不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

高校は『辞め方』が大切なんだと思います💦ってか、辞めさせないで欲しいです💦

今日は、昨日の記事の続きを書こう!と思って、ルーティン家事を終わらせて、

「朝マック✨」を買って来て、アイスコーヒーを飲みながら、メールチェックをしていましたら、


昨日の記事を読んだ、遠方に住むお友達から、記事の中に出て来た、

「不登校の理解が深い通信制高校」は、どこなのか?質問のメールが入っていました。


お久しぶり!で、事情を聞いたところ、そのお友達のお友達のお子さんが、全日制高校を辞めたいと言い出したそうです。

「高校生活は無駄が多いから、高卒認定を取って、大学受験の勉強を頑張りたい!」との事でした。


その親御さんは、お子さんが、今より大学受験の勉強を頑張るなら、現在通っている全日制の高校を辞めても良いと考えているけれど、


もう高校3年なのだから、通信制の高校で、

高卒資格は取った方が良いのでは?で、通信制高校を調べている、との事でした。


私は、質問して来たお友達に電話をかけて(メールじゃ書ききれない💦)長々と、

思いの丈😅をお話しましたよ。


それでこの話は、今の時期、参考にしてもらえたら!と言うタイミングの方が多いと思いましたので、早速記事にする事を、了承してもらいました。私が電話でお話した内容は、


「〇〇さん(私のお友達)!そのお知り合いの方に伝えて欲しいのだけど、、、。


私は、そのお子さんが、高校を辞めたら、

合理的に大学受験の勉強時間を増やす事ができるかは?怪しいと思うのよ。

いや、今、そのお子さんは、本気でそう思っていると思うよ!決して、嘘をついている訳ではないと思う。

でもね、私の拙い経験から言って、学校を辞めても、勉強時間は増えない可能性が高いと思うんだ。」


「だから、私だったらそのお知り合いに、「高校を3年生まで進めて来れた価値」がどれほど大きいのか理解して欲しい。学校を継続させる方向で頑張って欲しいって、言うと思うよ!」


「とにかく、ここで安易に、全日制高校を辞める方向に、行かないで欲しいと思うのよ。」


「それでもね、子供の意思が強くて、とか。

もう、親が退学を認めてしまって、後戻りできない、と言うのなら、

『学校の辞め方』ね。それを、専門家に相談して欲しいと思うんだ。」


「少し前の、F先生のブログに

『学校を辞める時に、やってはいけない事と、やらなければいけない事がある』って

主旨の事が、書いてあったでしょ??」


「あれって、まー。たいがいのお宅でやりがちな、

『子供がお母さんに気持ちを伝えて、お母さんが承認してしまって、お父さんには事後報告』ってパターンへの、警告を出してくださってる、と思うのよ。」


「スマホやゲームの時間の規制は、導入時に家庭内のルールを作る以外に方法はない!ってのと同じでさ。

そうやって、何の決め事もせずに、「学校を辞める」と言う大きな決断を、お母さんと子供だけで進めてしまう弊害って、とても大きいと思うんだよね。」


「もし、(家庭教育)推進協会の先生に相談したら、

まずは「高校の継続と卒業」に向けた施策をご指導くださると思うし、

高校を辞めるにしても、家族でしっかりと話し合って、具体的で実現可能な決め事をしてから、どのように退学するのが有効なのか?

ご指導くださると思うのよ。」


「学校なり、職場なりを辞める事は、誰にでもあり得る事だから、

子供を必要以上に追い詰めたりするのは、絶対にやってはいけないと思う。」


「でもさ。大きな決断をする時には、家族でしっかり話し合って、次はどうするのか?

方向を共有できる、家族関係を作っておかなければいけないと、思う。」


「そして、覚悟しなければいけないのは、そーゆー選択肢をする子供は、

また、次もその選択肢を選ぶ可能性が高いって。

理解しておかないといけない事じゃないかな?」


「それが初めに言った、学校を辞めたからと言って、勉強時間が増えるかどうかは、怪しいってところに繋がるんだけどね。

そんな資質とか気質?を理解した上で、家族も本人も、現実的な目標設定をして行かないと。現実逃避の、夢物語が大きくなってしまって、動けなくなってしまうと、思うんだ。」



「だからね。高校を辞める時こそ、専門家に相談をしてさ。また、次のステージを辞めるってなった時の為に。

家庭での、ノウハウを作って欲しいって、伝えて欲しいと思うよーー😅」

などと、お話ししました。


もちろん!質問の通信制高校はお伝えしましたが、、、。

私は、もう少しなんだから。


「高校継続、そして卒業」の価値をね。

大事にして欲しいと思いました😌


さて。本日こちら関東は、暑いですーー😵

今から夕飯を作って。今晩は趣味のスポーツです!!

マスクしながらだと、辛いですが、だいぶ慣れました🤣


昨日の続きは、また書きますねー!!

