不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

引きこもった状態が長引けば、長引くほど、動き辛くなりますよ😓

先日、息子のパソコンの調子が悪くなりました💦

本来は、バイトをして自分で買って欲しいところですが、このご時世💦

バイトの導入を強く促す事が出来ず、しばらく様子見としていました。


今のところ、大学の授業と課題の提出は、滞りなく進めている様子なので、大学が再開するまではこれで良いか?と判断しています。


そこでパソコンについては、コロナの給付金と、足りない分は「バイトが始まるまで、貸しておいてあげるよ!」で、軽くバイトの必然を促すくらいにしておく事にしました。


そのパソコン購入の対応の相談で、F先生に、何度もメールをさせて頂いたのでした😌


先日、パソコンを買うために、なんと3ヶ月半ぶりに😵息子は家から出た訳です。


それにしても。ずーっと家に居て、平気なんですねー😵

いやー💦ヒッキーに慣れている私でも、冷静に考えたら、びっくりしちゃいますよ💦


ところで、ついこの前、息子の同級生のママ友とおしゃべりしました。

そこの息子君は、不登校業界とは全然関係ない、大学二年生です。

現在の大学のオンライン授業の状況について、ママ友が言いました。


「ウチの息子さー。人付き合いが苦手で嫌いだから、オンライン授業で大喜びだよ😑

家で、イキイキしちゃって、全く外出しないんだよ!私には信じらんない😑」でしたので、私は、


「えー💦そうなの?ウチのも(息子が不登校になってからのイキサツを知っているママ友なので)もちのロンで😅オンライン歓迎で、

お家でよろしくやっちゃってるよ。

でもさ、前に話した、不登校の先生が言ってたけど、今、家でイキイキしてるヒッキータイプは、9月からの大学での授業が始まったら、普通に通えるか?心配らしいよ💦

まぁ、〇〇君(そのママ友の息子君)は、不登校になった事がないから、大丈夫だと思うけど、ウチの息子は、「要観察」なんだよー😓」と言いましたら、そのママ友は、


「いーや。そんなのわからないよ!

〇〇(ママ友の息子君)は、ここまでは、不登校にはなってないけど、昔っから、なんか怪しいなーって思ってたんだよね。

就職してから、ふいって辞めちゃったりする

事とか?あるよーな気がするんだよねー😓

今も、親となんか全然話さないし。かと言って、友達とつるんでる訳でもないし。

もし、なんかあったら、すぐに〇〇ちゃん(私)に相談するから✊️良く、勉強しといてよ!」との事でしたので、私は、


「〇〇(息子)はさー。〇月で20歳になったから、毎晩、パパと3人で晩酌するようになって、ちょっと話したりするようになって来たよ😅

〇〇君(ママ友の息子君)も、〇〇ちゃん(ママ友)の子供なんだから、お酒!いけるんじゃない?」

(そのママ友は、めちゃ飲む🤣人で、私の飲み友達なのです)

と、言いましたら、


「えー💦家族で飲めるの、いいなー🤣

家は、パパも息子も、私が飲み過ぎるから、

自分は飲まないって😑誰も付き合ってくれないー😑」でしたー😅


さて。そんなで、昨晩も主人と息子と3人で、楽しく晩酌した訳ですよ。

息子が、主人に

「3ヶ月ぶりに外出した!」とか、パソコンの事とかおしゃべりして、、、。


今朝、そのパソコンの受け取りと、もう一つ

用事を済ませる予定を立てました。


そして今朝。私が起きましたら、息子はもう、起きていましたので、10時に出発するよー!と声かけしましたら、息子が、


「体調が悪いから、明日にしても良い?」

と言いましたー😓

久しぶりに、でたーー😓自主休業ーー😓


まーったく😑と思いましたが、自分から「体調不良」を持って来ましたので、今日は様子見です。


もし、何も言わずのブッチでしたら、パッシブ発動ですが、今日は平常運転で、もし、明日も動かなかったら、

「主人から対応」してもらおう、と思いました。


まーだまだ、やらかしますな😑


ただ、3ヶ月半、家に引きこもってましたから、稼働するには、しばらくかかるだろうな?と、思うのですよ💦


だからね。実感として、引きこもる期間が、長引けば、長引くほど、

気持ちだけではなくて、「自分の身体を外出させる」行動も、そりゃ、負担が大きくなると思いますよーー😓


しつこいですが、

「家に居て、好きに過ごしたら、元気になって自分から動き出せる」ってゆーのが、私は

納得できないのですよーー😓


私のカンでは、息子は明日は動けると思います。

9月からは、また。息子の稼働を見守って、ここまで学んだ対応を、頑張らなければ✊️

と思いました。


その予習ですな😅

不登校対応✊️原理原則の①

昨晩は、趣味のスポーツの練習に呼んで頂いたので、お友達と参加して来ました!

