頑張れよ!」で、締めてもらいました。


その後、主人が、

「ところで、希望の学部が変わったらしいじゃないか?」と、聞きましたら、


息子、、、希望学部は変わっていないそうなんです。


主人とあらら??と思いましたが、、、、


そうか、と。なんだか私は、ちょっと嬉しくなりました😊


よくわからないけど、ホントにやりたい事なんだろうなーと思って。


実業的な勉強ではないけれど、

やりたい事があるって、いいじゃない!!って、思いました。


どうなることやら?わかりませんが、やりたい事をやったらいいんです。


動いていたら、それで良し😊と。


主人が聞きましたら、息子は、その予備校の事を、

「いい感じだった」と表現しましたからね😆

まー。止まらずに、動いて欲しいと思います。


そして息子は、早速今日から、補講です。


親が気をつける事は、変わらず、希望校のレベルを上げない事だと思います。


折に触れ、やりたい事をやったらいいよ、と。

大学のレベルは関係ないよ、と。


直接的に言ったら、よくないと思いますので、

世間話に絡めて、ね。


伝えて行きたいと思います😌