不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

母子登校のお母さんの人差し指が、ランドセルを押してました😶

私は、毎週火曜日は、会社の仕事の関係で、いつもより出勤時間が30分遅くなります。


ちょうど、小学生、中学生が登校し終わって、、、


遅刻で学校に向かう子供たちを見かける時間になります😐


いろんな子供がいて、焦って思い切り走って行く子供。。。この頃あんまり見かけないな。。。


この頃は、遅刻でも割とゆっくり歩いて学校に向かう子供が多いです。


その中で、何年か前から、お母さんが日傘をさして、


小学校高学年になったと思われる男の子の前を歩く、母子登校の親子さんをたまに見かけます。


何年か?とてもゆっくりと、一定の距離を持って、2人で歩いていました。


その男の子は、うなだれている様に見えたので、気になってしまって、


あー、今のうちに、子供が動けているうちに、家庭教育推進協会に相談してくれたらいいのに💦


なんて、まったくの他人様ですから、そんな声かけができる訳もなく、そのお母さんの気持ちを考えると、辛いな〜って、思ってました。


一昨日、久しぶりに、その親子さんを見かけましたら、


お母さんが、その男の子の横に立って、人差し指で、ランドセルを押して、2人で歩いていました😶


そうか、、、

指で押さないと、進めなくなってしまったのか、、、と、思ったら、泣けて来ました。


お母さんが、だんだん、力を強めて行って、それで動けるうちは良いけれど、


いつか、お母さんの力では、動かせなくなるのでは?と、辛くなりました💧



今日の家庭教育推進協会の、ブログ✨

大好きな😆S先生が、記事をアップなさってます。


問題所有ですね。こんな、何年もご指導を受けてるのに、ま〜だ、ちゃんとできない私が言うのはおこがましいのですが💦


親や先生が、力で押して学校へ行かせるのではなく、


子供が自分の意思で、自分で歩いて学校に行けるように、


その為に、親にできる事があるって、思います。家庭教育を学んで欲しいと思うのです。


いや、人様に言う前に、私がやらねば😑



その、母子登校のお母さん、、、


前に見た時は、怒った表情で、子供の前を歩いてました。


ところが、一昨日見た、男の子の横でランドセルを押して歩いている表情が、、、


とても優しくなっていて、、、、


それが間違いなんだよー😭😭😭😭😭って。いや、間違いかもしれないよーって。


私もやりました💦厳しく子供に当たって、

子供を動かして、


子供が動かなくなって、親はビビって、次は、甘くなって、子供上位にしてしまうのです💦


もう、その中に、基本問題がたっくさん含まれています💦すごいですよ!!すごいたくさんですよー💦


と、今日も、先輩お母様に、ランチ✨しながら聞いてもらいました😌


専門家に聞いてくださいね😌

ホント、聞かなきゃわかりませんよ💦