不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

ぜーんぜん起きる気なし😑

もーー🤯ウッキーですーー😣


息子、起きる気ぜーんぜんなし💧


パッシブに入ります。

ホント、毎日、毎日💧


諦めません、頑張ります!と言ってもね。

こう続くと、嫌になりますよ。


うーー😣うーー😖うーー😣ワン💢


よっしゃ、切り替え、切り替え!!

無理くり切り替えますよ!!


自分で、それなりに考えているのでしょうから。信じます。任せます。


さて。私はお仕事に行って、あれやってこれやって。


夜は、ご飯を作ってやって、呼んでやろう。

家の中もあったかくしたから。

風邪をひかないようにね😑


ホント、まったくもー😑おバカ。

そのうち地球🌏に降りて来る😑

息子ですが、

実は月曜日の朝、起きるのを拒否していたのです💧


さすがに、ここまで来ての危ないデー飛ばし💧

これは基本を外しても、注意喚起ー‼️と思って、


いつもは時間の声かけだけなのですが、

息子のベットまで行って、

「〇〇、今日は月曜日だよ、マジやばいでしよ?」と言って、肩をゆすりました。


少し間を置いて、息子は、条件提示をして来ましたので、ここまで来たらしょうがない💧


でも、以前と同じ過ちは犯さない!と、

学校に迷惑がかからないようにするのよ!で、

条件を飲んで、息子を動かしました。


登校するとなったら遅れない息子。

さっさと用意して、少し早目に登校して行きました。


もう、どんだけー??ですよ。

休んだ日数は、またいずれお伝えしようと思いますが、すごい回数の息子の欠席の日に、


朝の声かけ以上の起こす行為に進んだのは、ホントに数回と思います。


覚えているのは高校2年の、定期テストの日です。

その頃息子は、定期テストの前は、徹夜で勉強してました。

その前日も、結構頑張って勉強している様に見えたのです。

それで、定期テスト当日の、突然の休みの兆候でした。

不登校アルアルの、0or100思考で、思うように勉強が進まなかったから、テストを受けたくない、となったようです。


これは主人と私で、息子を起こしましたよ💦

「高校のテストは、点数よりも、受けなければ進級に関わる。ウチは、テストの点数は本人の問題で問わないのだから、とにかくテストを受けなさい!」で、何とか押し出しました。


その後の息子は、、、

それまで程、テスト勉強を頑張らなくなりましたが、定期テストを休まなくなりました。


私は、それで良かったと思っています😅


でも、、、起こす行為は何度も使える手ではありません。

動かない子供は、動かないと。私も身をもってわかってます。


だからこそ、朝は時間の声かけだけなんだと思います。

親は我慢して、我慢して、登校するのは自分の意思とする為に、


休みの経験もさせるのだと思います。休むのも、自分で選択した、と。行くのも休むのも、自分で選択したと実感させる、という事かと思います。


だから、私が朝の声かけ以上に、起こす行為に進む日は、ホントのホントに、ヤバイ日だけです。


それで月曜日は、息子は起きました。

ホントのホントにヤバイって、伝わったと思います💧


でーですよ。F先生、主人と、基本は外したけど、緊急事態。動いて良かった!と、喜んでましたら、


仕事上がりに、学校の担任先生からお電話が入りました。


そこからまーたまたの問題勃発だったのです💧

なんでそうなるんだか?なんだか?

腰が砕けました。


それで、前の記事の、一分一秒を争う事態となったのですが、、、。


もう、これは書けない。ここでは書けない。

こんな事にこだわるのは、息子くらいと思います。

F先生も、珍しいってくらいですから、ウチの息子は相当なもんです😭


このお話を、先輩お母様に聞いてもらいましたら、


「宇宙人の考えることはよくわからないですね。

育て方とかじゃないですよもう。そのうち地球に降りてくるのを待ちましょう。」とのお返事を頂きましたー💧


このお返事、ツボにはまりましたー😅

こんな宇宙人息子でも、いつか、地球🌏に降りて来てくれますか??


それを信じて、諦めないで頑張りますー😭


そして、昨日のぶーたれ_| ̄|○からの、

F先生ご指導の、主人の夜対応からの、


本日息子は、時間で登校して行きました😌

毎日、何やってるんだか。


ホント、お知り合いのブログのコメントにも書きましたけど、


この方々は、ギリギリでも動かずに、

そこにもういっちょ、失敗をかましてですね、

マジヤバイ💦となって、やっと動くと。


慣れましょう😓こちらはメンタルをやられない様に、先輩方の経験談を聞いてね。


ウチの子だけじゃないですからねー😆

コーチングのトレンド😅

「トレンド」って、言葉じたいが古いと思うのですが💧すみません💧


この頃の、色々なスポーツ協会やコーチ、監督のパワハラ問題について。

ニュースやワイドショーで、様々な方々が、コメントしていらっしゃいますが、


先日、お名前までわかりませんが、確か?動物行動学?の先生のお話に、

おー🤔まさにー🤔と、感心しました。


動物に何か、芸などをしつけるには、

出来たら褒める。そして、失敗したら、怒ったりせずに、黙って考えさせるのが、1番効率的と、実験結果が出ているそうなんです。


動物でもそうなんだから、

子供へのコーチングは、なお一層。

子供が失敗したら、親や、監督などの指導者は黙って、本人に考えさせる事が大切、との事でした。


子供が小さくて、道路に飛び出す。火遊びをするなど、命に関わるような事は、

しっかりと叱らなくてはいけないと思います。


でも、ある程度、、、

いくつかな?それが10歳くらいって事かな?


そのくらいになったら、もう、ほとんどの事は子供本人が、理解できていると思うので、


子供が失敗したら、親は黙って。

自分で反省なり、葛藤なり、逃げる方法なり😑

を、考えさせる事が、大切だなーと思いました。


私は、息子が不登校になる前の、暗黒の思春期に突入するまで、

ホントに怒りんぼ母さんでした💧


あれやれ、これやれ、やるからにはこれくらいの成果を出せと。

もちろん、愛情からですが、口うるさく、子供達に、指示、命令していました。


ついでに、主人にも口うるさい奥さんでした。


本当に反省しています😓


思うに、家族を自分の思う通りに、動かしたかったのだと思います。

私が正しいと思う価値観が、家族を幸せにすると、信じてました。



各自の価値観を尊重して、黙って見守るって子育てを、もっと早くからできていたら良かったですが、、、


息子が不登校になって、家庭の問題を突きつけてくれるまで、自分が間違っているなんて、考えもしませんでした。


先日の、家庭教育推進協会のセミナーでも、

家庭の問題点が、その家族の1番弱いメンバーに、エラーを起こさせる、とのお話がありました。


ウチの場合、1番弱いメンバーの息子が、不登校と言う表現のエラーを起こして、主人と私に、注意を促してくれたと思っています。


失敗だけでなくね。

もう、ウチの子供達の年齢になったら、たいがいの事は、黙って本人たちに任せるしかありません。ね😓



そんでもって本日の息子は、予想通りの展開。

_| ̄|○しています💧


F先生からも、

「ですよねー(;^ω^)まあ想定通りですね。」


とのお返事💧

はい。しっかりパッシブして、1日反省してもらいます。


そして、夜の息子の様子を報告して、主人に対応してもらいます。


諦めません、頑張ります😓