決まった線路🛤から、降りての寄り道、回り道😅

こちら関東は、やーっと梅雨が開けたようです!お暑ーございます🤣


お庭の植物も、シャッキリして来たように感じます✨


ところで💦今年は、「黄金虫」が多くないですか??

桜、梅、ヒメシャラと。庭の木の葉っぱを食べられてしまいましたー💦


主人は虫が苦手なので、おばあちゃんと頑張って撃退しておりますよ💦

完全武装をして、木の下に古い傘を広げて、

木をゆすると、黄金虫がボタボタと落ちて来るのですー🤯


こんな時は、本当におばあちゃんが頼りになります💦

ウチの家族で、虫をつかめるのは、おばあちゃんだけなんです💦


そろそろ、青虫🐛も出て来そう💦見つけると、

「おばあちゃーーん💦助けてーー💦」

ですよ💦


「アゲハチョウが来てる!かわいい💕」なんて言ってる場合じゃないです。

お庭仕事ってのは、大変な事ですね😅


さて。

ここ最近なのですが、お知り合いになった方との世間話から、

そちらのお嬢さんは、中学年代はほとんど学校に行けなかったけれど、とても良い「通信制の高校」と出会う事ができて、今は毎日元気に通っている、と聞きました。


私は、自分の息子も中学年代に不登校になったけれど、「復学支援機関」に依頼をして、

元の公立中学に戻してもらって、今は大学生なんだよ!と言いましたら、

お互いに、お話を聞いてみたい!と言う事になり、


こんな時期なので、ランチはやめておいて、

お茶にしておこうか?で、近くのカフェでおしゃべりをして来ました。


そのお嬢さんは、中学年代、

「ひどい偏頭痛」に悩まされて、学校に行けなくなってしまって、

病院に行きまくって、検査や入院を繰り返したけれど、一向に改善しないので、治療を諦めて、家で穏やかに過ごしたそうです。


そして、高校には行きたい!との事で、親子で、通える範囲の通信制の高校を調べまくって、その中では1番遠かったけれど(交通費がかかるのが痛かったけれど😅)

本人が興味を持った(アイドル文化論?などのリベラルアーツや、ソーシャルスキルトレーニング)

授業が盛り沢山の学校を見つけて、入学したところ、


偏頭痛はすっかり収まっていて(治ったのかどうか?わからないけれど、症状は出て来ない状態)

毎日、受けたい授業を目当てに、登校しているそうなのです😊


私は、そのお知り合いが、ここに来るまでの、苦しかった時期の事など、良くわかりますので、

「ホントに良かったねー😭お嬢さんも頑張ったけど、親御さんも、良く頑張ったねーー😭」と、言いました。


そのお知り合いは、

「中学の不登校ってね、担任の先生やスクールカウンセラーさんが、何もできないのは、良くわかるの。

親だって、何がなんだかわからないウチに、すぐに3年間経ってしまったのだから、学校側だって、どうしたら良いのか?わからないのは理解できる。

でもね、これだけはお願いしたいのだけど、ウチの子みたいに、中学に行けない子のさ、

「卒業後の進路」だけは、もっと情報を持っていて欲しいんでだよね。

こちらとしては、子供の不登校は、学校の責任とは思わないけど、3年間、他のお子さんより、お手数かけてないじゃない💢って気持ちがある訳。

その学校の生徒として、卒業するのは平等なんだから、県立進学校に行く子も、通信制に行く子も、平等に進学先の情報を調べて欲しいと思ったのよ😓

〇〇高校(県立トップ高校)を受ける子には、傾向と対策を細かく指導するって聞くけど、

通信制や単位制高校の事を相談したって、

「すみません、知りません」で終わりだよ💢」


「そんなで、娘と同じ学年のお嬢さんが不登校のママさんと、2人で情報を調べまくったのよね。

でも、そちらのお嬢さんは、引きこもっていて、親とのコミュニケーションが取れないらしくてね、結局、親が調べた通信制の高校に、

進学までは進めたのだけど、今は通えていないそうなのよ。」


「私はさ。せめて、そのお嬢さんが、自分で「この高校に行きたい。」って、気持ちくらい、中学の担任の先生とか?スクールカウンセラーさんが、引き出してくれてもいいじゃない😥って思ったの。

ウチの娘みたいに、自分で決めたら、続いたのではないかなー?」との事でした。


私は、

「うーーん💦

〇〇さんの言ってる事は、良くわかる!

〇〇さんのお嬢さんは、自発的に高校受験、

高校選択をできたから、今、順調に進めていると思うよ!」


「でもね。その気持ちを子供から引き出すってのは、めちゃくちゃ高度な技術が必要なんだと思うのよ。

そこまでの信頼関係が子供とできていない、担任の先生や、スクールカウンセラーさんじゃ難しいと思う💦」


「それに、自発的に選択したからと言って、〇〇さんのお嬢さんのように、順調に通信制高校に通えるお子さんばかりではないと思うんだ。


不登校になる、と言うのは、不登校になりやすい、気質とか資質が、他のお子さんより大きいと思うし、

その傾向を引き出しやすい、家庭環境も影響してると思うけど、


そんな事の改善をせずに、中学よりハードルの高くなる高校に通えるか?と言ったら、難しいと思う。」などと言いました。


そのお知り合いになった方は、私の話を聞いて、


「今まで、不登校の事を他人に話してね、

〇〇さん(私)みたいに、答えてくれた人は初めてだよー😅


中学の先生とかスクールカウンセラーさんは、「見守れ見守れ」言ってたし、

お友達に話すと、「お嬢さんなら、きっと大丈夫!」って、何を根拠に?って返事ばっかりだったし💦」


「〇〇さん(私)の話って、ウチの娘の高校の先生の話に通じるところが多いな!って感じる!

