不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

上の子が言っていた、公立中学の嫌なところ💧

あーさんへのお返事を書きながら思い出しました。


上の子が、中学の時に言っていた、公立中学の嫌なところをあげてみますね。

もしかしたら、今、行き辛くなっているお子さんの理由に通じる物が、あるかもしれないかな?と思いました。


まず、文化祭や体育祭。

このような学校行事を、学校や先生が求めるように、クラス一丸となって、楽しんで感動しなさいと押し付けられるのを、とても嫌ってました。

クラスメイトが30人以上いたら、それぞれ色々な感情がある。

やるのはいいけど、全員一緒の感想を持てと強制されるのが納得いかない!

自分は全然感動してないのに、感動しないのは悪、的な扱いを受けて怒ってました。

それで、終わった後の打ち上げとかにも、行きませんでしたねー。


次に多かった文句が、学校の授業です。

これはほとんどの教科に、言ってました。

先日、テレビの日韓関係のニュースを見ながら、

「中学の歴史の授業!あれはひどかった。

特に近代史は、先生の主観で喋るから、日本は悪くないってばかりで、全然客観的でなかった。絶対みんな正しい認識をしてないよ」との事です。

また、あの頃良く言っていたのは、

「標準的な授業をするのはわかるけど、完全にわかっている授業を、何時間も聞くのは、本当に辛い。」

「この前数学で、解き方の考え方を質問したら、時間がないから、これはこれとして暗記して。中間テストには、その問題を出すから大丈夫と言われた。全然大丈夫じゃない!」

「英語の授業、結局1年間、歌を歌って、カルタを取って終わったけど、文法を教えてくれないと、語学の勉強にならない」など、日々文句を言ってました。


また、部活の事も、なぜ全員に強制でないと言いながら、強制するのか?

自分は絶対しない!と言って、やってませんでした。

「先生方は、部活が忙しくて、授業がいい加減になる。それが当たり前で、理由として言うんだよ。

周りの友達も、部活の人間関係でいつも揉めてて、なんで無理してやらなきゃいけないのか、自分には全然わからない。自分はやらない!」と言ってました。


それでとどめの💧

「だいたい、今の学校教育を信じ切ってる優等生が、文部省の官僚になるのだから、公立の学校が改善される訳がない!

自分みたいに、学校が大嫌いな人間が官僚にならなきゃ、公立の学校は良くならないから!!」発言をよくしていた訳です。


上の子、公立中学が、本気で嫌いだったのです💧

これを、中学の間、ずーっと吐き出してました💧


それで、自分が、高校1年の時始まった弟の不登校に、

公立中学になんて、行かなくていいから、となった訳です。


でも、しばらくして言ったのは、あんな中学に行かなくてもいいけど、他で勉強させなくては、でした。


私が、不登校はそういうものではなくて、それなら他の場所へと動ける訳ではないのよ、との話に、上の子が、とても驚いたのを覚えてます。


うまく言えませんが、そこが、不登校になる子と、「じゃない子」の違いなのかもしれません。


そーは言っても、上の子。中学はブーブー文句言いながら、皆勤で卒業しました。


そして、嫌いな文化祭や体育祭の、ノリの悪い、合理的に勉強できる私立高校へ行ったのです。


ちなみに息子も、不登校が始まるまでは、皆勤で通ってました。

部活もね、楽しんでいたと思ってました。

その部活で唯一、県大会にも出場したのです。


F先生のコーチングで、不登校の理由に、やはり部活の友人からのからかいは判明しましたが、決定打ではなかったようです。


だって、部活をしていた息子。楽しそうでしたから。反対に、上の子ほど、学校に文句はなかったのではないかな?

まーそれぞれと思いました。


ツラツラと、思い出した事を書いてみました。


それでは私は、今から趣味のスポーツに行って来ます😆

また、次の大会目指して、しっかり練習して来ますよー✊️おー✊️