不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

始まってます。カウントダウン💧

ウチの息子ですが、、、

2学期に入って、同じ曜日を続けて休みました💧


これはそろそろ、危ないんじゃないの?と思ってましたら案の定。


担任先生から、ある教科が、あと◯時間でアウトですよ、との「カウントダウン」のお電話を頂きましたー😓

3年連続ですー😓

もう、結構タイトな時間数となっておりますー😓


初めてこの、カウントダウンを告げられた時は、もう、先の事が心配で辛くて辛くて、、


と言うより、カウントダウンが始まるまで、休みが続く息子が、また不登校を繰り返してしまうのかと、心配で不安で、生きた心地がしなかったです。


休みが続く息子に、こんなに休んだら留年になってしまうと、親として当たり前の事を、注意したかったのですが、F先生から止められました。


「あんまり早く言っても効果なし」との事でした。


このカテゴリーのお子様方ってのは、


もう、◯時間しかない!ではなくて、

まだ、◯時間あるしーとの、思考なんだそうです😑


それで、一年生の時は、ホントに手に汗握る時間数まで何も言わずに我慢して、息子に1番効果的に伝わる様に、


学年主任の先生にまでご登場頂いて、正式な

面談をご用意頂いて、残り時間を息子に伝えてもらいました。


その面談が嫌で、息子は逃げの休みに走り、残り時間がまた1つ減ってしまって、私は倒れそうになりしたが、、、、


効果てきめん✊️その後息子はその危ない科目の曜日は休まずに、進級させて頂きました。


最終的に、残り時間は、2時間でした💧


こんな対応、プロのご指導を受けてなかったら、親では考えつかないと思いますよー😭



2年生でもありました💧

そして、3年生の今年です。


今年は、ここまでの息子の状態から、父性対応で時間数を息子に伝えました。


F先生のご指導で、大学受験への取り組みも含めて、、、


タイミングと内容を吟味して、太く短く、言ってもらいました。


息子は、はい、はいと聞いて、、、

それから、まぁ頑張ってますので、また、余計な事を言わずに、見守る日常となっております。


3年生ですからね。

2学期いっぱい。もう少しだよ、頑張れーと。

主人と2人で、口には出さずに、応援してます📣


F先生ー!!もう少しですーー!!

頑張りますーー✊️