トップチームの練習は、キツイ💦キツイ💦


まったく休みなく2時間動いて、汗だくになって、マスクまで変えましたよー😅

帰ったら、体重がキッチリ1kg減ってました。その後、飲んで🍻食べたら、戻りましたけど🤣


先週の月曜日に、4ヶ月ぶりに趣味のスポーツを再開した後、

3日間💦は、激痛筋肉痛で苦労しましたが、今回はどんなモンなんでしょうか??

今のところ、大丈夫ですが、今晩からが、問題です💦


今日、私はお仕事がお休みなので、筋肉痛が始まる前に、用事を済ませておこう!と思います😅


さて、やっとの「不登校対応の原理原則」でございます。


我が家にとっての最大の「不登校の原理原則」は、


『不登校の子供は学校に戻る事が必要』


です。その考えを書きたいと思います😌


良く、不登校の対応について、

「子供は学校に行きさえすれば、良いと言う訳ではない」との意見も見ますが、私はそうは思いません😓


私は、子供は、

「学校に行きさえすれば良い」と思っています。


その「良い」は、親の私にとっての「都合が良い」ではありません。

子供にとって、「学校に行く」事が、1番大切な事なんだと思っています。

「元気良く、楽しく、やる気を持って」なんて形容詞から程遠くても、なんでも💦


小学生の年代なら小学校へ戻る事。中学生の年代なら中学校へ戻る事。

私は、それがとても大切な事だと、理解しています。


「不登校の対応」では、


「子供はエネルギーがなくなって、学校へ行けなくなっているのだから、お家でゆっくり休めば、エネルギーが戻って、元気になってまた、動き出す事ができます。親は子供が元気になって自分から動き出すまで、子供の好きにさせて、黙って見守りましょう。」的なアドバイスを受ける事が多いのではないでしょうか?


私も息子が、中学2年で、突然の完全不登校になった時に、公立中学のスクールカウンセラーさんに、そのようにアドバイスを受けました💦


でもね。5年以上の年月、不登校を学んで理解した事は、


「子供はエネルギーがなくなって、学校へ行けなくなった」これは、正解だと思います。


ではなぜ、その子供が、学校生活(社会生活)で、

「エネルギーがなくなったのか?」

大多数の子供がクリアできている学校生活(社会生活)の、不適合症状を発症したのか?

親は理由を理解して、その改善の為の行動を取らなければいけないのではないかな?と思うのですよ。


その学校に行けなくなった子供の

「学校生活(社会生活)の不適合症状」は、家で、好きな事をして過ごしたら、改善できるとは、私は思えないのです😓


ウチの息子の不登校渦中。親は黙って、息子の好きにさせましたので、息子は暴れたりする事はありませんでしたが、


私は、息子の完全不登校の半年間の様子から、あのままの生活を続けて、息子に、

「エネルギーが戻って、元気に動き出す」

状況になる可能性があったとは思えませんし、もし、なったとしても、相当な時間がかかったと思います。


そして、もしそのまま黙って見守る対応を選択したとして、

相当な時間を経て、社会復帰できた息子が、

(それだって、めちゃ希望的観測ですが💦)