この子たちには、こーゆー傾向があるから、

親はこのように対処して欲しいって、ちゃんと言ってくれるの。」


との事でした。そのお嬢さんの通信制高校は、不登校のお子さんへの理解がとても深い学校だ、と。

噂は聞いていましたが、実情を聞けて、私も勉強になりました。


「不登校、引きこもり」等々ね。

ちゃんと、解明されている部分もあると思いますよ!!

ぜひ。そんな情報に、行き着いて頂きたい!と。私は願っておりますです😌


記事が長くなってしまいました。

実は、そのお知り合いとの話は、そのお嬢さんの事ではなくて、そちらのお宅の上のお姉ちゃんの事がメインだったのです😅


またまた、タイトルまで、行きつきませんでしたーー🤣


次の記事で、タイトルの内容に、持って行きたい!と思います。

よろしくお願いいたします!!

大学のオンライン授業🙂について

先日、スーパーにお買い物に行きましたら、

仲良しママ友さんと、久しぶりに、バッタリ🤣会えました!!


「会いたかったよーー!!」

「元気にしてたーー??」で、お互いの家族の近況報告話に花が咲きました。


そのママ友さんは、家族ぐるみのお付き合いなので、報告事項がたくさんで、

「買ったアイスが溶けちゃうよー💦」と。

話の途中で、ドライアイスをもらいに行っちゃいましたよ😅


そのママ友さんは、ウチの息子の不登校の事情も、ずっと聞いてくれていたので、

ウチの息子の大学進学をとても喜んでくれました。


そして、ウチの息子が、大学のオンライン授業をなんとか💦こなしているよ!との話に、


ご自分の担当する大学教授(そのママ友さんは、某私立大学の教授秘書なんです)の方の

お話をしてくれました。


なんでも、大学のオンライン授業が始まってみると、


それまでの担当教授の授業に対する取り組みが、反対になってしまっている?生徒が多い、そうなのです💦


どーゆー事か?と言いますと。


通常授業の時は、あまり積極的と思えなかった生徒が、とても熱心に取り組むようになるパターンが多いので、不思議に思って、インタビューしたところ、


それまでは、大きな講堂での授業で、周りの雑音や人の動きで授業に集中できなかったけれど、

オンライン授業は、落ち着ける環境で、集中できる、とか。


サークルやなんやの人間関係に疲れていたけれど、授業だけの事に集中できて、

「大学は勉強する場所だった!」と気がついた!など、色々な理由があったそうです。


そして反対に、イキイキ授業に参加していた大学生は、やはりオンライン授業が長引くのは、つまらない💦辛い💦と言っているそうです。


それで、ウチの息子の状態に、

「〇〇君(ウチの息子)には、大学スタートがオンラインで良かったのかもね🤣」との事でした。


そして、そのママ友さんとは、コロナが落ち着いたら、みんなで飲みに行こうねー!!またねー!!でお別れしました。


さて。息子です。

今、大学は、「前期のテスト期間」なんですかね??

よくわかりませんが、そんな感じらしいです。


毎晩の晩酌の時間に、

「まだ、やる事が終わらないから飲めない💦」で、


やる事をやってから?飲んでるらしいです😑

朝、私が起きると、空き缶が残ってますよ😑


息子が、

「自分は、やらなければいけない事に、ギリギリにならないと取り組めないから、

どこがギリギリの日程なのか?研究してるんだ!」と言いました🤣


『そんな研究しとらんで、何でも早めにやりなさいよ!』とね。

子供が小さい頃は、叱って、聞かせて来ましたが、、、。


考えたら、まさに私も、そんな性格ですよ😑

私の遺伝です💧


それで、

「私も、ギリギリにならないとできないかなー?やるべき事を外さなければ、自分のやり方でいいんじゃない?」と言いましたら、息子は、


「やらなきゃいけない事は、ちゃんとやるよ!」と言いました。


ホンマかいな?と思いましたが、、、、、😑


母のカンでは、今の息子は、見守るで良い状態かな?と思っています。


見過ぎずに、でも、目を離しすぎずにね!

情報を主人と共有して。状況をF先生に報告して。ね!!


さて。本日私は、

やる事をやって、お昼からは、エアロビクスのレッスンを受けて、お仕事のシフトが、夜なんです💦

夕飯を作って、行って来ますよ!!


頑張りまーす!