不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

心配の程度問題😑

思い出した事を、つらつらと🙂


息子の高校は、頻繁に保護者会があったり、PTA活動があったりしましたが、


上の子の高校は、3年間で保護者会は1度だけでした。

その会の前に、希望者でのランチ会がありましたが、上の子の高校の保護者の方々とおしゃべりしたのは、後にも先にもその一回だけでした💦

が、高校なら、それが普通ですかね??


そのランチ会は、対象が限られていたので、

30人くらいの集まりだったと思います。

クジ引きで座席を決めて、それぞれ6人掛けのテーブルに座りました。


あきらかに、、、上品なママの集まり💦

なんか、ウチの家くらい買えるんじゃないの?なんて指輪のママもいて😅

私は、皆さんのお話の、完全に聞き役でした。


皆さん初対面でしたので、それぞれのお宅の事や、お子さんの事などお話しくださいましたが、


ウチを抜かした5人、全員の方が、

親御さんがお医者さんか、ご兄弟が医学部か、上の子の同級生が医学部志望で、

お医者さんの暮らしや、医学部受験のお話が多かったです💦


あまりに私とはかけ離れた💦ご縁のないお話で、こんなお話を聞ける機会は、私の人生に今後ない!と思って😆私は、


「へー!へー!それはすごいですねー💦」と、驚いて、相槌を打ってました😊


その中のお一人のお母様は、ご自分は、官庁にお勤めのキャリアで、3人のお子さんがいらして、


1番上の娘さんは、現役で国立大の医学部進学。3番目のウチの上の子の同級生も、当然、現役国立大医学部志望。それも有望。


真ん中の息子さんは、中高一貫校で野球を頑張って、現役で横○国立大学の、教育学部に進学して教師を目指す、との事でした。


忘れられないくらい、私がビックリしたのは、そのお母様が、横○大学に行った真ん中の息子さんの事を、


「ホントにね、教育学部なんて、ちゃんと生きて行けるのか?心配なんですよー😓」とおっしゃって、


他のお母様も、私以外の全員が、マジで真顔で、

「本当ねーーー💦それはご心配ねーー💦」とおっしゃった事でしたーー😑

横○大学ですよ!国立大学ですよ!


