不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

心療内科のカウンセラーさんへ、ご報告に行って来ました😌

今日は主人と、もう、かれこれ4年以上お世話になっている、近所の診療内科の家族相談のカウンセラーさんに、

息子の高校卒業のご報告に行って来ました😌


こちらのカウンセラーの先生との出会いは、


上の子が高校に入って、遠方への通学や、勉強の厳しさや、引っ越しや、おばあちゃんとの同居や、の諸々から、辛くなってしまって、、、


自分から、カウンセリングを受けたい、と言い出して、

本当に運良く、たまたま空いた時間に診察してもらう事ができたのです。


上の子は、初めてのカウンセリングを1人で受けて、とても落ち着かせて頂きました😌


ところがその後、しばらくして、やっと新居ができたと思った途端に、息子の完全不登校が始まりました。


それで、おばあちゃん、主人、私の3人は、

まずは大人3人の関係改善をしなければと思い、たくさん話し合って、


それぞれ個別で、そのカウンセラーさんのカウンセリングも受けました。

だから、そのカウンセラーさんのファイルには、ウチの歴史が詰まっているのです😌


主人は、息子の突然の完全不登校が始まった、4年前の1月8日に、そのカウンセラーさんを訪ねました。


その時、カウンセラーさんは、

「この3日が勝負ですから。なんとか動かしてください💦」とおっしゃいました。


でも、、、、

ウチは、その時は、その選択をしませんでした。主人と2人で、息子の様子を見て、今はその対応ではないと思ったのです。


その後も、息子には何も言わずに、復学支援の先生方が入ってくださるまでの約半年間、我が家は全く登校刺激をせずに過ごしました😌


今日も、主人と話しました。

もし、、、、

カウンセラーさんの言う通り、息子の突然の完全不登校が始まってすぐの時に、


主人が厳しく登校刺激をしたら、、、。

私は、息子は学校に行ったと、思います。


でも、、、

それは問題を、先に送っただけだったと、思うのです💦


今ならわかります。親が変わらず、家族関係が変わらずに、そのままの子育て、家族関係を続けていたら、


ウチの問題は、もっともっと大きくなってしまったと思うのです💦💦💦


あの時息子が、それまでの人生で1番の衝撃を

主人と私に与えてくれたから、


自分達を改善する必要を理解し、必死の努力ができたのだと思います。


今日、カウンセラーさんに、良くここまで頑張りましたね!と。

4年前からのカルテを見ながら、主人と私が

、不登校を息子のせいにせずに、自分達を改善する事で乗り越えて来た事を、とても褒めて頂きました😌


そして

「親だけではなかなかこうは行きませんよ。

本当に、力のある専門の先生に出会えて、その先生のご指導を頑張ったおかげですね。


〇〇君の状態のお子さんを、自分から大学受験をさせてください、と言わせられたのは、すごい事です。


だいたいこんな場合は、親の方から、どうか大学に行ってくださいとなって、子供上位にしてしまうんですよ💦


大学受験ができたのが、大きかったです。


その上に、浪人も、自分からやらせてくださいと言ったのですよね?

その状態を作ってもらったから、今、自分から動けているのですよ。


ホントにすごい先生ですねーー😊参考にさせて頂きます!!」でした。


あっと言う間の1時間半。最後に、以前、このカウンセラーさんにご紹介したお嬢さんが、


とても良い高校に出会えて、元気に過ごしていらっしゃる事を報告して、帰って来ました。


やっぱりね!Fマジックは、ホントすごいのですよーー😆と、声を大にして言いたいと、思いました😊


すみません💦AO入試は、また今度😌