不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

モチの、ロンで行ってません😑

昨日、高校卒業へ向けての学校行事をブッチしたかったのに、、、


クラスメイトの皆さんに、引っ張ってもらって、参加したらしい息子は、


本日。勿論、ブーたれて起きやしませんでした😑


F先生も、ですよねーと。こうなりますよねーと。

本日は、ブーたれ感満載の、反発お休み??です。ホント、おバカ息子💧


でも、大きなプラスも取れているのです。

クラスメイトの皆さんに、心から感謝です。


うん。わかってるから。本人なりに、クラスメイトの皆さんの気持ちに答えたのですよね

😊


社会的にわかりやすい表現での感謝は、、、

できないんでしょ?と、思います。


でも、ウチのおバカ息子。

優しいんですよ😊それはね。周りのお友達にも、わかってもらっていると思います。


小さい時から、ずーっとそう。口数は少ないけどね。


今はさ、その優しさを、世間が求める形では表現したくないのか?できないのか?そこまで育ってないのか?なんなのか?

わかりませんが、


でもね、でもね、ウチの息子は、優しいの。


それを信じて。おバカな部分は、親が上手く付き合ってやろうと。


諦めないで、頑張ろうと、思いってますー😆



でー。本日の対応ですよ。


これから卒業に向けて、やらなきゃいけない事を、強めに言ってやろうと思いましたら、、


F先生のご指導は、今日は様子見。通常通りの対応で、との事でした。


これを、主人に言われても、、、

きっと私は、素直に受け入れられなくて、


「えー??パパ!いいの?もう、マジで危ないんだよ!

もっとちゃんと言ってやった方がいいよ!!

〇〇、わかってないってー!!

パパから言ってやってよーー💢」


みたいなね😓そんな会話の積み重ねで、息子には、時間をかけて伝えるべき信頼は伝わらないは、


主人とも同じ気持ちは持てないわ。

で、あったと思います😌


もしね。子供への愛情があるのに、その前に、夫婦の思いがひとつにならなくて、苦労している方がいらしたらね。


夫婦揃って、信頼できる専門家に、ご指導頂く道もありますよ!と。


お伝えさてせ頂きますね😊


では、息子を信じてまた明日!


その前に、F先生からのご指導通り、主人が息子に、父親として、一言言ってくれますから。


パパー😌よろしくね。おねがいしますね、頑張って!!