いやー。人それぞれって言いますか💧

母親ってのは、どんな子供でも心配するものだって言いますか💧


色んな世界があるものだ、と思いました💦


その頃は、息子が復学させて頂いて、なんとか高校進学できたばかりでしたので、

余計に、ビックリしたのを覚えています😅


でも、、、

上の子の高校は、転学して行くお子さんも多かったのですよ。。。


進学校は、勉強はもちろんですが、色んな意味でハードルが高いなーと、

親御さんや、ご兄弟も、優秀な方が多いのだろうなーと思いました。


この頃、上の子が、

「ウチくらいで、ちょうどいい。何にも文句ない。」と、よく言ってくれます😌

ちょっと、ほっとする私なのでした。

根拠はないけど、なぜか?「イメージ」を持ってました😌

昨日の記事の、続編??です。

息子の不登校が始まってから、大人3人で時間をかけて話し合い、

これからは家族仲良く暮らして行こう!とまとまりましたが、それで息子が動き出せる訳ではなく、、、💦


その後私の病気が見つかって、大きな手術をしたり、ありながらも、

主人と私は、あちこち走り回って、この業界で有名なお医者様の勉強会に参加したり、色々なカウンセラーの先生の面談を受けてみたり、🖥の情報を調べまくったりして、


先輩お母様のブログから

「復学支援機関」の、存在を知りました。

同時に、

mixi「不登校〜復学を目指す親の会」に参加させて頂いて、


mixiの皆様の応援を頂いて、公立中学で支援の依頼をお願いできる、ギリギリ?と思われる中学3年の1学期後半に、

「不登校自立支援センター」のF先生に繋げて頂く事ができました。


その後、F先生はじめ復学支援機関の諸先生方のご尽力のおかげで、息子は中学3年の2学期始業式の復学予定日を、1日かっ飛ばしましたが💦

翌日から、無事に元の中学に復学させて頂き、全日制の高校へ進学させて頂く事ができました😌


でもそれは、不登校中の息子の様子からしたら、本当に奇跡なんですよ😭


不登校中は、息子も、きっと自分でも、何が起こったのか?訳がわからなかったと思います💧

痩せてしまって、髪の毛が肩より伸びてしまって、話す事も出来なくなってしまった息子、、、😭

その頃、やっと外出できた深夜のコンビニの店員さんが、息子を見て、ギョッとした顔が忘れられません😭


その息子が、専門家の先生方のおかげで、元の中学に戻して頂いけて、だんだん元気になりました😭本当に、本当に奇跡だと思いました。


でもね。。。。

何の根拠もないのですが、まだ、復学支援機関に辿り着く前の、家族だけで苦しんでいた頃から、、、


なぜか私は、息子は

「中学を卒業して、高校に行く」と。

漠然とですが、そうイメージしてました。

どの高校か?とか?全くなく、高校へ行くと。その部分はイメージできました。


いや、違う💦

私は、スクールカウンセラーさんや、お話を聞いたお医者様や、🖥からの情報で

「子供が自分から動き出すまで待ちましょう」と言われても、それが息子にとって良いとは思えませんでした。


私は、なんとしてでも、息子を学校に戻したい。息子に、学校生活を送らせたい。

息子は、学校に戻りたいはず😭と、思っていました。


だから、私は復学を目指す道を探しました。


だから、息子が高校へ行く、とイメージしていたのかもしれません。

私の願望ですね😌


そして今は、やっぱり何の根拠もありませんが、

「息子は大学に行って、卒業する」と、

F先生のおかげで、イメージする事ができている、と言う感じです。


ただね。昔の私は、きっと、

どの高校に行くか?どの大学に行くか?が、重要だったのだと思います。


でも、今はそれは、全くないです。高校受験の時も、復学すぐで、何が何やら?状態で、息子は近くの高校に行かない、と言いましたので、どの高校に行けるか?なんて全然わからなかったですし、


今も、いったい全体、どの大学を目指すのか?行けるのか?全然わからないですし、


それに、それは息子の問題なんだからと、思えるようになりました、しね😅


これからどうなるんだか?高校受験の時は、色んな意味で怖かったですが、大学受験を迎えた今は、


ちょっと楽しみなんです。それだけ、息子が、ほんのちょっとだけど、成長したのだと思います😌


とか言って。また

「甘ーい!!」って、F先生にご注意されちゃうかもしれませんが、、、😅


心穏やかに。しばらくは、息子の頑張りを見守りたいと思います😌


息子、頑張ってるかな?何も言わないから、それもわからないけど💦💦💦

とにかく私は、お口チャック🤐で、見守りまーーす😆

ヤバくならなきゃ変わらない💧いや、変われない💧

昨日、お酒についての記事を書きましたら、

お仲間のパパさんから、ご自分も毎日飲んでしまう💦とのメールを頂きました。


わかります💦

そのお返事を書きながら、私はここまで、子供の将来への漠然とした

「恐怖」へのストレスを緩める為に、お酒が必要だったのだろうな?と思いました😌


そのパパさんに、そんな時期があっても良いと思いますとお返事しました。

きっと息子君が軌道にのる頃には、私のように、健康診断で注意されて、


自然にお酒の頻度を減らすようになりますよ😆と。



さて、息子が突然の完全不登校になった、中学2年の3学期頭、、

ウチの場合は、不登校のスタートから息子が怠けて学校に行かない、とはとても思えず、

ただただ、大人3人で、これまでの子育てを反省するところから始まりました。


どうして息子が、突然動けなくなってしまったのか?

毎日、主人とおばあちゃんと私と、3人で集まって、話し合いました。


そして3人揃って、自分達が親との縁が薄くて、親になり切れていないと気がつきました。

そんな甘え?淋しさ?が、子供達の自立の邪魔をしているのではないか?と思いました。


とにかく、息子どうこうより、まずは自分達3人が心を通わせて仲良く生活する事が、必要なんだろう、と、気がつきました😌


何度も何度も話し合いました。

今、こうして家族が仲良く穏やかに暮らせているのは、この時、涙を流しながら、それぞれの本音を話し合えたからだと思います。


もしかしたら?息子は、こうして大人3人に

反省させる為に、不登校という状態になって

、、、注意を促してくれたのかも?しれません💦

そこまでの緊急事態にならなければ、きっと、、、ここまで本音で話してわかりあえる事はなかったと思うのです。


まー。ヤバモチベーションと言いますか?


この業界のお子様方お得意の、

「ギリを外して、マジやばいとなって、やっと動く」って。大人でもありますよね💧


ここまでで私が理解したのは、

大人から見て、ギリギリを外して、もうアウトでしょ?と思っても、


そこで終わりじゃない、と。

どんなに切羽詰まった様に思える状況でも、それでその子が終わる訳ではないですから。


とにかく子供を追い詰めない事。


でも反対に、親が「大丈夫よー🙆‍♀️」とか甘やかしたりもしない。


その事柄を、本人が自分で葛藤できるように、親は黙って距離を取って、間をあけて、

次の一手を考える、です✊️


それが、、、、、

予備校に通い出した息子。息子にしてはご機嫌さんなんです😅


これ、、、浪人になったヤバモチベーションか?と思いましたが、浪人に関しては、F先生のご指導のおかげで😌上手く導入できたので、


息子にしては数年ぶりの、

ヤバモチベーションではなくて、普通の

「モチベーション」らしい?ですー😆


これは、予備校の先生が、上手に持ち上げてくれてると見ましたよ!!

だって、予備校の先生がおっしゃってました。


「お母さんウチはね、できるお子さんには、

叱咤激励して、お尻を叩いてやらせますが、できないタイプのお子さんには、褒めて褒めてやらせます。

そっちのタイプは、今まであんまり褒められてないですから😅」と。


息子、久しぶりに、褒めて褒めてもらっていると思いますよーー!!


予備校の先生ーー!とりあえず、乗せてやってくださーい!!


それで、しばらくしたら、ペースダウンしたりするんですな💧これが💧

その時ですよ。

ヤバモチベーションを発動できるのは💧


だいたいわかってますから😑

上がって下がって、ね。

大きく期待をしないで、1日1日、過ごしていこうと思います😌