中学年代で乗り越えられなかった「学校生活(社会生活)への不適合症状」を発症させた、息子の思考や行動が、

それまでの、家庭での好き勝手な生活で改善できたとは、思えないのです😓


私は、その症状を改善する為の練習は、絶対に家ではできない、と思います。


小学校年代なら、小学校。中学年代なら中学。


高校年代は、ちょっと難しいですが、やはり

高校です。

ただし高校の場合は、義務教育ではないので、本人の意思が大切になって来ると思います。


だからこそ、「学校へ通う」事で、もし、学校から方向転換する場合は、「働く」と言う、最も大切な選択肢を選ばなければいけない、と。


子供に教える事ができるのですよ。

いや、そうやって、子供に教育する対応を、

F先生にご指導頂いて来ました😌


「学校に行きさえすれば良い」のです。

休んでばっかりだって、勉強なんてたいしてしなくたって、


「学校(年代に適した社会)」で得るモノは、本当に大切なモノだと思います。


私はそれは、

「自分の実力は、こんなモンなんだ😐」って

実感なんだと思っています。


そして、

「その、あなたの実力で良いんだよ!勉強なんてできなくっても。休んでばっかりでも。

あなたの実力で、あなたのペースで生きて行ったら良いのだからね。

だから、その自分の実力で学校(社会)と繋がっていかなければいけないよ!」と。


親がメッセージを送れるのも、子供が学校に行っている(社会と繋がっている)から、なんだと思っています😌


そして次に大切は「原理原則」は、


『先人(専門家)から学ぶ』です。


昨日の趣味のスポーツでもね。先輩から、

私のプレイのクセを見つけてもらって、改善したら、、、。

すごい!私のプレイが良くなったの、わかりました🤣

まだまだ、私は上手になりたい!!


『先人から学ぶ』ね。長くなっちゃったので、また次に書きますね!!


ここ2日ほど。ある事柄への対応で、F先生と頻繁にメールのやり取りをして頂いておりますよ!


まだまだ💦ホントに私は、子育てについて、理解が浅いです💦


諦めませんー🤣頑張りましょうー😊

『不登校は復学してもまた休みだす!』

暑いですねー😵

我が家の外構DIYですが、完全に主人と私の

「自己満足の世界💧」


他人様から見たら、どーでも良いと思われるであろう場所が、気になって、


また遠方までレンガを調達に行って、朝早くから作業して、と。汗だくですよ💦

でもね、見てください!コンクリートの隙間が、こんなにピッタリ✨埋まりましたー🙌やったー🙌

だからなんなんだー🤣マジ、自己満っすよ。


さて。前回記事の続きです。F先生のブログの、

「不登校は復学してもまた休みだす!」に、

ドキッとしたお話です。


ウチの息子は、中学2年の3学期の始業式の次の日から、突然の完全不登校になりました。

それまで皆勤で、地元の公立中学に通っていましたから、主人と私のショックは相当なモノでした。


でも、主人と私は、息子はふざけたり、怠けて学校に行かない、とは思えませんでしたので、

とにかく黙って息子を見守る対応を続けました。


息子は中学2年の3学期は出席日数1日で終わり、中学3年に進級しました。

が、完全不登校は、もちろんそのまま続きました😓


私は「不登校」の情報を調べまくって、共感できる先輩お母様方のブログから、「復学支援機関」と言うワードに辿り着き、


「FHE不登校自立支援センター」の、F先生に支援を依頼する事ができて、


息子を、中学3年2学期の、始業式の次の日から、復学をさせて頂く事ができました😌


そうして息子は復学日から、皆勤ペースで中学に通う事ができて、全日制の私立高校へと進学させて頂きました。

高校1年の1学期も、休む事なく、結構勉強も頑張って過ごしましたが、


この方々の鬼門である、「長期休暇」の夏休みを家で過ごした息子は、F先生の記事から推察するには、「過適応型バーンアウト」を起こしたらしく💦


長期不登校から復学して、一年後に、

「大崩れの決壊💦」「再度の不登校症状」を

発症させたのでした💦


それはそれは、ショックでしたよ😭

親としてはそれまでの、過保護過干渉の子育てを改める指導をF先生から受けていましたし、


息子も、もうあんなに辛そうに見えた「不登校」に、戻る事はないだろう!と思っていましたので、


まさかまた?「不登校症状💧」が、始まってしまうとは😭

このまま、息子はまた止まってしまうのではないか?と、本当に、本当に怖かったです😭


その、高校1年2学期スタートの、息子の

「大崩れの決壊💦」「再度の不登校症状💦」は、F先生をはじめとした、諸先生方が、再び我が家にお越しくださって、息子に直接のコーチングをかけてくださった事で、

なんとか、食い止めて頂きました。


が、そこから、息子の「五月雨登校」が始まったのでした。


むむ💦また長くなってしまいました。なかなか、「原理原則」に進みません💦

が、ここからが、F先生をはじめとした、


『私の存じ上げている、復学支援機関』の、諸先生方のお力のすごいところ、なんですよ!

また、次の記事で書きたいな!と思います😌


よろしくお願いいたします😌