不登校からの生還✨家族で頑張る継続登校の日記

中学2年の息子が突然、完全不登校になりました。8ヶ月間の引きこもり生活を経て、復学支援機関のもと、中学3年の夏休み明けから復学させて頂きました。
継続登校するからこその苦労を、支援の先生の指導のもと、家族で乗り切る日記です!頑張ります!!

『オトナの嘘』と教わりました😌

F先生から教わった事です。


息子の様な状態なら、普通は、


そんな事では社会でやっていけない!とか

そんな事なら、もう学校なんてやめてしまえ!とか

やる気がないなら、大学なんて行かせない!とか


言ってしまうと思います💦どうでしょうか?


ウチの夫婦が、F先生のご指導を受けてなかったら、きっと言っていたと思います。。。

いや、ご指導を受けてなかったら、高校に進めていなかったと思うので、

それも言えなかったかな??


でも、その言葉って、本当の事ですか?


私の先輩お母様のお子様方は、息子の様な感じ💦で、高校を卒業なさっても、


進学なさったり、就職なさったり、それぞれですが、

皆さん、その後、しっかり自立に向かって歩いていらっしゃいます😌


例えば、しっかり食べないと大きくならない、とか、勉強しないとちゃんとした大人になれない、とか、


それって『オトナの嘘』と教わりました。


食べなくても、大きくなる子はなるし、

勉強は嫌いでも、立派な大人はたくさんいらっしゃいます。


F先生は

『オトナの嘘』でおどすから、子供が動けなくなる、と教えてくださいました。


以前、私が、

「こんなに学校を休んでしまって、もうどうしようもない、、、」と、泣きながら訴えましたら、


F先生は、

「何をもって、こんなにって言うの?」とおっしゃいました。


私からしたら、もう無理!!と思いましたが、経験豊富なF先生からしたら、まだなんとかなる、とわかっていらっしゃったと思います。

実際、なんとか進んでいるのです。


そうだ!!だから、、、

『オトナの嘘』で、お子さんをおどさない様に気をつけましょうね、、、と言いたかったのと、


親があせって、もう無理!と、線引きしないでくださいね😌って、言いたかったです。


次の事も、もちろん考えなければいけませんが、親が、学校に気を使って、もう無理ですね、、、と、こちらからしなくても、、、


粘ってみたら、また、道があるかもしれないな、と思いました。


息子の学校も、少し対応が軟化して来てくれてます。


留年までの残時間を切ってしまっても、表立っては言えないと思いますが、学校によっては、救済措置がある、とも、聞いてます💦


ホントに、ご参考に、なんですが。


私としては、プロの先生に相談して欲しいと思います。

まだ、方法があるかもしれない、と思いました。


ご参考に😌書いてみました😌