不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

落ち着いてね😣

もし、高校になってからお子さんが、学校を休み始めたら、、、


まず、落ち着いて下さいね、って、


私なんか、専門家の指導を受けてても、もう、テンパっちゃって😭

ストレスで身体に異変が出ますから、簡単でないのは良くわかります。


ここまでの、息子の大コケでわかった事は、


高校は、留年や退学があるから、時間との勝負?となる、訳ですが、


それは、今すぐではありません。学校によって、規定が違う様ですが、科目毎の総授業数の何分の一以上の欠席で留年とかでしょうか?


親は、、ってゆーか私ですが、


子供が休むと、もう終わり😭こんな事では、

指定校推薦が取れなくなる=これはまあ、無理ですね。先生から贅沢だって言われました😆


留年してしまう、辞めるしかなくなってしまう、また家から出れなくなってしまうと、どんどん悪い方に考えて、それを子供に言って動かしたくなります。


危機を煽れば動くと思うじゃないですか?

将来を考えれば、やらなければ、終わってしまうと、、正論を言ったら動くと思いますよね?


余計、動けなくなるらしいですよ💦


まずは親が落ち着いて、行かなければいけないのは、本人が1番わかっているから、


親は距離を取って、本人に休んだ1日葛藤させて、、、


夜にでも、将来のまだ何も決まっていない、わからない事を怒るのではなくて、


今日、休んだ事は、違うだろう?と、注意を促す。。


その繰り返し、、です。家は。


でも、家の場合ですけどね。


怖くてなかなか待てませんけどね〜😓


そしたら、先輩お母様から、何も言わずに待つ時間は、何もしないのではない、

何も言わないと言う、対応をしているんだ、と


教えて頂いて、おお〜と納得しました😌

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。